むくみの原因はさまざま!日々の生活習慣・食生活を見直すことで「むくみ」を解消することができます。

むくみの原因と対策

足を摩る人

むくみとは、細胞と細胞の間に余分な水分がたまった状態のことです。大人の女性によく見られる症状ですが、何が原因でむくみが起こるのでしょうか。

むくみの原因は、体にたまった水分だけが原因とは限りません。むくみの原因は一つだけではなく、様々なものがあるとされております。そのため、むくみを感じた場合は、自分自身の生活習慣を振り返ってみましょう。普段の生活習慣・食生活を見直し、むくみにくい体づくりを目指していきましょう。

運動不足

長時間座りっぱなしだったり、立ちっぱなしでいると足の筋肉を動かす機会が少ないので、静脈やリンパ液の流れが悪くなります。その結果、むくみが起こります。ですから、普段あまり体を動かしていない場合は、血行不良につながります。普段から運動をするなど、体を動かし血液やリンパ液の流れを良くすることが大切です。

ウォーキング

ウォーキング

バスや電車通勤をしている方は、一駅前で乗り降りして普段からたくさん歩くように心がけましょう。歩くときはダラダラ歩かず、歩幅を広くして大股で歩くことを意識してください。足の筋肉を動かすことがとても重要です。

ストレッチ

屈伸などをして筋肉を収縮させましょう。全身を動かし体のめぐりを良くすることで、血流が良くなります。

マッサージ

マッサージ

運動することが苦手という方は、自宅でも気軽にできるマッサージをするといいです。お風呂に入りながらマッサージをしたり、お風呂上りにオイルやボディークリームを塗りながらマッサージを行っている方も多いです。

また、デスクワークで一日中座りっぱなしの方は、ゴルフボール2個用意してください。デスクの下にゴルフボールを置き、足裏をマッサージするようにコロコロするだけで、血行が促進されます。これだけで、簡単にむくみ改善につながります。

お酒の飲みすぎ

ワイン

アルコールを飲むと顔が赤くなったり、鼓動が早くなるなどの症状が現れることがあります。これは血液の流れが良くなりすぎている証拠です。血液の流れが良くなりすぎると、毛細血管から水分と血液が漏れだします。この漏れた水分と血液がむくみを作り出します。アルコールには利尿作用があります。ですが、早くアルコールを体外に排出させるために起こる利尿作用なのです。

肝臓でアルコールを分解するのには水が必要です。アルコールを飲んでいると喉が渇きますが、水は胃で吸収されず小腸で吸収されます。そのため、喉の渇きが癒えるまで時間がかかります。ですので、必要以上に水を飲んでしまいがちです。 必要以上に水を飲んでしまうと体に余分な水分がたまり、翌朝むくんだ状態になるのです。

水を飲み過ぎない

アルコールを飲んでいる時は、水も一緒に飲みましょう。ですが、一気にガブガブ飲むのは良くありません。ストローを使うなどして、ゆっくり水を飲むようにしてください。しかし、冷たい水を飲むと体が冷えて、浮腫むことがあります。ですから、水を飲む際は氷は入れず常温の水を飲むといいです。

おつまみに気をつける

揚げ物などの脂っこいものや味付けの濃い料理は、喉が渇き多飲の原因になります。おつまみは、野菜スティックや海藻サラダなど、なるべくあっさりしたものを食べるようにするといいです。この他にもおつまみを食べるなら、カリウムを多く含んだものを食べるように心がけてください。

[カリウムを多く含んだおつまみ]

◆アボカド・・・わさび醤油で食べると美味しいです。
◆枝豆・・・塩は振りかけないで食べましょう。
◆納豆・・・納豆卵焼きやマグロ納豆がオススメです。
◆かつおの刺身・・・醤油をつけすぎないようにしてください。
◆長いも・・・マグロのとろろがけや千六本切りをわさび醤油で食べるのも美味しいです。

ただし、タレや醤油、塩などをかけすぎと塩分を多く摂取することになります。 塩分の取りすぎは、むくみの原因になりますので注意してください。

偏った食生活

ジャンクフード

忙しいという理由から、ファーストフードやコンビニ食品、インスタント食品ばかり食べている方は知らず知らずに塩分を取りすぎている可能性があります。また、ダイエットで食事制限をしているとタンパク質やビタミンB1、ミネラルなどが不足する可能性があります。

栄養が偏ると体に必要な栄養が不足します。その結果、血流が悪くなったり自律神経の働きが低下し、むくみが起こります。むくみにくい体を作るには、栄養バランスの良い食事を取ることが重要です。

むくみに関わる栄養素は次のとおりです。

◆タンパク質
血液中のタンパク質は、水分を血管の中にとめておく働きがあります。低タンパク血症になると、細胞の外へ水分が出るため、むくみます。ダイエットなど食事制限でタンパク質が不足してしまうと、とても危険です。

◆ビタミンB
ビタミンBは、体の中で主に水分・糖分・アルコールなどの代謝を助ける作用があります。それ以外にもビタミンB群は各種代謝に作用します。ですので、身体のバランスを整えるのに重要なビタミンです。v 特にビタミンB6はタンパク質の代謝にも関わるので、不足してしまうとタンパク質がスムーズに合成されません。結果、むくみが起こります。

ビタミンB1は、玄米、豚肉、うなぎ、落花生、大豆など。ビタミンB2は、魚肉ソーセージ、レバー、チーズ、納豆など。ビタミンB6は、にんにく、カツオ、マグロ、サケなどに含まれています。

◆カリウム・マグネシウム
カリウムは、血液中のナトリウムと相互に働き、余分な塩分を尿として排出する作用があります。また、マグネシウムもビタミンB群と同じようにタンパク質の合成に関わってますので、マグネシウムが不足するとむくみやすくなります。カリウムは、柿、バナナ、キウイなどの果物、アボカド、トマト、キノコ、海草類など。またマグネシウムは、海苔、わかめ、アーモンド、大豆などに含まれています。

◆サポニン
サポニンには、利尿作用があります。大豆やピーナッツ、インゲン豆などに含まれています。

◆クエン酸
クエン酸は、体の新陳代謝を活発にし、血液やリンパ液の流れを促してくれます。お酢やグレープフルーツ、リンゴ、梅干などに含まれています。

他にも、血液の流れをよくするものがたくさんあります。偏った食生活をしている方は、食生活を見直して日頃からむくみにくい体質作りをしましょう。

もちろん食生活だけではなく、運動不足、冷え対策など生活全般を見直すことも大切です。しかしながら、むくみの原因である食生活・生活習慣をすぐに変えることは簡単なことではありません。すぐにむくみを取りたいと思っている方は、利尿剤ラシックスで簡単にむくみを解消することもできます。即効性があるので、むくみを取るために芸能人やモデルが撮影する前に使っていることで有名です。

ラシックスってどんな薬?

ラシックストップページ

ラシックスは、ループ利尿薬に分類されている利尿薬です。即効性があるため、足のむくみを簡単に解消する事ができる薬です。体の余分な水分や老廃物を排出することで、ダイエットに近い効果もあり、芸能人やモデルの間でも人気があります。

病院では、ラシックスを美容目的で簡単に処方してくれません。ですがインターネット環境さえあれば、通販で誰でも気軽にラシックスを購入することができます。けれども、ラシックスを通販で購入できるのは今だけです。

2018年、年明けから個人輸入の規制がかかり、輸入禁止になった日からラシックスを通販サイトで購入することが出来なくなります。そのため、ラシックスを美容目的で使いたい場合は早めに購入することをオススメします

ラシックスの効果

足

ラシックスは、『ループ利尿薬』に分類されてます。ラシックスの主成分は『フロセミド』で、水に溶けない白色結晶性の粉末なので服用後すばやく吸収されます。そのため、即効性かつ強力な利尿作用がありますが、利尿作用の持続時間は短いというのが長所です。また他の利尿薬成分に比べて利尿作用までに要する時間が約1時間も短いことから、むくみへの特高成分と位置付けられています。

ラシックスの有効成分であるフロセミドが腎臓に働きかけ、尿量を増やし、体にたまった余分な水分を取りのぞいてくれます。腎臓では体内の色々なところから送られてくる水分を通じて、様々な働きをしています。腎臓のヘンレループという器官では、体内の色々なところから送られてきた水分を尿として排出するか、再度体の中に取り込むか調整しています。

本来であれば、繰り返し何度も水分を体の中に取り込み再吸収します。しかしフロセミドは、このヘンループに作用して水分を尿として処理します。むくみの原因となっている体にたまった余分な水分を排尿することで、むくみを解消することができます。むくみが解消されると、パンパンに張っていた足がスッキリします

ラシックスの適応疾患

むくみ解消以外に血圧を下げる効果があり、高血圧症を改善することができます。よって本来は以下のような病気や生理現象に伴うむくみがある場合に、病院が処方してくれる薬です。

・心性浮腫 ・鬱血性心不全 ・月経前緊張症 ・腎性浮腫 ・高血圧症 ・肝性浮腫

高血圧症を患っている方で血圧を下げつつ、むくみを解消したいと思っている患者には主にラシックスやフルイトラン等の利尿剤が処方されます。ラシックスには、強い利尿作用があります。

フロセミドとは?

腎疾患や鬱血性心不全・月経前緊張症などのむくみ治療に有効な成分で、ループ利尿薬の一つです。

降圧を目的とした処方も行われています。性状は白色結晶性の粉末であり、水にはそれ程溶けません。経口投与でも筋注でも体内にすばやく吸収され血漿タンパク質との結合率が高いため、腎臓や肝臓以外の組織にはほとんど分布しません。

ヘンレループの太い上行脚の管腔側にある膜Na+・K+・2Cl-共輸送担体を抑制することで、塩化ナトリウム・カリウムの再吸収を抑制します。速効性かつ強力な利尿作用がありますが、作用時間が短いのが特徴です。個人差はありますが経口投与のあと約1時間、静脈注射のあとであれば5分以内に臨床効果があらわれます。

ラシックスの作用時間

時計

病気の治療でラシックスを使っている場合、病院で注射で投与すると約5分ほどで効き目が出ます。むくみやダイエット目的でラシックスを使う場合は錠剤タイプを使うため、服用して錠剤が溶けるまでの時間は注射薬と比べるとどうしても時間が掛かります。しかしながら錠剤タイプでも服用後、20分~1時間程で利尿作用が出て、2時間ほどでむくみがなくなります。

他の利尿薬と比べて即効性があるのが特徴です。個人差はありますが、ラシックスを服用し始めて1週間~2週間くらいは、服用後約15分から3時間ほどは尿がとても多く出ます。ラシックスをまだ使ったことがない方は「長時間トイレからはなれることができなかったらどうしよう」と心配に思うかもしれません。

ですがラシックスは利尿効果の時間がとても短いのも特徴の1つで、持続時間は約6時間ほどです。ですから、丸1日トイレにこもらないといけないということはありませんので安心して使用することができます。

しかしながら持続時間は約6時間なので、就寝前に服用してしまうと強い尿意で夜中に何度も目が覚めてしまいます。よって就寝前に飲むのは避けましょう。最低でも就寝する6時間前に服用すると、睡眠の妨げになりませんので遅くても就寝6時間前までに服用することをオススメします。

日頃から足がむくみやすい人の特徴としては、むくみを強く感じピークは夕方かと思います。翌日にそのむくみを持ち越さないために、夜ラシックを飲んで寝ている間にむくみを解消したいと思っている方も中にはいるはずです。

夜寝ている間にむくみを取り除きたいと思っているのであれば、寝る前に足のマッサージをする。寝る際は足元にクッションや枕を置き、少し足をあげた状態で寝ると翌朝にはむくみが取れて少しは楽になるはずです。絶対に翌朝にはむくみを解消したいというのであれば、夕方にラシックスを服用すると良いです。

それ以外にも外出前もなるべく服用するのは避けた方が良いです。ラシックスを飲んではじめの20分から1時間くらいは強い尿意を感じますので、その間何度もお手洗いへ行きたくなります。外に出た時にすぐお手洗いがあればいいのですが、長時間電車やバスで移動するとなるとすぐにお手洗いへ行く事ができませんのでラシックスを飲むタイミングにも気をつけなければいけません。

ラシックスはこんな人にオススメ

  • デスクワークで座りっぱなしの人
  • 立ち仕事で足が辛い人
  • 事故や怪我で排泄が困難な人
  • 生理前にむくみやすい人
  • 年々セルライトが増えてきた人
  • 足首が太くてメリハリがない人
  • 水太りしやすい人
  • ダイエットしてもなかなか痩せない人

特に女性においては、生理前後のむくみや月経前緊張症候群といったホルモン周期にも効果を実感する事ができます。女性ホルモンとむくみの関係を利用する事で、生理痛の緩和につながります。さらに血液の循環を促し、むくみが無くなる事で太りにくい体質を手に入れる事ができることからダイエットに近い効果があります

血液の循環をより快調に促し、余分な老廃物や水分を尿として排出することができれば、むくみや水太りの人は体重が落ちたり部分痩せダイエットにつながります。ただし、ダイエット目的でラシックス錠を使用すると脱水症状を引き起こす事もありますので、服用する際は気をつけましょう。

ラシックスの効果①足のむくみを解消

利尿作用により、むくみを取りのぞいてくれることから足のむくみを解消できます。尿の量が増えますので体にたまった余分な水分を排尿する事で、むくみが取れますのでデスクワークや一日中立ちっぱなしなどによるむくみをとるためにラシックス錠を使う方たちもいます。

即効性のある利尿剤なのでラシックス錠を飲んでおよそ2時間から3時間程度でむくみが取れ、気になっていたパンパンに張っていた足がスッキリ細くなります。仕事中なかなか足を動かす事が少ないという方や、長年むくみで悩んでいる方にオススメです。

ラシックスの効果②お酒を飲みすぎた時の顔のむくみ

グラス

足のむくみ以外にも、お酒を飲みすぎた時の顔のむくみにも効き目があります。飲み会に参加した翌日、鏡で自分の顔がパンパンに浮腫んでいるのを見てテンションが下がったという経験をした覚えはありませんか?

女子会や同窓会、職場の飲み会に参加すると楽しくてついつい飲みすぎてしまいます。お酒を飲むシーンではどうしても味付けの濃い料理を食べてしまいがちで、普段よりも塩分を取りすぎてしまうことで顔が浮腫んでしまいます。

また翌日の二日酔い対策で寝る前に大量の水を一気に飲み干す方も中にはいますが、水を一気にたくさん飲むのも翌日浮腫んでしまいます。水を飲むのは良いことなのですが、一気に大量の水を飲むのが良くないというだけで、お酒を飲みながらこまめに水を飲むのであれば問題はありません。

しかし人それぞれ体質がことなりますし、こまめに水を飲んでいてもその分お酒も沢山飲んで、塩分の高いおつまみや料理を食べていると翌日の顔のむくみを避けることはできません。ですが、お酒を飲んだ翌日にデートや大事な予定が入っている場合は浮腫んだ顔で外出したくありませんよね?

このような時もラシックス1錠飲むだけで、顔のむくみを解消してくれます

もちろんお酒を飲んでる最中や、お酒を飲んだあとすぐにラシックスを飲まないようにしてください。副作用の症状を強く感じる可能性がありますので、お酒を飲みすぎた時の顔のむくみを取るためにラシックスを飲むのであれば必ず翌朝使用してください。もちろん利尿作用がありますので、外出する2時間から3時間前までに飲むようにしてください。

ラシックスの効果③ダイエットに近い効果

ウエスト

さまざまなダイエット方法がありますが、最近はラシックスなどの利尿剤を使ったダイエット方法が話題になっています。利尿剤には身体のむくみを改善する効果があり、その中でもラシックスはむくみを解消する効果が他の利尿薬よりも高いため痩せることができると有名人やモデルの間で注目されています。

実際にラシックスを飲む事で痩せるのかというと、すべての方に効果が出るというわけではありません。たとえば長年むくみの悩みを持っている人の場合は、体全体の基礎代謝が低下していて痩せにくい体質になっています。「ダイエットをしてもなかなか痩せない」「太って見える」という方がラシックスなどの利尿剤を使用し、むくみを解消することが出来ればダイエット効果は期待できると言えます。

日頃から「夕方になると足がパンパンになる」「むくみが原因で太って見える」という方の場合には、簡単にダイエットになると期待されています。

空腹時にラシックスを服用すると約30分後くらいに尿意を感じ、約1~3時間後には顔や足のむくみが取れてスッキリします。このように短時間で効果が目に見えてわかることから、有名人やモデルも撮影前などにラシックスを飲んでむくみを取っている方が多いようです。

しかし、ラシックスには脂肪そのものを燃焼する効果はありません。ラシックスを飲んで痩せたとしてもそれは蓄積していた余分な水分を体外に排出しただけですので、排出した分と同じ水分量を摂取すれば体重は元に戻ります。

ラシックスはあくまでむくみを改善することができるものですからむくみで太っているという方はある程度痩せることが出来ますが、根本的なダイエットとしての有効性が高いというわけではありませんので注意が必要です。

ラシックスの効果④美肌になれる!

女性

ラシックスは老廃物を取り去ることができることから、むくみ以外にも美肌、トーンアップ効果も期待出来ます。体の中に老廃物が溜まっている状態が続くと顔や胸・背中などに大人ニキビ(吹き出物)ができたり、お肌の色がくすんでしまいます。

美肌だけのためにラシックスを使うことはオススメできませんが、足や顔のむくみが気になっている方がラシックスを使うと美肌、トーンアップにも期待出来るという事です。

利尿剤を摂取しすぎるとカリウムが欠乏したり、水分不足で脱水症状が起こる可能性があります。利尿剤を服用する際は、カリウムがうんと 含有しているバナナやトマト・ほうれん草などを積極的に食べるようにしましょう。また、こまめに水分補給をして下さい。もし、カリウムが多く含まれている食べ物を取ることが困難な場合は、サプリメントで補うといいでしょう。

ラシックの効果的な飲み方

投薬

ラシックスの飲み方ですが、症状により用量が異なります。むくみで使用する場合は、1日1錠~2錠(40mg~80mg)を水または、ぬるま湯で飲んでください。利尿作用の効果には個人差があります。初めてラシックスを使用する場合は、試しに1錠のみ飲んで様子を見てください。

1錠だけではいつもと変化が無いと感じる方もいます。1錠だけではあまり尿意を感じないという場合は、1日2錠飲んでください。しかしながら、効果が無いからと言って、1日の用量を超えて薬を飲むことは大変危険です。決して自己判断で用量を増やさないようにしましょう。

利尿効果がありますので、尿の量が増えます。体内の水分が足りないと脱水してしまう恐れがあるので、水分補給をしっかりしましょう。毎日ラシックスを服用することで、むくみが無くなります。

けれども健康な人が長期間ラシックスを服用してしまうと、排尿障害や腎臓の機能に悪影響がでるリスクがあります。むくみが気にならない日は薬を飲むことをやめるなど、ラシックス錠を飲まない日を設けてください。

飲むタイミング

服用するタイミングは自由ですが、利尿効果のある薬です。服用後、20分から2時間ほどお手洗いに行く回数が増えます。そのため、就寝前に薬を飲むと眠りの妨げとなります。夜、ラシックスを服用することは極力避けましょう。

また、長時間、車の運転をしなければならない時や仕事で会議がある日などは服用を控えたほうがいいです。その他にもラシックスを飲むとカリウム低下を引き起こすため、利尿剤アルダクトンと併用することでカリウムの低下を防ぐ事ができます。

美容目的で服用する場合

むくみやダイエットなどの美容目的で飲む場合は、むくみがひどいと感じる日に1日1回の服用で十分です。朝・昼・夜と1日に数回服用すると身体に必要な水分まで排出され脱水症状やフラつき、強い副作用が出る可能性が高くなりますので、むくみが気になる。ダイエット目的の方は1日1回だけ飲むようにしましょう。

効果がないと感じる原因と飲み方

色とりどりの錠剤

ラシックスを服用して「むくみを解消することができた!」と感じる人がいる一方、効果がないと感じる人もいます。その原因の1つとして、もともとむくんでいない場合があげられます。ラシックスは利尿作用のある薬ですから、身体に余分な水分がたまっている人が使用するとむくみを解消できたと実感することができます。

しかし、もともとむくんでいない人が服用したとしても変化を感じないことがあります。また、身体がむくんでいたとしてもある程度余分な水分を排出すると、体重が劇的に減るということ実感することができませんので、太っている原因に適しているのかを考えて使用する必要があります。

むくみが取れたか実感することができない場合は、ラシックスの飲み方に問題があるかもしれません。あまり良くないとされているのが、満腹状態の時にラシックスを服用することです。ラシックスは食後に服用しても問題はありませんが、満腹状態の時に服用すると効果を実感しにくいという人が多いです。

逆に空腹時にラシックスを服用している人の場合だと、効果を感じることができたという人が多くいます。ですから、食後すぐにラシックスを服用するのではなく、食前または食後3時間ほど時間が経過してから服用することをオススメします。

併用注意薬

薬

ラシックスとの飲み合わせに注意しなければならない薬がたくさんあります。他の薬と併用することで、副作用が強くなったり、利尿作用が強くなりすぎることがあります。現在、病気や治療中の方でラシックスの使用を考えている場合は、必ず医師にご相談ください。

ラシックスの併用注意薬は以下のとおりです。

  • 昇圧アミン
  • シクロスポリン
  • 降圧剤(ACE阻害剤など)
  • アミノグリコシド系抗生物質
  • 非ステロイド性消炎鎮痛剤
  • シスプラチン
  • ジギタリス剤
  • ツボクラリン
  • 糖尿病用剤
  • 糖質副腎皮質ホルモン(甘草含有製剤)
  • SGLT阻害剤
  • サリチル酸誘導体
  • リチウム
  • 尿酸排泄促進剤
  • カルバマゼピン
  • 強心剤
  • V2-受容体拮抗剤

また、下記に該当する人はラシックスを服用することで症状が悪化する恐れがあります。該当する人はラシックスを使用しないでください。

  • ・ナトリウム・カリウムが減少している人
  • ・スルフォンアミド誘導体に対して過敏症になったことがある人
  • ・無尿状態の人

その他、痛風や糖尿病を悪化させる恐れがあります。
また次のような人はラシックスを使用する際に注意が必要とされています。

  • 進行した肝硬変症のある人
  • 重篤な腎障害のある人
  • 重篤な冠硬化症または脳動脈硬化症のある人
  • 肝疾患、肝機能障害のある人
  • グリチルリチン製剤を使用している人
  • ジギタリス剤を使用している人
  • ACTHを使用している人
  • 糖質副腎皮質ホルモン剤を使用している人
  • 手術前の人
  • 下痢や嘔吐のある人
  • 減塩療法をおこなっている人
  • 本人または親族に痛風、糖尿病のある人
  • 妊婦、または妊娠している可能性のある人
  • 授乳中の人
  • 小児、高齢など

治療中の病気や別の薬を飲んでいる人は、ラシックスを使用する前に必ず医師にご相談ください。

飲み合わせ・食べ合わせ

ラシックスを服用する前やラシックを服用する際に牛乳では飲まないようにしてください。飲み合わせが悪いということではありませんが、牛乳を飲むと胃に膜が張ります。そのため、薬の吸収が遅くなってしまい、効果が弱まる恐れがあります。それと同じように、油分の多い食事をすると胃に膜が張ります。

ですから、ラシックスを服用する前に油分の多い食事は控えましょう。(例えば、ステーキやカレーライス、ラーメン、天ぷら、から揚げなど)
食後に服用したいという場合は、油分の少ない蕎麦やうどん、お寿司などあっさりした物を食べるようにしてください。また、よく薬とグレープフルーツジュースの飲み合わせは良くないとされていますが、ラシックスも同じです。

グレープフルーツジュースで服用すると、強い副作用が現れる可能性があります。他にもラシックスの副作用の症状は、アルコールを飲んで二日酔いしたときと同じような症状が現れます。服用時にアルコールを飲むと副作用の症状が強く感じる可能性があります。 そのため、服用するときは飲酒を控えるようにしましょう。

用量・服用方法をしっかり守ることで、安全にむくみを解消することができます。

ラシックスの種類と違い

薬

ラシックスには10mg/20mg/40mg/ジェネリック薬などの種類と用量があります。ラシックスは高血圧の治療とむくみの取り除く医薬品ですが、『高血圧の場合は○mg服用する』『むくみを改善する場合は○mg服用する』等の決まりがあるわけではありません。

通常は1日1回40mg~80mgを服用する事とされていて、病気によって用量を加減する必要があります。添付文書上では、これよりも少ない用量や多い用量を使用する事も出来るようです。ですから用量による効果の違いは、高血圧やむくみの改善効果の違いという事になります。

はじめてラシックス錠を使用する方の中には、薬の効き目を感じないという方もいます。ラシックス錠を飲んで1~2時間経過しても尿意を感じないという理由で、さらにもう1錠飲んだり翌日40mg×2錠。40mg×3錠を飲むと大変危険ですので、「利尿効果を実感しない」「一気に水分をとって体重を減らしたい」などの焦りで過剰摂取しないように気をつけて下さい。

ラシックスに限らずどんな薬でも、自己判断で用量を増やしたり減らすような事はしないようにしましょう。ただし、美容目的でラシックスを使用しようと思っている方のほとんどが病院からの処方ではなく、海外通販で購入している事が多いかと思います。

美容目的でラシックス錠を飲む場合は最初から80mgを服用せず、少量から飲みはじめることをオススメします。最初から80mgや1日の用量を超えて服用してしまうと、副作用のリスクが高まりとても危険ですので注意して下さい。

ラシックスの副作用

副作用

ラシックスは、利尿作用が強い分、もちろん副作用がおこる可能性もあります。ラシックスは腎臓に作用し、強力な利尿作用があります。ですので、長期間ラシックス錠を服用していると排尿障害や腎臓の機能に悪い影響が出る恐れがあります。

通販でラシックス錠を買う場合は、長期間続けて服用しないようにご注意ください。 病院から処方され、服用方法・期間をちゃんと守っていたとしても、1ヶ月間毎日かかさず薬を飲むような事はさけてください。

また服用方法を守っていたとしても、人によっては薬が効きすぎてしまう事があります。利尿効果で体にたまった水分を排出する一方、脱水症状が現れてしまったり、めまいや脱力感といった副作用を引きおこす事があります。

その他、以下のような副作用の症候が現れる可能性があります。

頭痛・吐き気・嘔吐・下痢・耳鳴り・ふらつき・だるい・脱力感・口・のどの渇き・食欲不振

体調が悪い時に服用してしまうと、立ちくらみやひどいめまいといった症候が現れる可能性があります。体調がすぐれない時は、ラシックス錠を使う事はオススメ出来ません。また血圧が下がりめまいを起こす可能性もあります。

車の運転や高所作業は危険ですので、極力控えてください。特に高齢の方に副作用の症候があらわれやすいので、用心してください。重い副作用はめったにありませんが、以下のような症候が現れる場合があります。

  • ●ショック、アナフィラキシー:息苦しい、手足の冷え・しびれ、めまい
  • ●不整脈:動悸
  • ●腎臓の重い症状:だるい、吐き気、腰痛、尿が少ない・出ない、血尿、尿の濁り・泡立ち
  • ●間質性肺炎:空咳、息切れ、息苦しい
  • ●重い血液成分の異常:発熱、口内炎、血豆、青あざ
  • ●重い皮膚・粘膜障害:水ぶくれ、皮がむける、かゆみ、のどの痛み、口内・唇のただれ

ラシックス服用後にひどい痛みや、普段と様子が違うと感じた場合はラシックスの服用をやめてください。そして、なるべくはやめに医師へご相談下さい。ラシックスに限らず、どんな薬でも副作用が起こる可能性があります。服用後に少しでも気になる症候が現れた場合は、医師へご相談ください。

依存症に注意

ラシックス錠に限ったことではありませんが、薬だけに頼ると依存症になる恐れがあります。ラシックスは精神に作用する医薬品ではないので依存する可能性は高くはありませんが、即効性のある薬なので飲まないと不安。毎日飲んでむくみを取るのがあたり前になっている生活を送っていると依存してしまう事があります。

特にダイエット目的で使っている人は注意してください。本来はダイエットの為に使う医薬品ではありませんので、それほどむくみがない日に使っても劇的に痩せる事はありません。

また毎日飲みつづけると低カリウム血症、低ナトリウム血症を引きおこす恐れがあります。低カリウム血症はカリウムを多く摂取すれば改善するとは限らないので、依存しないように気をつけましょう。もし自身で依存しているかも・・・・と思ったら用量を減らしたり、飲まない期間を設けるようにしましょう。

依存しない為にも、むくみ改善・ダイエットなどの美容目当てで使う場合は毎日続けて飲まないようにする。むくみが大したことない時は薬を飲まない。適度に運動やマッサージを行いラシックスだけに頼らないようにするとよいです。

ラシックスに関する疑問

質問

ラシックスの体験談(筆者)

実際にラシックス40mgを注文して服用してみました。はじめて飲んだ日は夕食後に1錠40mgを飲みました。30分経っても、1時間経っても強い尿意を感じることがなかったので、後日空腹時に服用してみました。服用して1時間後に尿意を感じ、6~7回ほどトイレへ。15分~20分間隔でトイレに行ったのですが、毎回大量の尿が出ました。

薬を飲む前の体重は48.6kgだったのが、尿意を感じることがなくなったくらいに体重計に乗ってみると46.6kg。ちょうど2kg体重が落ちました。日頃から足のむくみが気になっていたのですが、パンパンに張っていた足のむくみが無くなり久しぶりにスッキリとして足を見ました。朝、鏡のうつった自分の顔を見ると腫れぼったかったまぶたもスッキリ。いつも足のことばかり気にしていたせいで、顔までも浮腫んでいたとは・・・・。

実ははじめて飲んだ時にほとんど尿意を感じなかったので、今回もあまり期待せず服用しました。そのため就寝前に服用。寝る前に飲んでしまったため強い尿意で何度も目が覚めて案の定、睡眠不足に・・・・。それから夜中に何度も目が覚めるのを避けるために喉が渇いて水が飲みたいと何度か思いましたが、飲んだ分またトイレに行きたくなるのかと思い水分補給をしませんでした。

すると次に尿意を感じてトイレに行く際、少しフラつきを感じました。恐らく軽い脱水症状を引き起こしていたのかもしれません。むくみには確かな効果を感じることができましたが、ラシックスを飲むタイミングに気をつけた方がいいかもしれません。

ラシックスのジェネリック医薬品を紹介

ラシックスにはジェネリック医薬品も多く発売されていて、次のようなジェネリック医薬品も販売されています。

■フロセミド

フロセミド

■フレティック

フレティック

これらのジェネリック医薬品は、先発薬であるラシックスと同じフロセミドという有効成分が入っていますのでラシックス同様、むくみを取ることが出来ます。

ラシックスをもう少し安く買えるのでは?という気持ちから、ラシックスのジェネリック薬について調べたことがある人も少なからずいるのではないでしょうか。

ジェネリック薬と聞くと、先発薬よりも薬価が安いというイメージがあります。ですが、ジェネリック薬であるフロセミドとフレティックに関しては、先発薬よりも少し高めの設定になっています。同じ成分で、全く同じ効果があるのであれば薬価の安い先発薬のラシックスを購入した方がお得です。

ラシックスに限ったことではなく、他の医薬品に関してもジェネリック薬よりも先発薬の方が安い薬が存在します。薬代を節約したいと思っている人は、どちらが安いのか調べてから注文することをオススメします。

ラシックスのまとめ

利尿作用のあるラシックス錠を飲む事で身体の余分な水分や老廃物を排出し、簡単にむくみを取り去る事が出来ます。効き目が早いということもあり、芸能人やモデルの間でも評判のある利尿剤です。日頃、足のむくみを気にしている人やリンパマッサージやエステなどを試してもむくみの症状がつづいている方。むくみ解消に効果のある飲み物を飲んでみても思うように改善できなかった方にはラシックスがオススメです。

ラシックスは海外通販を利用する事で、どなたでも簡単に買う事が可能ですが、医薬品ですので必ず用量・用法をきちんと守りましょう。毎日ラシックス錠を服用しつづけることはせず、特にむくみがひどいと感じるときや、ここぞ!という時に使うようにすると良いでしょう。

また海外通販では安い値段で売られているのですが、薬の価格が安すぎる場合は有効成分が入っていない偽物という事も無くはありません。購入する前は口コミなどを参考に信頼できる通販サイトを利用しましょう。

TOPに戻る