ジェイゾロフト、プロザック、バスパー、セディール、アナフラニールの効果と副作用

ジェイゾロフトの効果と特徴

ジェイゾロフト

有効成分は「セルトラリン」で、SSRIに分類されている抗うつ薬です。気持ちが沈んで憂うつな気分や不安感を和らげて、意欲を向上させる医薬品です。そのため、以下のような治療薬として用いられています。

・うつ病
・うつ状態
・パニック障害
・不安障害
・ストレス障害
・強迫性障害
・月経前不快気分障害

他にも、不眠や過眠にも有効です。また精神的不安要素のある人以外に、健常者が服用しても効果があると認証されています。効果発現まで最低でも2週間はかかると言われていますが、副作用が少ないので安全性の高い薬と言われています。

ジェイゾロフトはこんな人にオススメ

ジェイゾロフトは副作用が少なく、ゆっくりと効果が現われるため、以下のような人に向いています。

・症状が軽い人
・安全性を重視して治療したい人
・仕事をしながら治療したい人
・女性
・生理前に情緒不安定になる人

抗うつ剤特有の副作用が少ないため、副作用の影響で仕事に支障が出ることも少ないと言えます。抗うつ剤を服用すると、どうしても体重が増加してしまう傾向があります。しかしジェイゾロフトは体重増加が比較的少ないため、太ることを懸念している人にとっても安心して使用することができます。

そもそもジェイゾロフトってどんな薬?

ジェイゾロフトはSSRIに分類される抗うつ薬で、日本では2006年から販売されています。海外ではもっと前の1991年から販売されています。SSRIを簡単に説明するとセロトニンを増やす薬です。

セロトニンというのは、心のバランスを整える作用のある伝達物質です。セロトニンが不足してしまうと精神のバランスが乱れて気分が沈んだり、不安が出現すると言われています。セロトニンが増えることで、不安や憂うつな気分を改善することが出来ます。

SSRIに分類されている抗うつ薬は、ジェイゾロフト以外にレクサプロやルボックス。パキシル、デプロメールがあります。抗うつ薬というと副作用や依存症を心配する方が多いのですが、副作用が少なく、比較的安全性の高い抗うつ剤です。

ジェイゾロフトの副作用

副作用

ジェイゾロフトは抗うつ剤の中でも、比較的副作用が少ないとされている医薬品ではありますが、次のような症状が現われることがあります。

・吐き気
・めまい
・下痢
・便秘
・食欲不振
・眠気
・頭痛
・口の渇き

副作用の症状が強いという場合も、医師に相談してください。

ごく稀に、神経過敏になり不安感やイライラ。ソワソワして落ち着かない気分になる事があります。重い副作用は滅多にないのですが、SSRI特異の副作用としてセロトニン症候群があります。初期症状で落ち着かない、不安感、混乱、興奮、体の震え、痙攣、発熱、発汗といった症候が出ます。普段となにか違うなと異変に気づいたら、すぐに病院で診察を受けてください。

ジェイゾロフトの飲み方

ジェイゾロフトを初めて服用する場合、1日1回50㎎を朝または夜に服用します。比較的安全性の高い抗うつ剤ですが、副作用として眠気が出る事があります。そのため、朝飲んで眠気が出て日常生活に支障が出る場合は服用する時間を夜に変更すると良いです。飲み始めに吐き気の症状が見られることがありますが、胃薬や吐き気止めを服用して対処することができます。初期の副作用の症状が気になる方は、医師に相談してください。

薬の増量はゆっくりと行い、1日に使用してもよい量は最高100mgまでとなっています。

ジェイゾロフトの注意事項

ジェイゾロフトとビール等のアルコールを一緒に服用すると、副作用の症状が強く出る可能性があります。服用する前にアルコールは飲まないようにしてください。 ジェイゾロフトの併用禁止薬は次のようなものがあります。

・三環系抗うつ薬
・リネゾリド
・炭酸リチウム
・ワルファリン
・トリプトファン
・スマトリプタン系片頭痛治療薬
・セイヨウオトギリ含有食品

日頃から服用している薬がある場合は、必ず医師に相談してください。また、ジェイゾロフトの添付文書によると「妊娠中の投与に関する安全性は確立していない」と記載されています。ですので、妊婦している人。妊娠している可能性のある人。授乳中の人は服用を避けた方が良いとされています。
その他にも、24歳以下の精神疾患患者、肝臓が悪い人、緑内障、高齢の人は注意が必要です。

ジェイゾロフトのジェネリック医薬品を紹介

ジェイゾロフトにもジェネリック医薬品が発売されています。有効成分は先発薬と同じセルトラリンですので、効果や副作用に違いはありません。

■セルティマ

セルティマ

販売元はインタスファーマで、1錠25mg、27円。1錠50mg、36円。 1錠100mg、45円で販売されています。セルティマは、先発薬であるジェイゾロフトよりも薬価が安いため、ジェイゾロフトを使いたいけど薬代を抑えたい方は先発薬よりもセルティマの選択すると良いでしょう。

ジェイゾロフトとデパスを比較してみました

ジェイゾロフトとデパスは、どちらもうつ病・うつ状態に効き目のある医薬品です。 抗うつ薬というと副作用が多いというイメージがありますが、デパスと比較すると副作用が軽く、うつ病患者以外に健康な人が服用しても効果があると認証されています。

この2つの医薬品を比較してみたところ、半減期については、

・ジェイゾロフトは服用後6~7時間で血中濃度が最高値になり、約26時間で血中濃度が半減。
・デパスは服用後3時間で血中濃度が最高値になり、約6時間で血中濃度が半減。

たしかにデパスは即効性が期待できる薬ですが、作用時間が短いため1日に3回服用する必要があり依存性がとても強いです。一方、ジェイゾロフトは作用時間が長いので、1日1回服用するだけで済みます。以前デパスを通販サイトで購入していた人が、安全性が高いという理由からジェイゾロフトに切り替える人も少なくありません。

ジェイゾロフトの評判は?

良かった口コミと悪かった口コミ

【良かった口コミ】

仕事での失敗が続いて、うつ状態。病院で正式にうつ病と診断されたわけではありませんが、頼れるものが欲しくて。ジェイゾロフトはうつ病じゃなくても使えるものだと聞いたので、ネットで購入。服用してから気持ちが楽になりました。

学生時代にアルバイトもした事がなく、現在社会人一年目です。同期で入社した中で1番落ちこぼれのような気がして毎日緊張と不安で、休日も気が休まりません。こういう症状にはデパスがいいらしいのですが、通販で購入できなかったため、副作用の少ないジェイゾロフトにしてみました。2週間くらいで効果を実感しました。勝手に深く考えすぎたりしてたけど、マイペースに頑張ろう!と思えるようになりました。

人前に出るのが苦手で、週に1回の会議が苦手です。必ず発言しなければいかない場なので、会議直前と前日の夜は憂うつな気持ちでした。現在、一ヶ月ほど服用しているのですが、リラックスできるようになりました。

【悪かった口コミ】

以前SSRIに分類されているパキシルを処方してもらっていたのですが、ジェイゾロフトの方が安かったので試してみたけど全然効かなかった。意欲低下を改善したかったけど、相性があるから仕方ないか。今度はSNRIのイフェクサーを試してみようかなと思ってます。

副作用として軽い吐き気とめまいがありました。軽い吐き気とは言え、数日吐き気を感じたのは辛かったです。仕事では車を運転することもあるので、ずっと飲み続けるのは不安です。他の薬を試してみたいと思います。

心配していた副作用は全くないものの、効果も感じることができませんでした。あと数日、服用し続けようか迷いましたが、できれば早く効果が出てほしいという気持ちが強かったので1週間で服用をやめました。

ジェイゾロフトでうつ病を克服した人の体験談

私は以前、軽度のうつ病と診断されたことがあります。その時は処方されたのがジェイゾロフトです。仕事は嫌だったけど、チーム内で私しかできない業務があったので、なんとか頑張って仕事に行っていました。

もうやるしかない!という気持ちで毎日を過ごしていましたが、仕事が終わり自宅へ帰る途中、何度か泣いたり。休日も友達からランチのお誘いがあっても、行く気力もなく、引きこもる事が多かったような気がします。今思えば、友達からの誘いを断らず、休日を楽しく過ごしてリフレッシュできていれば、ストレスを発散できていたのかもしれません。

ネットサーフィンをしながら、毎日スマートフォンでうつ病の診断チェックを試したり、どんな治療法があるのか等を調べたりしていました。軽度ならいいけど、重い症状の場合は治療期間も長くなるという内容の記事を読んだ時、このまま放置するのはちょっとヤバイかなという気持ちになり、自宅から少し離れた場所にあるメンタルクリニックに行きました。

風邪をひいた時は自宅から近い場所にある病院に行きますが、精神的な事なので知り合いに会いたくないという気持ちがあったので、自宅から離れた場所の病院にしました。

診断の結果は予想していた通り、軽度のうつ病と診断され、すぐに治療がスタートしました。しばらくジェイゾロフトを服用しながら、なるべくストレスを溜め込まないように休養するように指示されました。私の場合、仕事を長期で休むことが厳しかったので、1週間だけ休みをもらいました。

仕事を休んでいても、この休んでいる間に仕事が溜まっているんじゃないかと考えると、よけいにストレスを感じてしまいました。処方してもらったジェイゾロフトをちゃんと飲んでいても、飲む前と変わりませんでした。しかし、会社に行くようになってしばらくした頃に、少しずつ気分が楽になっていくのを実感しました。

会社に行く前の憂うつさがなくなったのと、今までなら休日は自宅に引きこもり、友達からの誘いを断っていたけど、気持ちが落ち着いたということもあり、休日は友達と定期的にオシャレなオフェ巡りができるようになりました。

病院からは3回処方してもらいましたが、自宅から遠いためジェイゾロフトの購入は通販へと切り替えました。何度か、もう飲まなくても大丈夫そうと思った事がありますが、担当医から急に抗うつ剤を飲まなくなると、治療が長引く事があると診察のたびに言われていたので、気になることや相談したい時だけ病院に行くようにしていました。

ネットでうつ病の治療薬について調べていると、薬との相性があるようで、副作用が強すぎたり、2週間以上服用しても効果を感じることができない事もあるようです。なので、もし病院から処方してもらった薬が合わない、効き目がないと感じたら、担当医師に相談するといいかもしれません。

現在、私はジェイゾロフトがなくても問題なく過ごすことができています。私の場合、ジェイゾロフトを服用後、気になる副作用が出なかったのと、ゆっくりだったけど効果を実感できたので服用し続けることができ、うつ病を克服することができました。あと一度、うつ病と診断されたので、仕事ではあまり無理しないようにしています。

ジェイゾロフトのメリットとデメリットは?

メリットデメリット

ジェイゾロフトのメリットは、効果と副作用のバランスが良い抗うつ薬です。ジェイゾロフトよりも効果のある抗うつ薬はあります。たとえば、NaSSAに分類されているリフレックスやレメロンの方が効果は強いです。しかし効果が強い分、副作用が多いです、副作用の影響で仕事や日常生活に支障が出て、長期間使い続けることができないという人も多いのです。

ジェイゾロフトは効果発現まで最低でも2週間はかかりますが、副作用は少ないので抗うつ薬による副作用を懸念している人でも安心して使うことができます。また、うつの症状以外にも気持ちをリラックスさせる効果がありますので、強い不安感も改善できる薬です。

抗うつ薬を服用し続けてあとに服用を中止すると、離脱症状が起こります。この医薬品は、離脱症状が少ないので抗うつ薬の服用をやめるときの負担が少ないという特徴があります。

前述で紹介しましたが、ジェイゾロフトにはセルティマという薬価の安いジェネリック医薬品があります。抗うつ薬を長期間服用して治療することが多いので、薬が安いということは大きなメリットになります。

薬にはメリットもあれば、デメリットもあります。他の抗うつ薬よりも副作用が少ない事は事実ですが、飲みはじめに吐き気や下痢といった胃腸障害が多いです。吐き気止めや胃薬を服用することで対処することもできますが、ほとんどの場合は体が慣れていき症状が落ち着いてきます。

他にもジェイゾロフトにより、約80%の人に性機能障害がみられると報告されています。これはジェイゾロフトだけではなく、ほとんどの抗うつ薬でみられる副作用です。抗うつ薬の中でも特にジェイゾロフトが多いというデメリットもあります。

性機能障害の対処法として、他の薬に切り替えることで改善することもあります。同じSSRIの薬であれば、レクサプロやルボックス、デプロメールに切り替えることで良くなる人もいます。

抗うつ薬には様々な種類があり、それぞれメリットとデメリットもあります。ジェイゾロフトは効果を実感できるまでに最低でも2週間はかかりますが、他の抗うつ薬と比較すると副作用が少ないというメリットがあります。副作用が気になる方、安全性を優先してゆっくりと治療したい方にオススメの薬です。

プロザックの効果

プロザックの効果

プロザックはSSRI-選択的セロトニン再取り込み阻害薬-に分類されている抗うつ薬で、次のような精神疾患に有効です。

・うつ病、うつ状態
・強迫性障害
・摂食障害(過食症、拒食症)
・パニック障害
・恐怖症
・PTSD
・月経前症候群

プロザックは脳内のセロトニンの量を増やして、落ち込んだ気分を改善し、気持ちをポジティブに変える効果があります。また、ほとんどの抗うつ薬は効き始めるまでに、2週間~4週間ほどかかるのが一般的ですが、プロザックは服用後1週間~2週間ほどで効き始めます。プロザックは緩やかに効果があらわれますので、依存性は少ないです。

SSRIに分類されている抗うつ薬はプロザック以外に、ジェイゾロフトやレクサプロ、パキシルがあります。その中でも初めての服用から効果を効き始めるまでの期間が早いのは、このプロザックとレクサプロです。

仕事や人間関係に悩んでいて朝から気持ちが沈んでいると、やる気も起きず表情まで暗くなります。何もせずにそのまま放置していると、うつの症状が自然に治ることはなく症状が悪化してしまいます。

症状が悪化してしまうとリストカットなど自傷行為をしたり最悪のケース自殺行動をしてしまう危険性があります。症状が軽いうちにプロザックを服用することで前向きな気持ちになれます。病状をほったらかしにせず早めに治療しましょう。

なお、日本では認可されていないため、日本の病院ではプロザックは処方されません。プロザックを使いたいという場合は海外医薬品を取扱っている通販サイトで購入可能です。

プロザックはこんな人にオススメ

プロザックはこんな人にオススメ

・これまでデパスを使っていた人
・早く効果を得たい人
・意欲が低下している人
・不安が強い人

うつ病の治療薬として評判のデパスですが、日本では2016年10月から個人輸入が禁止となったため、通販で購入することができなくなりました。そのため、これまでデパスを通販サイトを通して入手していた人たちは通販サイトで購入することができるデパスの代わりになる薬としてプロザックを使うようになった人も増えています。

プロザックは通常の抗うつ薬とは違って、飲みはじめてから薬が効き始めるまでの期間が早いということもあって、早くに症状を緩和させたい。早く効果を得たいと思っている人に向いています。

プロザックを服用することで、不安な気持ちが落ち着き、前向きな気持ちになりますので、うつ病や不安が強い症状を改善することができます。

精神的に弱っていて、朝から憂うつな気持ちで会社に行きたくないという気持ちが続いている方はプロザックを使用することで朝から憂うつな気持ちになる事がなく、以前のように生き生きとした生活を送る事ができるでしょう。

プロザックの副作用

プロザックの副作用

プロザックは穏やかに効果が現われますので、副作用は少ないと言われています。けれども、しっかり効果のある薬なので副作用がまったくないという事はありません。副作用の症状が強く現われたり、軽かったり、まったく副作用を感じない人もいます。主に次のような副作用が現われるので、念のためご確認ください。

・口の渇き
・頭痛、発熱
・眠気、めまい
・腹痛
・食欲減退、消化不良、下痢、吐き気
・ほてり

プロザックを飲み始めた時に副作用が出やすいです。ほとんどの場合、しばらく飲み続けると数日で体が慣れて副作用の症状が消えます。日常生活に支障が出ない程度であれば、我慢して飲み続けてみてください。プロザックを服用してから、気になる症状や精神的変化が見られた場合、いつもと何か違うなと感じた場合は直ちに病院に行き医師にご相談ください。

また副作用で食欲減退や下痢の症状が出る人もいます。健康的とは言えませんが、うつの症状から暴飲暴食をして太った方や便秘気味だった人にとってはダイエットに似た効果を期待する事が出来ます。

プロザックの飲み方

プロザックの飲み方

プロザックの飲み方ですが、症状によって飲み方が異なります。

■うつ病
初めてプロザックを服用する際は、1日1回20mgを朝服用します。プロザックの成分には、覚醒作用があります。なるべく午前中(昼前までに)に服用するのと良いです。

■摂食障害

1回20mgを1日2回~3回服用してください。
プロザックは緩やかに効いてくるので、最初のうちは効果を実感しにくいかと思います。1ヵ月服用しても効果を実感することが出来ない場合は、少しずつ用量を増やして飲みましょう。プロザックの1日の最大服用量は80mgまでです。1日の最大服用量の80mgを超えない範囲で、ゆっくりと増薬してください。

増薬することで効果を実感する人が多いのですが、増薬しても効果を感じないという場合は、プロザックが合っていない可能性があります。その際は、病院で診察してもらい、どういう薬がご自身に合っているのか相談してみてください。

恐らくプロザックの服用を考えている多くの人は、抗うつ剤は必要だけど何らかの理由で病院には行きたくない。病院に行けない。通販で手軽に購入したい。病院代を節約したい人がほとんどだと思います。

しかし、うつ病などの精神疾患は早めに治療することが重要で、早めに完治させたいのであれば、なるべく早めにご自身に合った薬を見つけることが大切です。めんどくさい気持ちはあるかもしれませんが、プロザックを飲んでも効果を得られない場合は、一度病院で相談して、初回だけ病院で薬を処方してもらい、通販で販売している薬であれば次回から通販を利用することをオススメします。

飲み忘れてしまったら?

プロザックは毎日服用する必要があります。万が一、服用するのを忘れてしまった場合、飲み忘れた分は飲まなくてもいいです。例えば、うつ病で1日1回、1錠20mgを服用していたとします。前日の朝飲み忘れてしまい、翌朝飲み忘れに気づいた場合、前日分の20mgと今日服用する20mg、計2錠を同時に服用しないでください。

プロザックを1錠飲んだからといって、すぐに効果が現われるものではありません。毎日服用することで、約1週間~2週間後に効果が現われて症状が改善されていきます。そのため、毎日忘れずに飲む事が大事です。飲み忘れがないためにも、毎日決まった時間やタイミング(朝食後など)に服用することを飲み忘れを防ぐ事が出来ます。

プロザック使用中にアルコールを飲んでもいい?

夜なかなか眠れないから寝酒したり、単純にお酒が好きでよくビールやワインなどを飲む人も多いかと思います。また仕事の付き合いで飲み会に参加する頻度が多いという場合、プロザックを服用中にアルコールを飲んでも平気?いいの?と気になっている人も多いのではないでしょうか。

結論から言うとプロザックを服用している時はアルコールを飲む事はおすすめできません。その理由は、アルコールを併用することで副作用が出やすくなったり、薬の効果が効きすぎることがあるからです。

プロザックを服用している場合は、アルコールを飲むのは控えて、治療に専念してください。近年はノンアルコールの種類も増えて、居酒屋などでも提供されています。仕事柄、接待が多くお酒を飲む機会が多い場合は、ノンアルコールを飲むようにしましょう。

注意事項

次のような人は、プロザックを服用する事は出来ません。

・プロザックに含まれている成分で、過剰症状を起こした事がある人
・MAO阻害剤の投与を受けている人
・重度の腎不全の患者

プロザックのジェネリック医薬品を紹介

■オキセチン

オキセチン

販売元はPharmalandで1錠20mg、27円で販売されています。

■フルニル

フルニル

販売元はインタスファーマで1錠10mg、18円~。1錠20mg、29円~販売されています。

ジェネリック医薬品は値段が安いにも関わらず、先発薬と主成分は同じものなので効果も同じです。現在プロザックを利用している方、これから利用しようと考えている場合は安値のフルニルがお得です。

※お薬なび参考

プロザックとデパスを比較してみました

プロザックはSSRIに分類された抗うつ薬ですが、デパスは抗不安薬です。デパスの場合は即効性があるため、パニック障害や不安障害など突然現われる症状を緩和させるのに適しています。気持ちを落ち着かせる作用もあるので、不眠症の人には睡眠導入剤として使われています。

そしてデパスは2016年9月までは個人輸入が可能で海外通販で購入することができていましたが、日本では2016年10月からデパスの個人輸入が禁止されました。そのため、通販では購入できません。日本国内の病院ではこれまで通り取扱われているので、処方してもらうことはできます。

一方のプロザックは日本では認可されておりませんので、病院では処方してもらえません。ですが、個人輸入は認められているので海外通販で購入可能となっています。

プロザックとデパスは、どちらも日本のみならず海外でも幅広く利用されています。ただ1つ大きく異なる点は、デパスに依存性が高いということです。減薬したり、薬をやめようとすると幻聴や吐き気といった離脱症状が現われる可能性が高いといわれています。ですがプロザックの場合、依存性になりにくいことからデパスよりも安全性が高く、安心して使うことができます。

プロザックの評判は?

プロザックの評判は?

良かった口コミと悪かった口コミ

【良かった口コミ】

今まで病院で処方してもらっていた抗うつ薬を服用していたけど、定期的に病院に行く事ができなくなったので、うつ病の治療薬を買う場合は通販を利用しています。依存しにくい薬を探してて、初めてプロザックを注文しました。副作用もなかったし、2週間くらいで効き目を実感することができました。

プロザックって最初、薬価が高い気がしたけど、薬価の安いジェネリックも2種類あるからうれしい。フルニルは10mgと20mgの2種類あるから、薬を増減することを考えるとフルニルの方が使いやすいって思いました。

学生の頃も人前に出て発表したり、自己紹介するのが苦手だったけど、大人になった今でもガチガチになるくらい緊張。ワキ汗もたくさんかいてしまうほどひどかったけど、プロザック・ジェネリックを飲むと、不思議なくらい気持ちが落ち着きます。

たびたび過食症に悩まされてました。1ヵ月で6kg増え、その後も体重計にのるたびに体重が増えていき、たった1年で20kg弱太りました。プロザックの飲んでいると食欲が減るのでダイエットにもなります。

プロザック飲んで、うつの症状が良くなった!

飲み始めの4日間は薬の副作用でずっと体がだるかったけど、服用から1週間経ったくらいで副作用がピタっと無くなった。体が慣れてきたのかもしれない。今は80mg服用してます。

プロザックを服用すると、とてもリラックスしてよく眠れます

前は朝起きると憂うつな気持ちになり、会社に行く気力がなかったけど、プロザックを飲みはじめてからは明るい気分で目が覚めます。会社を休まなくなりました

プロザックのジェネリックを試してみたけど、新薬の方が自分には合っているようです。

過食症のため、2年近く使ってます。プロザックを飲んでいる時は、過食が治まります。

【悪かった口コミ】

経済的に苦しいので、お薬は通販を利用してます。うつの症状に良さそうだったのでプロザックを初めて使ったけど、副作用が強くて3日間しか服用することができなかったです。私には強すぎたのかなと思い、今はセディールを飲んでます。

私は過食症を治すためにプロザックを服用してます。うつ病の場合はわからないけど、過食の場合は、効果が実感できるまでに1ヵ月近くかかりました。副作用がなかったから、効果がなくても飲み続けることができたのは良かったかも。

プロザックの飲み方は症状によって変えた方がいいかも。朝飲むと眠くなる・・・逆にボーっとしちゃって危ない。眠気が強く出る人には朝じゃなくて、夜の方が合ってそう。

プロザックはダイエット効果がある。痩せるって聞いたから使ってみたけど、全然痩せない。

たった1錠では効果が出ないので、2錠飲んだから吐き気が・・・。

プロザックのメリットとデメリットは?

■メリット

・SSRIの抗うつ薬の中でも早く効果を得る事ができる
・副作用が少ない
・依存症、離脱症状が少ない
・通販で購入できる

■デメリット

・日本の病院では処方されていない

プロザックは日本では未承認なので、病院では処方される事はないのですが、海外では20年以上うつ病の治療薬として用いられています。日本で認可されていないものの、医薬品を扱っている海外通販サイトではプロザックを購入することができますので、日本人でも通販を利用してプロザックを使っている人も多いです。

抗うつ剤を通販で手軽に購入することはとても便利で、治療費の負担も軽くなります。その一方、日本の病院で扱われていないため、プロザックの服用は自己責任です。

通常、抗うつ薬は初めて服用してから2週間~3週間で効果を実感することができるものが多い中、プロザックは1週間~2週間で効果を実感することができます。SSRIの抗うつ薬の中ではプロザックとレクサプロが早く効果を得ることができる薬となっています。そのため、すぐに効果を得たい人に向いています。

早く効果を得ることができる抗うつ剤というと、副作用が多く強いという印象があります。しかしながら、プロザックは副作用が少なく、依存症や離脱症状も少ない抗うつ薬なので、安全性も高いと言えます。

バスパーはこんな人にオススメ

バスパーはこんな人にオススメ

・不眠症の人
・不安や緊張、うつの症状を同時に改善したい人
・人前で焦ったり、不安が出る人
・安全性を重視して治療したい人
・ゆっくりと自然体に近い状態で治療したい人

バスパーを服用することで不安を抑制させる作用がありますので、夜寝る前に色々考え過ぎてなかなか眠ることができないなどの不眠症やうつの症状を改善することができます。大きな仕事を任された時や職場での人間関係に悩みがあると、どんなに身体が疲れていても寝つけない日が続く事がありますよね。

ただでさえ日々ストレスを感じているのに、夜眠れないとなると翌日の仕事にも影響してきます。ましてや不眠の症状が長期間続いてしまうとちょっとした事でミスしたり、罪悪感や不安感が強くなり、さらにストレスがたまることで、うつ病の症状が重症化する恐れがあります。夜眠る前にバスパーを服用することで、リラックスした状態で眠る事ができるでしょう。

その他にも会議やプレゼンなど人前に出て話す事が苦手という人も多いです。普段なら問題ないのに人前に出ると声が震えたり、頭が真っ白になり、うまく話すことができず上手くいかなかったという経験はありませんか?本来であれば実力があるのに、こういった緊張や焦り、不安などから実力を発揮する事が出来ず、会社から思ったような評価をしてもらえないと感じている人も少なからずいます。

中には「これは性格だから仕方がないこと・・・」と最初から諦めてしまう人もいますが、バスパーを服用することで不安や緊張、焦りが消えますので、会議やプレゼン前などに使用することで本来あなたが持っている実力を発揮する事ができます。早めに治療をスタートさせることで治療期間も短くなりますし、仕事面でも気力や集中力が向上し毎日ハツラツと過ごすことができるでしょう。

バスパーの効果と特徴

バスパー

バスパーは「セロトニン5-HT1A受容体作動薬」で、非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬です。うつ病や不安障害などの精神疾患の症状を緩和させる薬で、抗うつ剤のひとつです。不安な気持ちを抑制させて、物事へのやる気が増加します。そのためバスパーは次のような効果があります。

・緊張感
・不安感
・入眠障害
・不眠症
・焦燥感(そうしょうかん)

脳内の興奮をリラックスさせる為に不安を抑制させる作用がありますので、不眠症の人や睡眠に障害がある方にも有効です。とくに仕事などの悩みやストレスで寝つきが悪いという人に向いています。

バスパーは他の抗不安薬と比べると緩やかに効果が現れるため、依存しにくいのが特徴です。副作用も少ないので、安全な抗不安剤として評判のある薬です。

そもそもバスパーってどんな薬?

バスパーは有効成分「ブスピロン」が脳内のセロトニンに作用し、セロトニンの濃度をあげる効果があります。現在、日本でも注目されているイフェクサーと同じような効果。不安なきもちを抑え、気分を明るし意欲、気力が増加します。

主に不安障害の治療に使われる医薬品です。また抗うつ効果と睡眠効果もあることから、うつ病や入眠障害にも有効です。日本ではデパスを使ってうつ病の治療をしている人が多かったのですが、2016年の10月からデパスが輸入出来なくなったため、バスパーを選択する人も増えてきました。

日本ではまだ認可されていない薬ですが、通販サイトで買うことが出来ます。輸入禁止になったデパスには依存性が問題視されていましたが、バスパーはその心配はありません。

バスパーの副作用

副作用

バスパーに限らず、どんな薬でも副作用のリスクはついてくるものです。とくに抗うつ剤や抗不安薬は飲む人によって副作用の度合いが変わります。副作用の症状が重いという場合は、医師に相談し他の医薬品に替えてもらうといいです。副作用の症状としては、次のようなものが報告されています。

・めまい
・立ちくらみ
・頭痛
・強い眠気
・神経過敏
・胃のむかつき
・便秘
・下痢
・おう吐

安全性が高い抗不安薬ではありますが、強い眠気や頭痛。立ちくらみの症状が出る可能性があります。とくに運転する際や高所での作業がある場合は危険です。仕事をしながら治療を進めていてバスパーを服用する際は、それを理解したうえで使うようにしてください。副作用が強くでる場合は、医師または薬剤師に相談しましょう。

バスパーの飲み方

バスパーは1日に2回~3回服用することができます。
はじめは1日15mgを分割で服用します。症状によって2日~3日毎に5mgずつ増やし、最大服用量は60mgまで服用する事ができます。1日20mg~30mgを分割服用するのが一般的となっています。

強い眠気がでる可能性があることから、仕事に行く前や外出前には飲まず就寝前に服用するのが良いとされています。

仕事中でも服用したい。高所での作業が多いという人はバスパーと同じく安全性の高いイフェクサーを使うことをオススメします。イフェクサーも副作用が少なく、強い眠気が出ないことから仕事をしながら抗うつ剤を使いたい人でも安心して服用できます。

バスパーの注意事項

普段、他の抗うつ薬や精神安定剤。睡眠薬を飲んでいる方は、副作用の症状が強くでる恐れがありますので、他の抗うつ薬や精神安定剤・睡眠薬との併用は出来ません。それ以外にも抗パーキンソン病の薬(マネリックス。オーロリックス)や酔い止め。鼻水・花粉症等のアレルギー症状に使われている抗ヒスタミン薬との併用も出来ません。

また、次のような人はバスパーを使用する際に注意が必要です。

・妊娠している人、または妊娠している可能性のある人
・授乳中の人
・肝機能障害のある人
・腎機能障害のある人
・てんかんを患っている人

治療中の病気がある人や普段服用している医薬品がある人は、バスパーを使用する前に必ず医師に相談してください。

バスパーのジェネリック医薬品を紹介

バスパーには薬価の安いジェネリック医薬品もあります。先発薬よりも安く購入する事ができるため、下記のようなジェネリック薬を選択する人が多いです。

■バスポン(バスパー・ジェネリック)

バスポン

販売元はDeva Holdingsで1錠5mg、57円で販売されています。

■バスピン

バスピン

販売元はIntas Pharmaceuticalsで1錠5mg、27円。1錠10mg、49円で販売されています。同じジェネリック薬でも、バスピンの方が安いので治療のための薬代を節約することができます。

どちらも先発薬のバスパーと同じ有効成分ブスピロンのため、効果や副作用は同じなので安心して服用できます。

※お薬なび参考

バスパーとデパスを比較してみました

バスパーとデパスはどちらも抗不安薬です。この2つの薬を比べてみるとデパスの方が即効性があるため、すぐに効果を実感する事ができます。その一方、副作用がとても多いという理由から安全性が疑問視されています。

比較しやすいように即効性と効果について、わかりやすくまとめましたので参考までにご確認ください。

即効性については、
・バスパー:ゆっくり。服用してから約1週間から2週間後。
・デパス:即効性が高い。

効果については、
・バスパー:うつの症状、不安障害、不眠症。
・デパス:うつの症状、不安障害。入眠効果。筋弛緩作用。

バスパーの効き目は緩やかではありますが、副作用が少なく依存性も少ないことから安全性の高い抗不安薬です。安全性を重視したいという方はバスパーを選択する人が多いです。

バスパーの評判は?(口コミと体験談)

挙手

【良かった口コミ】

精神的に不安定な時とか、漠然とした不安がある時にバスパーを飲むと安定します。

気持ちが落ち着かない日が多かったのですが、バスパーを飲みはじめてからパニックにまでならずに済んでいます。

1錠では効果がなく、2錠飲んだら眠気がきたので私には2錠飲むのが合っているのだと思います。

ゆっくりだけど、効いている気がします。気持ちが楽になります。

ジェネリックの方が安かったから、バスパージェネリックを購入したけど、バスパーと同じ効き目だと思います。

抗不安薬として使ってます。不安な気持ちでソワソワと落ち着かないことが多かったけど、このお薬のおかげでだいぶ落ち着きました。私の場合、効果が出るまでに約1週間ちょっとでした。

セディールと同じ効果がありました!バスピンの方が安いので、今後もバスピンを使いたいと思います。

不安感が強かったけど、バスパーを飲むようになってからは日常生活に支障が出なくなりました!今度安値のジェネリック薬バスピンを購入しようかと考えてます。

疲れているはずなのに全然眠れないという日が続いていたけど、バスパー服用後しばらくするとウトウトします。自然に眠れるようになり、眠りの質も良くなった気がします。

睡眠薬を使うのに抵抗があったので、こちらの薬を使ってます。自然に眠くなるし、翌朝まで薬の効果が残ることがないので、安心して飲むことができます。

【悪かった口コミ】

バスパーのジェネリック薬が安かったので買ったのはいいけど、他の睡眠薬と比べると効果を実感することができず。2カプセル飲んでも全然眠くならなかった。

今までいろいろな薬を試してきたけど、効果が薄かったです。

抗不安薬として使いましたが、軽い動悸と頭痛などの副作用が現われました。副作用は我慢できる程度の軽さだったので仕事に支障がでることはなかったです。ただ睡眠薬としての効果はイマイチかと思います。

副作用もなければ眠気もありません。値段が安いのが救いかな。

頓服として使おうと思って購入したけど、効果がなくて残念。長期的に服用するなら効果がありそうだけど、頓服薬としては使えないです。

お薬代が安いのがいいけど、あまり効果がなかった。体質も関係あるのかも・・・。

自分には合いませんでした。バスパーを飲む事で寝つきが悪くなったような気がします。

薬を飲んでも効いているのか、効いていないのかよくわからない。ためしに2錠飲んでみたけど、それでも効果を実感する事ができない。

この薬は副作用が強く出て、飲み続けることができませんでした。頭が重く、めまいまでするほど。仕事が忙しい時期だったから、簡単に休むことができないから、結局は別の薬に変更になりました。

ジェネリックのバスピンを使ってます。人によって1錠だと効果が無く、2錠飲んで効果があったという方もいるようですが、私の場合、1錠飲むとのぼせたような感覚になるので、ピルカッターで半分に切って服用するようにしてます。1錠そのままだとちょっと怖いです。

バスパー体験談

30歳 女性の場合

バスパーを飲み始めてから調子がいいです。

今までだと仕事で少しでもミスしたり、就寝前にやり残した仕事があった事に気づくと、不安な気持ちでいっぱいになり全然眠れないという事が多かったんです。仕事以外でも、あれこれ考えすぎて、ネガティブなことばかり考えてしまったり。

翌日、仕事が休みであればいいけど、翌日仕事って時は「明日仕事だから、早く寝なきゃ!」と思いながらも全く眠れず。そうなると、睡眠不足になり翌日また仕事でミスをする。また就寝前に考え込んで眠れない・・・というよう感じでした。

バスパーを飲むと、自然とリラックスできるので、色々考え込むことがなくなりました。その結果、夜ちゃんと眠れて、朝はスッキリ目覚める。おかげで仕事中はちゃんと集中できるので、大きなミスもしなくなりました。

最近は日常生活を明るく過ごせるようになったので、もうしばらくバスピンを飲み続けたいと思います。

39歳 男性の場合

3年前にうつ病と診断されました。恐らく、その前からうつ病を発症していたのかもしれません。30歳まで仕事を転々としていましたが、31歳で結婚したのきっかけに、ちゃんとしないとなと思うようになり、今の会社に就職しました。

契約社員で入社しましたが、頑張って正社員になることができました。成果を出すために苦手な事があっても、評価されたく無理してでも率先してやってきました。私の頑張っている姿をみてくれた上司が正社員にしてくれて、ますますやる気になりました。

会社から期待されて、新しく立ち上げたばかりの部署へ異動。そこからおかしくなりました。役員からのプレッシャーに落ち潰され、思うように数字が伸びず。仕事のことなので、妻に話してもわかってくれない。同僚にも簡単に相談できない状況で、ストレスや悩み、不安を吐き出すことができずにいて、とうとう会社に行くことができなくなるまでに。

毎日憂うつな気持ちで、休日も外出せず部屋に引きこもる。仕事の日の朝は、会社に行きたくないという気持ちからなかなか起きる事ができない。そんな日がしばらく続き、私の異変に気づいた妻から、うつ病なのでは?と。

二人でネットでうつ病の症状を検索していると、当てはまることが多く翌日妻と一緒に精神科へ行きました。診断の結果はうつ病。

私の知り合いにもうつ病治療中の人がいて、薬があわず夜中に痙攣を起こしたりして、何度も薬を変更していたので、正直薬を飲むのに抵抗がありました。デパスを処方してもらい、少しずつ調子がよくなったので節約のため、薬は通販で購入しようって事になり、しばらくは通販でデパスを購入していましたが、どのサイトでもデパスが買えなくなりました。

デパスの代わりになる薬はないか色々探してたときに、バスパーのジェネリックなら副作用が少なく安心して飲むことができそうだと思いそれからはバスパージェネリックを使ってます。

ゆっくりだけど、ちゃんと効果がありますし、体に合っているようで飲み始めの時から副作用はありませんでした。まだ薬がないと不安ですが、ひどかった時期よりもだいぶ調子がいいです!これから少しずつ漢方薬とかに切り替えることも考えています。

バスパーのメリットとデメリットは?

前述にも記載しましたが、バスパーはゆっくりと効果が出て副作用や依存性が少ないという特徴があります。よってバスパーのメリットとしては、副作用が少なく依存しにくい。デメリットは他の抗不安薬や抗うつ薬に比べると効果が現われるのが遅いという事になります。

効果を実感するまでに、約1週間から2週間くらいかかりますので、症状をすぐに緩和させたい。すぐに効果が現われてほしいという人には向いていません。しかし安全性を重視して、ゆっくりと治療をしたいという人にオススメです。

セディールの効果と特徴

セディール

セディールは次のようなものを改善する薬です。

・心身症
・神経症
・うつ
・焦躁感(そうしょうかん)
・不安感
・睡眠障害

セディール錠は抗不安薬の中でも比較的おだやかに作用し、抗不安作用と抗うつ作用の両方に期待できます。ほかの抗不安薬と比較してみると効果は弱めですが、副作用は出にくいというメリットがあります。前述でも記載したとおり、依存しにくい薬なので安全に服用する事ができます。

うつ病や睡眠障害といった精神疾患を患っていて、症状が軽い人。精神に作用する薬の副作用が心配な人。安全性を優先にして、ゆっくり治療をしたい人。デパスやデパスのジェネリック医薬品を使っていていた人に向いている抗不安薬です。

そもそもセディールってどんな薬?

セディール錠はアザピロン系の抗不安薬です。有効成分タンドスピロンは、気持ちを落ち着かせる。不安感や緊張感を緩和させる作用があります。現在使用されている抗不安薬のほとんどが、ベンゾジアゼピン系です。

ベンゾジアゼピン系は即効性に優れており、効果を実感しやすいという理由から評判のいい薬なのですが、依存症が問題になる事があります。一方、このセディールは依存しにくいため安全に使う事ができる新しいタイプの抗不安薬です。

セディールはこんな人にオススメ

セディールの効果は弱く、即効性もありませんが安全性については、とても高いです。そのため、次のような人に向いている医薬品です。

・症状が軽い人
・安全性を重視して、ゆっくり治療したい人
・精神科の薬の副作用が心配な人
・ベンゾジアゼピン系の抗不安薬が合わない人

セディールはどのくらいで効き始めるの?

セディールの服用をスタートして、約2週間から4週間くらいで効き始めます。冒頭にも述べたように、セディールはうつ病や睡眠障害などで症状が軽い人。安全性を重視してゆっくり治療したい人に向いている抗不安薬です。

今すぐにでも症状を抑えたい人や、症状がひどい人、すぐに効果を実感したいと思っている人がセディールを服用すると、効き始めまで待っていられず、他の強い薬に変更してしまうケースが多いです。

確かに効き始めるまでの日数は他の薬よりも長いのですが、その分、副作用が出にくく依存もしにくい薬です。セディールを使う人の多くは、精神科の薬の副作用が心配で安全性を重視したい人だと思います。それなのに効き始める前に焦って強い薬に変更してしまうと、副作用や依存性のリスクが高まりますので非常にもったいないです。

服用しはじめてから徐々に体になじんで効き始めます。安全性を重視して治療したいと思ってセディールの服用をはじめた場合は、効き始めるまで焦らずに服用を続けるようにしましょう。

ただし、うつ病や睡眠障害の症状が重い人や、不安症状が強い人はセディールよりも少し強めの抗不安薬に切り替えるといいです。担当医師に副作用が出にくい薬を使いたいという事を伝えて、他の薬を処方してもらいましょう。

セディールの副作用と対処法

副作用

副作用は出にくいとされていますが、以下のような症状が現われることがあります。

・眠気
・吐き気
・ふらつき
・倦怠感
・食欲不振
・頭痛
・動悸
・多汗
・便秘
・不眠
・ほてり
・発疹
・口渇
・目のかすみ

重い副作用はほとんどありませんが、稀に以下のような症状が現われる事があります。

・悪性症候群
・セラトニン症候群
・肝機能障害

医薬品には副作用のリスクがつきものですが、他の抗不安薬に比べるとそのほとんどが軽度です。セディールには気分をリラックスさせる効果があり、寝つきがよくなる薬なので、副作用による眠気は仕方ないことです。上記以外の副作用が出る可能性もありますが、重い副作用の症候は少ないと言われています。気になる症状が現われた場合は、医師に相談するようにして下さい。

注意事項

他の抗うつ剤や安定剤と併用すると、強く効きすぎることがあります。強く効きすぎてしまうと副作用が出やすくなりますので、他に抗うつ剤、安定剤を使っている場合は必ず医師に相談しましょう。この手の薬は服用すると眠気が出る事が多いため、運転や高所での作業は控えるようにしてください。

その他にも次のような人は、セディールを服用する際は症状が悪化。あるいは副作用のリスクが高まる可能性がありますので、使用前に必ず医師に相談しましょう。

・妊娠している人
・妊娠している可能性がある人
・授乳中の人
・高齢者
・呼吸不全がある人
・脳に器質的障害がある人
・肝障害がある人
・腎障害がある人

副作用の眠気が続いた場合の対処法

セディールにはリラックス効果があります。程良くリラックスするくらいならいいのですが、人によって薬が効きすぎてリラックスし過ぎてしまう事があります。リラックスし過ぎてしまうと、眠気が出たり、だるさ、ふらつきといった症状が現われます。

セディールを飲みはじめた頃に眠気やだるさ、ふらつきが出た場合、すぐに服用をやめず、1週間から2週間ほど様子をみましょう。理由としては、セディールを飲み始めた頃に出るこれらの副作用の症状はほとんど軽めです。

しばらく服用を続けるとセディールが体に慣れてきますので、たいてい1週間から2週間くらいで治まります。

ただし、2週間経過しても眠気などの症状に改善が見られないという場合、用量を減らしてください。たとえば、セディールを1日に最大量の60mgを飲んでいて強い眠気があるという場合は、1日30mgまたは40mgにすると良いです。用量を減らすことで眠気も出にくくなります。

しかしながら、用量を減らす事で効果も弱くなってしまいます。眠気などの副作用を軽減することよりも、効果が弱くなってしまう方が困るという場合は、他の抗不安薬に変更するという対処法もあります。

ですが、セディール以外の抗不安薬のほとんどはセディールよりも副作用が出やすく、副作用の眠気が続く。強いという理由から他の薬に切り替えることで、逆に副作用の症状が悪化してしまう可能性があります。他の抗不安薬に切り替える事を考えている場合は、必ず医師に相談してください。

太る原因とその対処法は?

太る原因とその対処法は?

「セディールを飲むと太る?」または「セディールを飲んでから太った」という人がいます。この記事を読んでいる人にも太ることを懸念して、セディールの使用を迷っている人も少なからずいるかと思います。どういう事が原因で太るのかをまとめてみました。

■原因①-過食-

うつ病の治療薬(抗うつ剤や抗不安薬)を飲むことで、食欲増進することがあります。薬を飲み始めてから、気がついたら太った経験がある人のほとんどが、1日3食では物足りず、スナック菓子や菓子パン、インスタント食品などで空腹を満たしているという事が多いです。

■原因②-体を動かさない-

うつ病になると、「人に会いたくない」「外出したくない」「部屋から出たくない」「常にだるい」などと思うことが多いです。そのため、行動範囲が狭くなる為、運動はもちろん体を動かす機会が減ってしまいます。

薬を飲んで太る原因は、主のこの2つが当てはまるのではないでしょうか。これらの原因から下記のような生活習慣を改善することを意識するといいでしょう。

■対処法①-食生活を見直す-

・炭水化物を多く含む食べ物は控える
・夕食後に間食しない
・外食やコンビニ・インスタント食を控える
・間食を減らす
 難しい場合は、カロリーの低いものを食べて、徐々に間食を減らす

■対処法②-体を動かす-

・ストレッチをする
・ウォーキングをする
・調子がいい時は積極的に外出する


今回は太る代表的な上記2つの原因とその対処法についてまとめましたが、原因は人それぞれかと思います。もしもセディールを服用して太ってしまったのであれば、まずはご自身の生活習慣を見直すことで太る原因がわかるはずです。

セディールの飲み方

1回1錠(10mg)を1日3回に分けて服用します。症状にもよりますが、1日に最大6錠(60mg)まで飲む事ができます。しかし、これは症状によって異なりますので効果を実感する事ができない。早く症状を和らげたいという理由から自己判断で用量を増やさないようにしてください。

依存性は少ない薬であっても自己判断で用量を増やす事で、薬に頼りがちになり、結果依存してしまう恐れがあります。安全に使用するためにも、自己判断で用量を増やす事は避けましょう

セディールとデパスを比較してみました

デパスを個人輸入する事が出来なくなったため、デパスの代替薬の中にセディールも含まれています。どちらも抗不安薬なのですが、それぞれ抗不安作用の強さや作用時間が異なります。

作用時間について、セディールの場合は1.2時間前後と短く、デパスは約6時間となっています。デパスは服用するとすぐに不安感がスーっと消えるのに対し、セディールは長く飲み続けることでセロトニン受容体の数が少しずつ減っていき、それが抗不安作用に繋がります。そのため、実際に効果を感じることができるまでに2週間から4週間はかかります。

即効性があり、強い効果があるデパスには副作用や依存、離脱症状も強いというデメリットがあります。たしかに2つの薬を比べてみるとセディールの方が効果を実感するまでに時間もかかりますし、作用時間も短いのですが、その分、副作用・依存・離脱症状は少なめです。

そのため症状が軽く、他の抗不安薬が合わなかった人。副作用が気になる人に向いている医薬品です。また副作用による眠気の症状も少ないため、仕事をしている人が日中に服用してもそれほど影響は出ないので使いやすい薬です。

デパスを使っていた人にも好評!気になる口コミチェック

【良かった口コミ】

セディール錠を服用する前は、周囲の目が気になって友達に誘われても断る事が多かったのですが、このお薬を飲むようになって気持ちが落ち着くようになりました。最近は友達とランチに行けるくらい調子がイイです。持続時間は短めな気がするのですが、副作用がないところが気に入ってます◎

以前デパスを使っていたのですが、通販で買えなくなったのでセディールを使ってます!セディールの前に一度だけバスパーを飲んだけど、その時は胃がムカムカしてちょっと自分には合わなかったです。セディールは胃がムカムカするような副作用がないし、寝つきもよくなりました!セディールも合わなかったら病院に行って相談しようと思ってたけど、デパスの代わりになる薬が早く見つかって本当に良かったです。

マイナス思考で、夜寝る前にずっと考え事をしているせいで不眠症に。食後に飲むようにしているのですが、ベッドに横になると一日の出来事を振り返ることなく、自然に眠れるようになりました!

寝つきが悪かったけど、セディールを飲んでから寝つきがよくなりました。夜寝る前に飲めば、日中眠くなることもないから安心して服用できます。

他の薬を飲んで、少しずつ不安症状がよくなってきたのでセディールに切り替えました。効き始めるまでに少し時間はかかったけど、全く副作用が出なかったので、長期的に服用することができています。前に一度だけジェイゾロフトを飲んだことがあったけど、二日酔いの時のような吐き気が何日も続いて辛かったので、薬を切り替える時にはとても不安でした。でもセディールは吐き気はもちろん、他の副作用も出なかったので私に合っている薬です。

【悪かった口コミ】

確かに副作用はないけど、2週間飲み続けても効き目がないような気がしました。そして3週間くらい飲み続けて、若干効果を感じる事が出来ました。穏やかに作用するっていうのは、こういうことだったのか・・・。私には物足りなさを感じます。

眠くなるような副作用は感じないので安全に使用できると思います。ただ効きが弱い。それなのに結構高いので、次はイフェクサー・ジェネリックかバスパージェネリックを試してみようかなと・・・。薬の価格だけで決めてはいけないけど、安さに惹かれる。自分にあうものかは不明だから、一度病院で相談して決めようかな。

私にはまったく効果がないので、飲むのをやめました。抗不安薬って不安や緊張には即効性があるものだと思ってたけど、即効性はないように思う。デパスがネットで買えなくなったから困ってる・・・。軽い症状の人には向いてるかもしれないけど、私にはちょっと・・・。

効果が弱くて、用量を増やしたら吐き気と頭痛の副作用が出てしまいました。量を減らすと効き目を感じないので、正直困ります。

不安感が強くレクサプロを飲んでいたけど、頭痛がひどくて、仕事に集中できませんでした。なので、副作用の少ないセディールを飲んでみたら、確かに副作用はなかった。効果もいちいちな感じです。効いているのか効いていないのかよくわかりません。

口コミからも分かるように、セディールの効果は弱めで即効性はありません。しかし副作用が出にくいので、安全性は高いという事がわかります。そのため、症状が軽い人。他の抗不安薬で副作用が出た人。安全性を優先にして、ゆっくり治療したい人に向いている抗不安薬です。

セディールでうつ病を克服した人の体験談

私はセディールでうつ病から抜け出す事ができました。ずっと好きだったネイルを仕事にしたいと思い、美容学校に進学。夢に向かって勉強しようと前向きだったのは、入学してから半年くらいまで。年配の先生と性格が合わず、授業も楽しくなくて不登校になり、たまに学校へ行っても授業についていくことができず孤独と不安感でいっぱいになり、うつ気味になりました。

1年間休学したものの、無事に美容学校を卒業することができましたが、周りの友達は次々と就職先が決まっていく中、私は就職活動してもなかなか決まらず、自分だけ取り残されているような気がして、焦りと不安が強くなり、眠れない日が続きました。病院に行ったら、軽度のうつと診断されました。最初、デパスを飲んで少しずつ症状がよくなったので、副作用の少ないセディールに変更しました。

セディールもデパス同様、マイナスな事を考えず、夜は自然に眠れました。なぜ私がデパスからセディールに変更したかというと、デパスを飲み続いているとやめる時が大変という情報をネットで見たからです。詳しく調べていろんな知識がついたせいで、ちょっとこわくなったので、依存しにくい薬はないか調べた結果、セディールが1番よさそうだったのでセディールに変更しました。

私はある程度、デパスを服用してから症状がよくなってたので問題なく切り替えることができました。私の場合、1年半くらいセディールを服用して、今はセディールを飲まなくても前向きに楽しく過ごす事が出来ています。

セディールのメリットとデメリットは?

セディールの一番のメリットは、何と言っても安全性の高さです。近年、よく使われているベンゾジアゼピン系の抗不安薬と違い、脳の活動を強制的に停止させるような医薬品ではありません。そのため、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬に多く見られる眠気やふらつきの副作用の症状が現われにくいです。

またデパスなどのベンゾジアゼピン系の抗不安薬は、依存性が問題視されています。しかし、このセディールは作用機序が異なるため、依存する心配がありません。

セディールはセロトニンに作用するため、抗うつ効果が期待できます。抗うつ効果と言いましても、近年よく使われているSSRIやSNRIに分類されている抗うつ薬よりも弱めです。セディールを使用しながら、さらに抗うつ効果が欲しいという場合は、抗うつ薬との併用で相乗効果を期待することができると言われています。

セディールのデメリットは即効性がなく、効果を実感するまでに時間がかかるという点です。効果を実感する事ができるまでに約2週間から4週間もの日数がかかります。もともと症状が軽い人であれば問題ないかもしれませんが、すぐに効いて欲しいという人には正直なところセディール錠は向いていません。

薬の値段が他の抗不安薬と比べると、少々高めというところも難点です。穏やかな効き目から、症状によっては1日60mgまで服用することが多いです。また抗うつ薬と併用するとなると、毎月の薬代の負担が増えるというデメリットがあります。

セディールの効果は物足りなさを感じる事が多い反面、副作用が少なく依存性の心配もないので安全性を重視している人には向いている薬です。

アナフラニールの効果

アナフラニールの効果

アナフラニールは、セロトニンを増やす効果に優れている三環系抗うつ薬です。アナフラニールの添付文書によると、次のような効能・効果があります。

・精神化領域におけるうつ病、うつ状態
・遺尿症
・ナルコレプシーに伴う情動脱力発作

セロトニンは落ち込みや不安への改善作用があるため、上記以外に強迫性障害やパニック障害、社交不安障害といった精神疾患にも効果が期待できる抗うつ薬です。パキシルやジェイゾロフト、ルボックス、レクサプロなどのSSRIに分類されている抗うつ薬で効果が不十分の時には、アナフラニールを用いることもあります。

うつ病と診断されて病院から様々な抗うつ薬を処方してもらったけど、しばらく使用してもなかなか効果を実感する事ができない、それでも効果はないけど飲み続けているという方も多いかと思います。アナフラニールは昔からうつ病の治療薬として用いられています。しっかり効果が得たい場合はアナフラニールがオススメです

症状を良くしたい、早く治したいから薬を飲んでいるはずなのに、薬を飲んでも効き目がないのであれば毎日服用している意味がありません。アナフラニールを服用することで、強い不安感や落ち込みを改善することが出来ます。うつ病の症状が悪化する前にアナフラニールを服用して、早めに治療しましょう。

そもそもアナフラニールってどんな薬?

アナフラニールは1973年に発売された三環系に分類されている古いタイプ抗うつ剤です。近年うつ病の治療薬として、SNRIやSSRIなど安全性の高い新しい抗うつ薬が使われる事が多いので、三環系を使うことは少しずつ減ってきています。けれども三環系には他の抗うつ薬にはない強い効果がありますので、難治性うつ病などに使われることも結構多いです。

ただ効果が強いため、副作用が多いというのも事実です。副作用が多いというデメリットはありますが、効果が強いという点は現在でも定評があるので、現在も三環系が使われ続けています。アナフラニールはセロトニンとノルアドレナリンの両方を増やしますが、その中でもセロトニンを優位に増やす抗うつ剤です。そのため、抗うつ効果、意欲改善の効果に期待できる薬です。

三環系はノルアドレナリンを優位に増やすものが多いので、アナフラニールは非常に有用な抗うつ薬なのです。冒頭にも記載したように、セロトニンを増やすことで不安や気持ちの落ち込みに効果があります。その他にも鎮静作用があるので、不眠への効果も期待できます。

こういった特徴を持つアナフラニールは、強迫性障害の大きな治療選択肢の一つになります。強迫性障害は他の精神疾患よりも高用量の薬を使う必要があります。
アナフラニールはセロトニンを増やす作用が強力なので、しっかりとした効果を実感する事が出来ます

またアナフラニールは点滴製剤があるというのも特徴の一つです。点滴ができる抗うつ剤はアナフラニールのみ。外来で使われる事は滅多にないものの、入院中に抗うつ剤を服用する事が困難な人に点滴が使われます。

アナフラニールはこんな人にオススメ

アナフラニールはこんな人にオススメ

・デパスやエチラームを使っていた人
・SSRI、SNRI、Nassaで十分な効果を得られなかった人
・不安感が強い人、不安を改善させたい人

以前デパスを通販で購入していた人がデパスの代替薬として、アナフラニールに切り替えている方も増えてきました。アナフラニールは通販サイトでも購入することができ、安値のジェネリック医薬品もあります。

アナフラニールは古い抗うつ剤で効果が強く副作用も多いので、うつ病と診断された際、最初にアナフラニールを処方されることは少ないです。現在はしっかり効果があり、副作用の少ないバランスのとれたSNRIやSSRIなどが最初に使われる事が多いです。しかし、SNRI、SSRIでは思ったような効果が得られなかった場合は、アナフラニールが使われます

アナフラニールは三環系に分類された抗うつ剤です。三環系にはアナフラニールの他にトフラニール、トリプタノール、ノリトレン、アモキサンといった薬があります。これらの薬の中でもアナフラニールは、ノルアドレナリンに比べて、セロトニンを7倍~8倍ほど多く増やす事が報告されています。

そのため、不安感が強い人や不安を改善したい人に向いてます。一方、ノルアドレナリンに対する力はそれほど強くないので、意欲や気力を回復させる効果は不十分の可能性があります。

アナフラニールの副作用と対処法

アナフラニールの副作用と対処法

アナフラニールは強力な効果がある分、副作用も多めですが軽い症状であれば、それほど心配する必要はありません。主な副作用については下記のとおりです。

・眠気、めまい、立ちくらみ、ふらきつ、倦怠感
・吐き気、食欲不振、口の渇き、便秘、太る(体重増加)
・手の震え、動作が鈍る、口周囲の異常な動き
・目の眩しさ、目のかすみ
・尿が出にくい
・動悸、低血圧、不整脈、頻脈
・かゆみ、発疹
・性機能障害

万が一、普通ではない強い不安感やイライラと落ち着かない、気持ちが高ぶる、悪い衝動にかられるといった精神的な変調があった場合は、医師に連絡して指示をあおいで下さい。こうした気分障害は、アナフラニールを飲み始めた時や増薬した時に現われることが多いです。

重い副作用は滅多にありませんが、初期症状などにご注意ください。少しでも異変に気づいたら、直ちに医師に連絡してください。

セロトニン症候群
不安、落ち着かない、興奮、混乱、体の震え、ぴくつき、不眠、発熱、発汗、めまい、下痢、血圧上昇、頻脈

悪性症候群
意識障害、精神変調、動かず黙り込む、発汗、急激な体温上昇、飲み込めない、体の硬直、震え、頻脈

横紋筋融解症
力が入らない、痙攣、手足のしびれ、筋力低下、歩行困難、筋肉痛、赤褐色の尿

麻痺性イレウス
吐き気、おう吐、食欲不振、お腹が膨れる、ひどい便秘、激しい腹痛

間質性肺炎
発熱、息切れしやすい、息苦しい、空咳

抗利尿ホルモン不適合分泌症候群
頭痛、吐き気、だるい、痙攣、気を失う、意識もうろう、のどの渇き

痙攣、幻覚、せん妄、錯乱
痙攣、取り乱す、混乱、興奮、意識もうろう、幻聴、幻覚

肝臓の重い症状
吐き気、食欲不振、だるい、発熱、かゆみ、発疹、尿が茶褐色、白目や皮ふが黄色くなる

重い血液成分の異常
だるい、発熱、のどの痛み、口内炎、血豆、青あざ、歯肉出血、鼻血

重い不整脈
だるい、立ちくらみ、めまい、失神、動悸、徐脈(50/分以下)、頻脈(120/分以上)、胸の痛み、胸苦しい

副作用の対処法

アナフラニールの副作用で最も多い症状が、眠気、太る(体重増加)、ふらつき、めまい、口の渇き、便秘です。

①眠気

アナフラニールに限らず、ほとんどの抗うつ薬で眠気が出ます。抗うつ薬にはリラックス効果があるため、副作用で眠気が出てしまうことは仕方がない事なのです。特に、四環系やNassaのような鎮静系抗うつ剤と呼ばれている薬は強い眠気が出ることが多いです。不安や緊張感から寝つきが悪い、不眠症の場合は睡眠薬として用いられる事もあります。

②体重増加

アナフラニールを服用すると体重が増加します。アナフラニール以外にもパキシルや他の三環系、Nassaも太りやすいと言われています。抗ヒスタミン作用から太ることが考えれます。

太るのは嫌だけど、アナフラニールを使いたい。使わなければいけないという場合は、運動したり、規則正しい食事をするなど生活習慣を見直しましょう。症状が悪く運動する事ができない人や、生活習慣を見直しても改善されないという場合は、他の抗うつ剤に切り替えるのも一つの手です。太りにくい抗うつ剤には、サインバルタやジェイゾロフトがあります。

③便秘、口の渇き

アナフラニールの副作用で便秘、口の渇きが出るのは抗コリン作用で生じます。
便秘がひどい場合は、食物繊維を摂取したり、こまめに水分補給をする。また便秘薬や下剤を利用する。口の渇きがひどく辛い場合は、白虎加人参湯を服用したり、唾液腺マッサージを行うと良いでしょう。

アナフラニールの飲み方

アナフラニールの飲み方

アナフラニールは症状によって飲み方が変わります。

■うつ病、うつ状態

通常、成年者はクロミプラミン塩酸塩として、1日50mg~100mgを1回~3回に分けて服用します。ただし、症状や年齢によって適宜増減します。また1日の最大服用量は225mgまでです。

■遺尿症

通常、6歳未満の幼児はクロミプラミン塩酸塩として、1日10mg~25mg。6以上の小児には1日20mg~50mgを1回~2回に分けて服用します。ただし、症状や年齢によって適宜増減します。

■ナルコレプシーに伴う情動脱力発作

通常、成年者はクロミプラミン塩酸塩として、1日10mg~75mgを1回~3回に分けて服用します。通常、少量から服用を開始して、効果が出る量まで少しずつ用量を増やしていきます。効果が出るまで2週間~3週間かかります。アナフラニールを飲み始めた時や増薬した時に、気分が不安定になった場合、直ちに医師にご相談ください

注意事項

アナフラニールを病院で処方してもらう際、持病やアレルギーのある方は診察時に医師に伝えてください。病気によってはアナフラニールを服用することで、症状が悪化する恐れがあります。さらに飲み合わせの悪い薬があるため、アナフラニール服用する2週間前から服用している薬があれば、医師に報告してください。

また、副作用が多い抗うつ剤なので、服用後に起こりうる副作用や注意事項については、必ず説明を受けること。その際、可能であれば家族も含めて説明を受けてください。

緑内障を患っている人はアナフラニールは使用する事が出来ません。眼圧が上昇して、症状が悪化する可能性があります。てんかん、心臓病、前立腺肥大症、低血圧の人も病状悪化に注意しながら、慎重に用いるようにしてください。

高齢者の場合は副作用が出やすいため、飲み始める際は少量からスタートしてください。

アナフラニールだけでなく、他の抗うつ薬の臨床試験において、24歳以下の人が服用することで逆に悪い衝動を引き起こす恐れがあると報告があります。そのため24歳以下、自殺願望がある人は注意が必要です。

アナフラニールも他の抗うつ剤同様、急に服用をやめてしまうと症状が悪化してしまったり、体の具合が悪くなる事があります。アナフラニールを服用してから症状が良くなり、もう薬を飲まなくても平気だと感じたとしても、自己判断で薬の服用をやめず、医師と相談しながらゆっくりと減量してください。

またうつ病でアナフラニールを使用している場合は、症状が良くなっても、少量をしばらく飲み続ける事が多いです。うつ病の場合は、再発することもあるので、それを防ぐためにも半年から2年は飲み続けます。

アナフラニールを服用することで眠気やめまいを起こす事があります。服用中は高所での作業、車やバイクの運転、機械を扱う仕事は注意してください。

アナフラニールのジェネリック医薬品を紹介

アナフラニールには薬価の安いジェネリック医薬品もあります。

■アナフラニール・ジェネリック

アナフラニール・ジェネリック

販売元はサンファーマで1錠10mg、27円。1錠25mg、36円。1錠50mg、45円で販売されています。

※お薬なび参考

アナフラニールとデパスを比較してみました

デパスの個人輸入が禁止になって以降、デパスの代わりになるうつ病の薬としてアナフラニールに切り替える人も増えてきました。アナフラニールは抗うつ薬、デパスは抗不安薬と薬の種類に違いがあるのですが、他にどのような違いがあるのかわかりやすくまとめてみましたので、参考までにご確認下さい。

作用時間については、

■アナフラニール
服用後、約4時間で血中濃度が最高値となり、約20時間で血中濃度が半減

■デパス
服用後3時間で血中濃度が最高値となり、約6時間で血中濃度が半減

適応疾患については、

■アナフラニール
うつ病、うつ状態、遺尿症、ナルコレプシーに伴う情動脱力発作

■デパス
うつ病、神経症、不眠症、睡眠障害、筋収縮性頭痛、腰痛症

アナフラニールの評判は?(口コミと体験談)

アナフラニールの評判は?(口コミと体験談)

【良かった口コミ】

引きこもり気味だったけど、アナフラニールの飲み続けたおかげで社交的になれました。

半年ほど飲んでます。イライラしなくなりました!

副作用の眠気は最初の1週間だけ。それ以外の副作用は気にならなかったです。今まで色んな抗うつ剤を試したけど、アナフラニールが1番効果ありました。やる気がなくて塞ぎこんでたけど、やる気が出て明るくなれました。今、長期休暇をもらっているけど、もうちょっとしたら復帰できそう。

仕事内容がきつくて、うつ病になったけど憂うつさがなくなり、今は仕事に行くのが楽しいです。うつ病である事を最初は隠してたけど、チームのメンバーだけに話をして、周りの人もフォローしてくれるようになりました。そのおかげで、ストレスフリーで働く事ができてます。そろそろアナフラニールを減薬していこうかな。

強迫性障害を患っているのですが、アナフラニールはよく効きますね。アナフラニールを飲んでいると症状が和らぎます。

デパスとか色々使ってみたけど、どれも効果なかったけどアナフラニールは僕に合っているようで、効き目を感じることができました。効いてきた、と感じまでに3週間かかったけど、今は外出したり、他人と目を合わせて話すことができるようになりました。

副作用が強いとか、多いとかよくネットに書き込まれていたから、めちゃめちゃ不安だったけど。いざ飲んでみたら、全然副作用は現われなかったよ。アナフラニールを服用してから4週目くらいで、うつの症状が良くなりました。効果はゆっくり。

症状が辛い時に服用すると、気持ちが楽になれる。

起きてるだけでしんどくて、寝ている時間が多かったけど、最近はそこまでしんどくない。アナフラニールが効いてきたっぽい。

【悪かった口コミ】

朝服用すると、日中眠気がひどい。夜だけ服用してます。

アナフラニールを飲むと頭がボーっとする。そのせいか強い不安感はなくなるけど、果たしてこれでいいのか不安になる。

増薬した時に副作用が強くでて辛かった。用量を減らすと副作用がなくなったので、今は50mgを服用してます。

気分の落ち込みにはよく効くけど、三環系だから副作用がきつい。すぐに服用をやめて、今はイフェクサーを飲んでます。

効果がでるまで4週間もかかりました。すぐに効果を得たい人には不向きな気がします。

アナフラニールを飲んでから15kgも太ってしまった!

二週間飲み続けたけど、全然効き目を感じない。もうちょっと飲み続けて様子見たほうがいいのか悩みます。

確かな効果を得ることはできるけど、副作用が多いし、正直キツイです。用量増やすと吐き気がするから、増薬する時は気をつけた方がいいかも。

効果がでるまでにものすごく時間が掛かるようです。一ヵ月服用したけど全然効果ないから、よけいにイライラする!

うつの症状が強く、1日でも早く症状が和らげればと思って期待してたけど、まったく効かない。そのせいで、さらに悪化。何もかもイヤになる。

アナフラニールの体験談

三環系抗うつ薬のアモキサンを服用して、うつ病の症状が悪化したため、同じ三環系のアナフラニールに切り替えました。アモキサンの時もそうだったけど、抗うつ薬を飲み始めたばかりの時はとにかく吐き気と頭痛の副作用が辛かったです。

医師には、副作用は徐々に治まるから、我慢できる程度であればそのまま飲み続けるよう言われていたので、我慢して飲んでたら一週間後くらいには副作用の症状は治まりました。ただし、すぐに効果が現われたかっていうとそうでもありませんでした。

医師からは、だいたい3週間から4週間は様子見て、効果がないようなら他の薬に切り替えてみようと言われました。医師が話してたとおり、3週間を過ぎたくらいで何となく効いてきてる・・・と感じるようになりました。

効き始めるまでに時間はかかったけど、飲み始めて3ヶ月くらいでマイナスな事を考えなくなりました。うつ病の症状がひどい時は、なぜかいつもネガティブで自分でもイヤになるくらい。仕事もうまくいかなかったし、そのせいで同僚ともうまくいかず毎日が楽しくなくて、仕事も休みがちに。

本当はもっとみんなと協力しながら楽しく仕事したかったのに、それができず。頑張ろうと思えば思うほど、焦ってました。

アナフラニールを服用してから2年目になりますが、今は精神的にかなり安定しています。うつ病の症状がひどかった時に働いていた会社では、うまくいかなかったので退職。今は別の会社で楽しく仕事してます。

ただ仕事が原因でうつ病を発症したので、今の会社の上司には自分がうつ病であることを伝えてます。負担になるような仕事はあまり振らないように配慮してもらっているので、本当に感謝しています。

時々早く抗うつ薬をやめたい!って焦ることがあるけど、焦ったところで何も変わらないし、勝手にやめて症状が悪化するのもこわいから、もうしばらくアナフラニールに頼りたいと思います。

アナフラニールのメリットとデメリットは?

アナフラニールのメリットとデメリットは?

冒頭でもお伝えしたとおり、アナフラニールはセロトニンを増やす効果に優れている三環系抗うつ薬です。三環系は古い抗うつ薬で副作用が多いというイメージがあると思いますが、アナフラニールの特徴を見ていくとメリットが多いです。

■メリット

・抗うつ効果が強い
・抗不安効果が強い
・点滴がある
・強迫性障害にも効果がある
・薬が安い
・個人輸入できる(通販で購入できる)

■デメリット

・副作用が多め

アナフラニールを飲みはじめてから効果が出るまでに、3週間から4週間ほど時間がかかることがありますが、抗うつ作用。抗不安効果に優れている薬です。抗うつ効果と抗不安効果がしっかりしているのがメリットなのですが、その分副作用が多いというデメリットもあります。

他の抗うつ剤との一番の違いはというと、点滴薬があることです。抗うつ薬で点滴薬があるのは、アナフラニールのみです。うつの症状が重かったり、アナフラニール使用者が入院し、自身で薬の服用が困難な場合は点滴薬が使われます。

普段、抗うつ剤を飲んでいる人が急に服用をやめてしまうと、症状が悪化してしまう事があり、とても危険です。症状が悪化してしまうことで、治療期間が長引くことに繋がってしまいますよね。入院中で抗うつ剤を飲むことができない場合でも、点滴薬があるので症状の悪化を防ぐことができるのです。

それからアナフラニールは昔からある抗うつ薬なので、薬の値段が安いというのもメリットのひとつです。現在、デパスは病院では処方されますが、以前のように通販サイトでは購入することができません。しかしアナフラニールは通販サイトで処方せんなしで購入することが可能なので、わざわざ病院へ行く必要がなく時間削減にもなります。

先ほどもお伝えしたとおり、アナフラニールのデメリットは副作用が多いという点です。副作用が強く出る人もいる一方、副作用をまったく感じない人もいます。うつ病と診断されて、すぐにアナフラニールを処方されることはほとんどなく、色んな抗うつ薬を使ったけど、思ったほど効果を得られなかった場合に処方される事が多いです。

副作用が我慢できる範囲であれば、1~2週間ほどは様子を見る。我慢できないほど辛い副作用が出た場合は、アナフラニールよりも少し弱めの抗うつ剤に切り替えると良いでしょう。

TOPに戻る