近年若年化が進むED(勃起不全)は男性にとっての大きな悩みとなり自信損失にも繋がります。EDにならないためにも改善法をしっかり認識しておきましょう。

EDの改善法

うつむく男女

ED(勃起不全)の改善は若いうちや早めに行うほど良いとされています。症状は人それぞれ異なり、「たまに勃起しなくなる」「中折れするのが多い」「興奮しても全く勃たない」という具合に分かれます。いずれにせよ満足に性行為が行えない症状です。

しばらく性行為が行えなくなると不安になり、病院に行ってすぐにED薬を処方してもらう人もいれば、気のせいだと放置してしまい改善できる症状でも後回しにして手遅れになる可能性があります。

もし重症化となるとその分治療までのお金・時間・労力などが必要になってきます。もちろん治すまでの根気強さも欠かせないでしょう。「まだ自分は若いし大丈夫」といった事は理由にはなりません。

年々若年層の患者も増えているため、不安になったらすぐに病院で検査してもらうか改善するための生活を送るようにするのが一番です。なかなか病院へ行くのが面倒だと考える人は、自身で改善できる方法がいくつかありますので取り組むようにしましょう。

これらの症状を改善するためには、普段の生活習慣を見直しながら意識して実践する事が大切です。ED治療薬は短時間で勃起を促す即効性が優れているので頼るのもよいですが、その場しのぎで放置してしまってはEDの改善には繋がりません。むしろ症状が悪化してしまう事が考えられます。

もともと誰もが勃起する健康な体を持っていました。それがやがて身体的な理由や心理的な理由によって勃起不全を起こすようになるのです。EDは陰茎部の血管機能が動脈硬化の影響で衰えたり、異常を起こす生活習慣病の一部と考えられています。

したがって、毎日の生活を少しずつ変えていけば今よりも症状を改善できるのです。本人が「絶対に改善しよう!」という意識が芽生えれば、きっと前向きに取り組めると思います。

EDの改善法にはED薬を用いた投薬改善・毎日の食事改善・質の高い睡眠改善・定期的な運動改善などが主に挙げられます。それぞれの改善法について詳しく紹介しますので参考にしてください。

ED薬で改善

ED薬

EDは症状に合わせた治療が有効的だと言われています。バイアグラ、カマグラは中折れ等の中程度の症状に効果的です。レビトラ、バリフは勃起をするのに時間が掛かる人にとって効果的です。シアリス、メガリスは勃起の継続が困難な人にとっては打って付けのED薬でしょう。自分のEDの症状を知る事はとても大事な事です。

これらの薬は病院でも入手できますが、保険適応外の自由診療となるので費用も高く掛かりますが、通販を利用する事で治療費用はかなり抑えれます。通販を利用する事で通院に掛かる手間も省けます。

そして通院となると知人、友人に通院してる所を見られてしまった、または院内の中でバッタリ会ってしまった等、そういった事もなく、誰にも知られずに治療できます。購入方法もとてもシンプルで分かりやすく、目的の薬をカートに入れて、お支払い方法を選択し、届けて欲しい住所を入力するだけです。後は薬の到着を待つだけでいいのです。大体は10日前後で到着します。

毎日の食事改善

健康的な食事

私たちは毎日何気なく食事を摂っていますが、人それぞれ食事の内容は異なります。しっかり1日3食摂る方もいれば、1日1食に抑える方もいます。 また、食事は人によって食べ物の好みがあり、摂取される栄養バランスも異なります。

健康な体を作るにはバランスの保たれた栄養摂取が良いのは多くの人に認識されていると思います。しかし、食事を摂っても栄養が体内にしっかり取り入れられているとは限りません。日常で摂取する栄養素は限りがありますが、その中でも特に生殖機能と精力を高めるのに有効となるのが以下の栄養素です。

・ビタミン(納豆・山芋・うなぎ・アボカドなどに多く含まれる)
・ミネラル(あさり・しじみ・アスパラガスなどに多く含まれる)
・亜鉛(牡蠣・レバー・チーズ・ココアなどに多く含まれる)
・アルギニン(牛肉、鶏肉、えび、ごまなどに多く含まれる)
・セレン(マグロ、カツオ、明太子、うになどに多く含まれる)

ビタミンやミネラルは疲労回復や新陳代謝を上げ、男性の生殖機能を高める効果があります。亜鉛やアルギニンは男性ホルモンを生み出し、多くの精子や精液を生成するのに欠かせない栄養素です。セレンは動脈硬化を防ぐ効果と血液の流れを良くする働きを持っています。

これらの栄養素を他の料理と一緒に絡めるなど、普段の食事から積極的に取り入れる事を意識しましょう。上記の栄養素は和食でよく使われる食材であり、摂り入れやすい栄養素です。毎日の食事を意識すればED改善へと繋がるのです。

質の高い睡眠改善

眠る男性

睡眠はただ長時間とればいいわけではなく、眠る時間帯と睡眠時間によって質が良いか悪いかを左右します。 質の高い睡眠が得られれば、朝からスッキリと起きれて体と脳も軽くなりフレッシュな状態でスタートを切る事ができます。1日の仕事や活動する上でも高いパフォーマンスを発揮できるでしょう。

対照的に睡眠不足では1日のパフォーマンスが低下するだけでなく、気持ちが荒くなったり不安やストレスを溜める原因にもなります。睡眠不足の生活を続けては男性ホルモンがどんどん減少してしまい、あらゆる意欲の低下にも繋がります。ED改善には男性ホルモン量が深く関わっているため、質の高い睡眠が欠かせません。

毎日の睡眠には、体の回復や脳を活動をしっかり休めるという非常に重要な役割を担っているのです。より質の高い睡眠を得るためにも以下の行いを心がけましょう。

・夜10時~深夜2時までの間に就寝する
・1日約6時間~7時間の睡眠を心がける
・睡眠リズムを整える

まず睡眠に就く時間帯ですが、男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が活発になる夜10時~深夜2時の間に就寝するようにしましょう。成長ホルモンがしっかり分泌されている時間に眠りに就けば、しっかり体の回復と脳を休める事ができます。

睡眠時間については、1日約6時間~7時間が良いと脳科学研究の観点から推奨されています。6時間以上の睡眠で脳脊髄液(のうせきずいえき)が脳に溜まる老廃物を一掃するよう働き、翌朝起きた際に脳がリセットされてフレッシュな状態になります。

睡眠リズムを整えることも大事です。毎日決まった時間帯に眠りに就ければ生活にリズムが生まれ、自身でも体調管理がしやすくなり精神面でも安定するようになります。毎日このような質の高い睡眠改善に取り組めば、きっとEDの改善にも繋がることでしょう。

定期的な運動改善

ジョギングする男性

定期的に運動するメリットには血管が拡がり全身を巡る血液の流れが良くなる事が挙げられます。体の隅々に溜まっていた老廃物が取り除かれてサラサラな血液へと生まれ変わります。勃起不全は血管の衰えが一つの原因になっているため、血行が良くなるのはED改善に繋がります。

また運動には体の筋肉を刺激するため男性ホルモン(テストステロン)の分泌を促す効果があり、体を若返らせる事ができます。特に下半身を鍛えるのは勃起不全の改善に有効です。男性は30代以降から体の衰えが見え始めるので、性機能を高める筋力を低下させないように意識して定期的な運動改善に取り組みましょう。

他にも汗をかいて気分がリフレッシュされ、ストレス解消にもなります。日常生活の中で溜まりやすい不安やストレスを軽減できれば、リラックスした気持ちで毎日を過ごせるようになります。

長距離マラソンや短距離走などの特に激しく体を動かす必要はありません。特にオススメされているのが有酸素運動です。特に1日20分~30分ほどウォーキングや軽いジョギング程度が良いと推奨されています。週2~3日ほど実施するだけでも体中に酸素が取り入れられて血流が良くなります。

運動が苦手な方にも取り入れやすいため、続けやすく健康改善の効果が得られやすいメリットがあります。有酸素運動によって全身の血行が促進されて、太ももなどの下半身強化はED改善にも大変有効です。ぜひ定期的な運動改善を心がけてください。

精力剤

精力剤サプリメント

ドラッグストアやコンビニなどの市販店で簡単に購入ができる精力剤ですが、医薬品とサプリメントの2種類に分かれて販売されています。値段も安価ですぐに手に入る物や、高価でなかなか手が出せない物まで様々な種類が存在しています。

医薬品に用いられる精力剤は、ビタミン剤やニンニク抽出成分などが配合されており滋養強壮に良いとされています。サプリメントの精力剤では、ビタミン・ミネラル・鉄分などの植物由来成分が配合されて、体に必要な栄養素を補えるようになっています。

どちらも栄養補給・ホルモン分泌・疲労回復を目的にしており、体を元気にする働きを持っています。しかし、服用した後すぐに勃起を促すような即効性や作用に大きな期待はできません。また食事を疎かにして栄養バランスが偏っていた場合は、精力剤を飲んでもあまり効果が得られません。

当然ながら精力剤やサプリメントには、たとえ性欲が上がるような作用があったとしても、ED薬のように勃起不全を改善する働きは持っていないのです。

したがって、精力剤を求める方でも効果の少なさに納得できず、後にED薬へと流れ着く傾向が見られます。すぐに勃起不全を改善したいと考えるなら、医学的に勃起効果が証明されているED薬を使用するのがオススメです。

ED1000

ED1000

現在の最先端技術であるED1000は、男性の陰茎に直接低衝撃波を当てて勃起機能を回復させる血管再生医療です。陰茎部の毛細血管を増強・改善させて血流を良くして勃起不全を改善します。ED患者への臨床実験でも約80%の方に勃起効果が得られて高い精度を誇り、特に血管細胞の劣化が見られる40代~70代の方に勧められています。

尿路結石の粉砕や、狭心症の治療にも用いられる事があります。日本国内でED1000を導入している専門機関は少ないですが、陰茎への痛みがなく副作用もないため、安全且つ精度の高いED治療方法として期待されています。

処置はマシンによって陰茎5箇所に低衝撃波を直接照射して行います。照射されると陰茎にある毛細血管が低衝撃波による刺激を受けて、細胞増殖因子と細胞核が形成されます。すると新しい毛細血管が次々と誕生します。1回の処置時間は20分程度で済み入院するような事はありません。治療期間は約3ヵ月間で1クール(計12回)の処置で治療完了となります。

気になる処置料金は病院によって異なりますが約30万円~40万円前後とかなり高額になるため、誰でも受けられるようなED治療法とは言えませんが治療薬で改善されない方への最終手段として十分期待できる治療法です。治療額が高くて十分といえるような実績が得られていませんが、今後はED治療の主流となる可能性を持っています。他に尿路結石の粉砕や、狭心症の治療にも用いられています。

勃起の仕組み

下着姿の男性

ED(勃起不全)の症状は人によっても様々ですが、いずれにしても共通するのが勃起に対して何らかの障害を起こしているということです。では、正常な勃起はどのようにして起こっているのでしょうか?

勃起するまでの仕組みについて詳しく紹介します。まず勃起するためには陰茎の海綿体へ大量の血液を送り込む必要があります。

そのためには性に対しての欲求を高めることが欠かせません。脳内での性欲が高まったり性的刺激が起こると興奮状態になり、やがて脳から脊髄の中枢神経を介して陰茎への血流を促すように指令を出します。

すると脊髄からの指令を受けて陰茎の海綿体へ血液が大量に送られて面積が膨れ上がり勃起するようになるのです。したがって、勃起するためには「脳内で性的欲求が高まったり性的刺激を受けて興奮度が増す」「脳から指令を受けた脊髄の中枢神経が陰茎へ指令を出す」「陰茎の海綿体へ多量の血液が流れ込むという3つの条件が揃うことが必要となります。

つぎにED治療薬を服用して勃起するまでの仕組みについて紹介します。勃起するためには常に体内に存在して一定以上に量が増えすぎると勃起の障害となるPDE5(ホスホジエステラーゼ5型)の働きを阻害しなければなりません。

PDE5は射精した後に活発化しやすくなり勃起を抑えようとする働きを持っていますが、EDの症状を患っている方は身体的や精神的な理由によってPDE5の量が多い状態になっています。

ED治療薬はPDE5の活動を阻害して陰茎の海綿体に血液を大量に送り出すよう体に働きかけて勃起を促しています。EDの症状に悩んでいる多くの男性に対して、勃起を促すのには欠かせない大きな役割を持っているのです。

勃起から射精するまで

ベッドの男女

勃起すると陰茎部の海綿体が大きく膨らみますが、射精するまでの流れについては意外と知らない方が多いです。イメージからすると勃起から射精に至るまではあくまで一連の流れだと思う方が大半ですが、実は勃起には副交感神経が関わっていて射精には交感神経が関わっているということをご存知でしょうか?

極度の緊張や大きな不安やストレスなどの悩みを抱えている場合、思うように勃起できないと経験したことがあるという方は多いはずです。勃起は副交感神経が働いて精神的にリラックスしている状態ほど起こりやすいです。

したがって、セックスする際には精神的にリラックスすることが大切になるのです。これに対して射精が起こるのは主に興奮して交感神経が働いている状態です。興奮度が高まりアドレナリンが増加して活発になっている状態に射精しやすくなります。

勃起して射精するまでの過程は体の中で副交感神経から交感神経へと自動的に切り替わっています。射精した時に得られる快感は、副交感神経が交感神経へと瞬間的に切り替わった際に得られるものなのです。

自律神経はこの2つの神経によって成立しています。過剰なストレスを溜め込んだり男性ホルモンが著しく低下すると自律神経の乱れに繋がり、後に勃起不全になることが考えられています。したがって、勃起から射精するまでの過程は全くの別物と捉えましょう。

勃起の硬さを表す指標

リンゴ

ED(勃起不全)に悩んでいる男性の中でも勃起ができている方や全く勃起ができない方など人によっても症状に違いがあります。セックスをするには勃起が欠かせませんが、加齢や体力の衰えによって勃起の硬さや大きさも次第に変化が見られるようになります。その勃起の硬さやスケールを表す指標となっているのがEHSです。

Erection Hardness Scoreの略語で、ED患者の症状を指標にすることや治療の進行具合を確認する上でも役立っています。たとえば勃起力が弱まったことに自身で気付いたとしても具体的に指し示すものがありません。しかしEHSによって勃起力が弱くなった際の指標を客観的にすることで、より勃起の強度が明確になり分かりやすくなりました。

現在でも病院などED治療の現場で勃起の強さをレベル別に判断するのによく用いられています。EHSは大きく5段階のグレードに分けることができます。EDの症状に悩んでいる男性は勃起した際の硬さをEHSと比較して自身の症状をしっかり把握しておきましょう。

・グレード0
全く勃起せず陰茎の大きさや硬さも変化が見られない硬さなし

・グレード1
多少陰茎は大きくなるが硬さは十分ではない硬さのイメージ:こんにゃく

・グレード2
陰茎が大きくなり硬さがあるものの挿入には十分ではない硬さのイメージ:みかん

・グレード3
陰茎が大きくなり挿入にも十分な硬さだが完全ではない硬さのイメージ:グレープフルーツ

・グレード4
陰茎の大きさが十分になり硬さも完全に硬直している硬さのイメージ:リンゴ

勃起の持続について

砂時計

服用すると力強い勃起が得られるED治療薬ですが、愛用者からは勃起の持続力にも定評があります。しかし長い時間をかけて勃起が持続するには体の中で一体どのようなことが起こっているのでしょうか?

たとえ勃起できたとしても持続できなければ、セックスしている際に中折れを起こしてしまう可能性があり勃起改善されてもあまり意味がないと言えます。

長い時間をかけて勃起を持続させるには、陰茎の海綿体に流れる血液量を増やし続けることが不可欠です。ED治療薬には陰茎の海綿体に対して血流を改善させる働きを持っており、勃起を促しながら持続させる効果も優れています。

また薬の種類によっては持続時間の長いタイプのED治療薬も存在しています。他にも勃起の持続力を高めるために自らトレーニングに取り組んで地道に努力する方法もあります。特に下半身の筋力を鍛えるのが勃起の持続力を高めるのに有効とされています。

スクワットで太ももやお尻周りの筋力アップに繋がり、陰茎の根元部分も同時に鍛えることができます。スクワットする際は腰に大きな負担をかけないために、両足の幅を肩幅と同じように開いて1セット10回程度を1日に合計2~3セット行うのが理想です。

無理なく体を動かしたい方には1日20分~30分程度のウォーキングがオススメです。有酸素運動で毛細血管を増やして体の血液循環で勃起力と持続を高めるのにも効果があります。このように勃起の持続力を高めるには、ED治療薬を服用することや筋力トレーニングを取り入れる方法があります。いずれにしても前向きにコツコツと取り組むことが大切です。自身にとってどちらが取り入れやすいかを考慮して活用してみましょう。

勃起と包茎

股間を押さえる男性

ED治療薬によって力強い勃起が得られるのは勃起不全に悩む男性にとって大変心強い存在です。しかし、勃起の悩みが解消しても包茎に悩んでいる方は少なくありません。包茎とは陰茎の包皮が亀頭部を覆っている状態のことをいいますが、成人男性の約6割が何らかの包茎症状に悩んでいるという事実があります。

陰茎部の衛生面に関しても良いものではありません。男性にとっては強いコンプレックスを抱える要因になり、他人に言えるようなことではなくなるべくは内密にしておきたいと思える男性特有の問題です。

妻や彼女などのパートナーからもあまりいい目で見られることがなく、セックスの際にしっかり勃起ができたとしても包茎であれば満足のいく射精ができず何だか物足りない気持ちで不完全燃焼に終わってしまうことになります。

また子作りを考えている方は大きな障害にもなることでしょう。やがてストレスを抱え込むようになったり、陰茎を他人に見られることやセックスに対してネガティブなイメージを持ってしまうようになりますED治療薬は勃起力を高めて陰茎を大きくしますが包茎症状を解消するような薬ではありません。

包茎症状に悩んでいる方は病院やクリニックでの手術を受けて包茎治療することをオススメします。しっかり治療できれば満足いくセックスライフを楽しむことができるでしょう。

朝勃ちとED

股間を見て驚く女性

朝勃ちとは男性特有の生理現象ですが、実はEDとの関係が深いことはご存知でしょうか?眠りに就くと知らない間に浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠が交互に訪れてきます。

朝勃ちは浅い眠りであるレム睡眠の時に起こっています。生理現象なので性的な欲求や夢とは無縁に起こる症状です。これは夜眠っている間に陰茎の海綿体に対して血液を送り込んで勃起するためのメンテナンスを行っているのです。

眠りに就いてから朝目を覚ますと朝勃ちしているということは少なくありませんが、この生理現象が起こるのが極端に減少したり全く無くなってしまうと少なからずEDの兆候があると考えられています。もし陰茎の血管や神経に異常があると勃起に何らかの障害が起こりますが、朝勃ちが起こるということは勃起機能に関して何も問題がないことになります。

朝勃ちがあることは健康の証であり正常な勃起機能を確認できる貴重なバロメーターともいえるのです。しかし朝勃ちのことばかりを考えて神経質になる必要はありません。

必ずしも朝起きるタイミングがレム睡眠中とは限らないからです。若い頃のような力強い勃起が得られなくなったり勃起の持続が短くなり、EDへの自覚症状がある場合として1つのバロメーター程度に覚えておくとよいでしょう。

膣内射精障害とは?

女性にストップを促す男性

通常のセックスは女性の膣内に男性器を挿入して行うものです。女性は膣内で男性の陰茎から刺激を受けて快感を得られ、男性も女性の膣内で陰茎が刺激を受けてやがて射精へと達します。しかし近年は膣内射精障害に悩む男性が増加しているのをご存知でしょうか?

膣内射精障害とは女性の膣内に挿入する際に勃起が収まってしまったり、挿入できたとしても何らかの原因によって女性の膣内で射精できない症状のことを指します。どのような女性に対しても射精できないことや、ある特定の女性だけに対して射精できないこともあります。勃起機能自体に問題はないのでED(勃起不全)の症状とは全く異なります。

男性側にとって勃起する能力があるにも関わらず膣内で射精できないことは致命的ともいえます。自分の不甲斐なさや今後のセックスに対してもネガティブな気持ちを抱いてしまいます。またパートナーとなる女性側にも「もしかして私に魅力がないから?」と精神的に傷つき落ち込んだりと大変不愉快な気持ちにさせてしまうことでしょう。

このようなセックスに対する不満が大きくなると、お付き合いをしている彼女や共に生活する妻との関係を崩してしまうこともあります。子どもが欲しいと考える夫婦にとっては妊活への大きな障害となるでしょう。男性にとって自身のプライドを大きく傷つけるものであり、今後のセックスに対するモチベーションにも強く影響を及ぼしてしまいます。そうならないためにも膣内射精障害についての知識を高めましょう。

膣内射精障害の原因

落ち込む女性

男女ともにセックスに対するモチベーションを下げる影響のある膣内射精障害ですが、原因にはどのようなことが考えられるのでしょうか?人によっても様々な原因がありますが、主にマスターベーションなどの自慰行為によるものが大きいと考えられています。定期的に行っているマスターベーションではしっかり射精できるものの、セックスではうまく射精できないという男性の意見が多いようです。

特に若年層はセックスに対する大きな憧れを抱きがちで、実際にセックスする際には極度の緊張によって膣内でうまく射精できないということが挙げられます。もしマスターベーションの頻度が多い場合、セックスでの刺激に対して思うような快感を得られなくなることがあります。

依存することのないように意識しましょう。他にもパートナーとの過去のセックスに対するトラブルから大きな精神的ダメージを受けて膣内射精障害へと直結することも考えられます。このような場合は、まずセックスの際に生じる精神的ストレスを和らげる必要があります。

そのためにはパートナーとのセックスで経験を増やして少しずつ自信を得る方法や、病院の心理カウンセラーに相談して問題を解決するなどの心理療法があります。経験を増やして自信を得たり他の人に頼りながらも膣内射精障害を克服することができます。自身の症状を把握して早めに治療に取り組むことが重要となります。

膣内射精障害に悩む人は多い

落ち込む男性

このような膣内射精障害に悩む人は近年増加してますが、海外では特に取り上げられるほどの注目はされていません。主に日本国内で膣内射精障害を抱えている男性が多い理由としては、子供の頃から学校での性に関する教育が極端に少ないことが影響しているといわれています。そのため日本人は性への関心に目覚める年齢も海外と比べて遅いという特徴があります。

義務教育の中で性教育が少ない分、やがて性に関する情報を何かと独自で入れようとします。現在ではネット中にアダルト動画などが多く氾濫しており、何かと女性の裸体などに興味を抱きイメージしやすい環境になっています。しかし、これまでのイメージと異なり実際に行う女性とのセックスとのギャップに苦しむことがあります。このようなことが原因となり膣内射精障害へと繋がるのです。

膣内射精障害に悩む男性は全体の約1割程度といわれてますが、実際には潜在的にもっと多くいるようです。主に若年層が中心となりますが、長年一緒に付き添っている夫婦においても膣内射精障害に悩む方もいます。

そのような方はパートナーとのセックスに対してマンネリ化してしまい、相手から性的刺激を受けても興奮度が高まらず射精ができなくなる一種のED症状にも近いといえるでしょう。しかし、お互いへの愛情が薄れていくとセックスレスになりやがては離婚問題に発展することもあるのです。したがって膣内射精障害のことをもっと重大な問題として考える必要があります。

膣内射精障害と早漏の共通点

指をさされる男性

セックスでパートナーの女性を喜ばせたいと意気込む男性にとって早漏は大きく自信を損ねるものです。また相手側の女性にとっては不完全燃焼でモヤモヤとした気持ちだけが残り決して満足できません。お互いの関係性にもヒビが入ったりとかなり気まずくなり、何かと今後のセックスにも不安を生じるものです。

膣内射精障害とはセックスの肝心なラストで射精できずに不発に終わることですが、早漏と同様に男女ともに満足できずセックスに対しての大きな心残りになってしまいます。セックスに対する不満な点として膣内射精障害と早漏はどちらにしても女性から好まれないということが共通しています。

この2つの症状には早く射精してしまうことと射精ができないことの大きな違いがありますが、ともに自身の思い通りに射精することができないという似通った症状といえます。どちらにしてもセックスに対しての経験値が少ないことや精神的な不安を抱えていることが大きな原因の1つとなっています。

この2つの症状をそのまま放置していても時間が解決してくれる問題ではありません。今では治療薬や病院での定期治療、改善方法などもあります。自身の症状としっかり向き合うとともに治療や改善に向けて前向きに取り組みましょう。

膣内射精障害とEDの違い

疑問に思う男性

膣内射精障害とEDは男性が持つセックスへの悩みという部分は共通していますが症状については全く異なります。この2つの症状には勃起機能があるかないかという部分に関しての大きな違いがあります。

膣内射精障害の方はセックスがしたいという欲求や性的刺激がある場合にしっかり勃起することは可能ですが、EDの方は勃起機能自体に何かしらの問題があります。

そのためセックスに対する障害が少ないのは膣内射精障害の方といえるでしょう。症状の重さにもよりますが、EDの症状は勃起自体が思うようにできないため自然とセックスへのハードルが高くなってしまいます。セックスがしたいという欲求があっても行動ができないのは何とも歯痒く、子孫を残す能力を持つ男性にとっては大変ツライ思いを抱くことでしょう。

したがって、膣内射精障害に苦しんでいてもそれほど重く捉える必要はないのです。しかし、将来的には子供が欲しいと考える方にとって膣内射精障害は子作りに対しての大きな障害となります。

もし女性の膣内でうまく射精ができないとなると妊娠率は極めて低い確率になるからです。結婚してすぐにでも子供が欲しいという方は、まず膣内射精障害をしっかり治すことを先決に考えるべきでしょう。

ED治療薬とはどのような薬?様々な豆知識を紹介!

ED治療薬の豆知識

ED治療薬といえば「勃起不全を改善してくれる薬」「飲むと力強い勃起力が得られる」というイメージがありますね。実際に使用している方はリピート率が高いことからも、優れた勃起効果に満足している方が非常に多いということが分かります。ED(勃起不全)に悩む方にとってED治療薬は男性としての自信を取り戻せる貴重であり心強い存在です。

今では先発薬やジェネリックが次々と開発されるなど様々なED治療薬があります。新たに開発されたものは副作用を最小限に抑えて即効性を高めたり持続時間を大幅に伸ばすなど、時代とともに進化を遂げて多くのED患者を救っています。

今では通販サイトを利用して簡単に手に入れることが可能となり世間でも認知度が高まっているED治療薬ですが、普段から愛用している方でも勃起を促すということ意外は知らないことが多々あると思います。

世界初のED治療薬バイアグラの誕生には意外な歴史が絡んでいたり、副作用時の対応や連続服用のリスクなどは今後使用する上でも認識しておいた方がよいでしょう。これからED治療薬の豆知識をいくつか紹介します。ちょっとした知識を得ていることでいざ困った時にも充分に役立つと思いますので参考にしてください。

ED治療薬はもともと狭心症の薬だった?

薬の開発

今では通販で簡単に購入できるED治療薬ですが、世界で始めて販売された当時は大きな反響があり入手できるのは極僅かな人たちだけという大変な人気ぶりでした。意外かもしれませんが、ED治療薬はもともと狭心症の患者に対しての治療薬を研究開発している途中に勃起効果があることが偶然に判明したことをご存知でしょうか?

ED(勃起不全)に対しての治療薬がまだ開発されていない当時の医学では改善することや治すことは困難だと言われ、世間での一般的な常識では不治の病とされていました。しかしアメリカの製薬会社であるファイザー社が狭心症の治療薬を研究開発を幾度も進めていく途中で、偶然にも男性の勃起に影響する効果に気づきました。

狭心症治療薬の臨床実験対象となる患者から治療薬の回収をしたところ拒まれたそうです。そのことが気になって話を聞いたところ、服用後に勃起不全の改善や勃起力が高まったということが判明しました。こうして、狭心症に対して効果が見られなかった治療薬の思わぬ副作用からED治療薬が誕生するキッカケになったのです。

ファイザー社からすればまさに目から鱗の予期せぬ出来事ですが、すぐにEDの治療薬開発を目的とした研究や実験が進められるようになりました。こうして1998年にアメリカのファイザー社より世界で初めてのED治療薬として誕生したのがバイアグラです。販売された当時は世界中から大きな反響を受けて、EDに悩む男性の間ではバイアグラの話題で持ちきりになるほどでした。

その後、世界中の製薬会社でED治療薬の研究開発が行われるようになり、レビトラやシアリスなどのED治療薬が次々と誕生するようになりました。今では世界中に多くの愛用者がいますが、ED治療薬の誕生にはこのように意外なエピソードが隠れているのです。

ED治療薬の副作用がきつい時の対応

副作用に苦しむ男性

世の中には風邪薬や胃薬など様々な薬が存在しますが、どのような薬でも効果の反面として副作用があります。それはED治療薬でも例外ではありません。本来は病気や症状を治してくれるはずの薬ですが副作用を起こす可能性があるのは仕方がないことなのです。ED治療薬の主な副作用には軽い頭痛や目の充血・動悸・鼻づまりなどの症状が挙げられます。

特に性行為する際に支障を起こすような重い症状ではありませんが、副作用となるとやはり気になる方もいるでしょう。副作用の症状でも特に多いのが頭痛ですが一時的な症状で時間が経過すると症状は治まります。それでも気になる方は頭痛薬を飲んで対処するのがオススメです。

但し頭痛薬は食後に服用するため、食事によってED治療薬の効果が弱まることを想定するようご注意ください。副作用の症状にどうしてよいのか分からない場合は、考え込まず早急に医師へと相談してください。他にも副作用がきつい時の対応としてオススメなのがピルカッターの活用です。

ピルカッターは薬剤を簡単にカットしてくれる携帯性にも優れている器材です。ピルカッターでED治療薬を半分にカットして服用すれば効果は半減しますが、副作用を最小限に抑えることが可能です。ED治療薬を販売している通販サイトからも購入ができます。他のどのような薬にも使えるので1つ持っておくと何かと便利です。

ED治療薬を使うのは恥ずかしい?

うつくむ男性と笑う女性

ED(勃起不全)になることは男性にとって非常にショックが大きいです。これまで他人事と考えていた症状に「まさか自分が・・・」と深く落ち込んでしまうことでしょう。20代~30代の体が健全な時期の若年層で発症するとなると余計にショックは大きいと思います。しかし、現在では服用すると勃起不全を改善してくれるED治療薬があります。今では通販を利用して簡単に購入することができます。

まさにEDの症状に苦しんでいる方にとっては自信を取り戻す上での心強い薬だと思います。ですが実際にはじめてED治療薬を使う方の心理としては、やはり恥ずかしいというのが正直な気持ちだと思います。特に性の問題はいくら仲の良い友人でも相談しづらい問題です。

また病院に行くにも知り合いにあったら気まずいため、なかなか足を運ぶのには勇気がいります。でもこのまま放っておいてもEDの症状は一向に良くなりません。恥ずかしいという気持ちを振り切って一度ED治療薬を使ってみてはいかがでしょうか。きっと恥ずかしいという思い以上に、パートナーと満足いくセックスができる体になれる方が断然嬉しく感じると思います。

また近年では若年層からED治療薬を利用している方が増えています。経験者はED治療薬のリピート率が高く「一度使用することで全く抵抗が無くなった」という意見が圧倒的に多いです。ED治療薬を使うことは恥ずかしいことではないのです。自信を持ってED治療薬を使いましょう。

ED治療薬の連続服用のリスクとは?

連続服用のリスク

薬を服用する上では注意すべきことがあります。それは1回目の服用をした後に2回目の服用までには、ある程度の時間を空ける必要があるということです。ED治療薬も同様に服用した後は24時間以上を空けて服用するように勧められています。その理由として、連続服用することで副作用を起こすリスクが高まってしまうからです。

もし朝1錠を服用して夜1錠を服用した場合、24時間以上の時間を空けていないため通常よりも頭痛や鼻づまりなどの副作用を起こす確率を高めてしまいます。ED治療薬の効果を発揮する持続時間は種類によって異なりますが、短期間で連続服用することは体にとっても大きな負担となります。

薬は主に肝臓で分解されていますが、連続服用することにより肝臓にも負担をかけて悪化させてしまう恐れもあります。自身では想定できないような重大な副作用に陥る危険性があるのです。いくら体力に自信のある方や若い方でも連続服用はしないようにご注意ください。

体を壊してしまってはセックスする以前の問題になり、やがては自身の命を落としかねません。いまいちど、連続服用するリスクの高さを考慮すべきです。ED治療薬の正しい服用を心がけて、体のためにも安全に使用するように取り組みましょう。

ED治療薬で男女の愛を修復

見つめあう男女

ED治療薬を使用する目的は人それぞれだと思いますが、一番の目的は「パートナーと満足するセックスをしてお互いの愛を育みたい」「セックスでパートナーをもっと喜ばせたい」という思いを持った方が大半だと思います。特にセックスは男女のコミュニケーションには欠かせない重要なスキンシップの一つですが、もしも男性がEDを発症してしまうとセックスに対して消極的になりやがてはパートナーとのセックスレスに悩んでしまうことがあります。

近年はセックスレスに悩む夫婦やカップルが急増していますが、夫婦のケンカや離婚原因として挙げられることの1つがセックスレスです。セックスレスとは妻やパートナーがいるにも関わらず、1ヵ月以上もの間に性交渉を全く行わないことです。ひとつ屋根の下で共に生活する夫婦において長い間性行為をしていない場合、お互いへの気持ちが徐々に冷めてしまうということがあります。

そして徐々に会話が減りケンカが増え始めて・・・やがては離婚という悪循環に陥るといった具合です。ED治療薬は勃起不全を改善してくれる優れた薬です。服用するだけで短時間で強い勃起力が得られる大きなメリットがあります。このようなセックスレスに悩む夫婦やカップルを手助けしてくれる重要な役割を持っているのです。

セックスレスに悩んでいる方は積極的にED治療薬を使用することでパートナーとのセックスにも満足感を得られることでしょう。そうすればきっと男女の愛を修復できるはずです。

TOPに戻る