不眠症は何気ない行動がキッカケに!不眠は睡眠薬で改善できます。

原因

不眠症は「自律神経のバランスが狂い、交感神経の緊張が異常に興奮している」状態を言います。人間には体の隅々にまで張りめぐらされた末梢神経があり、自分の意思で動かすことができる「体性神経」と、動かせない「自律神経」に分けられます。

また自律神経には、体を活発にさせた時に現れる「交感神経」と、休ませたときにあわられる「副交感神経」があり、この交感神経が緊張したままでいると、不眠症の改善とはいきません。交換神経を興奮させるアドレナリンやノルアドレナリンが分泌されると血圧が上がり、瞳孔が開いてしまい結果、眠れなくなるというわけです。

<<日中の行動で不眠症に陥るパターン>>

①興奮するシーンがある
仕事や運動に集中し過ぎると、心と体は異常に興奮してしまいます。怒りや不安、悲しみといった感情や、スポーツが好きな人にとっては観戦することで興奮状態になる場合があります。

②カフェインの摂取
カフェインは眠気を覚ます作用があり、血中に流れたカフェインが脳までに達すると、覚醒作用は8~14時間と言われています。カフェインはコーヒーや紅茶、緑茶などに多く含まれていて、日頃から摂取していると睡眠の妨げとなってしまいます。

③眠るまでの過ごし方
眠る寸前までテレビやPC・スマートフォンといった光を発する画面を見続けていると神経が興奮してしまいます。 そのため、布団に入っても眠れず、特に眠るまで時間のかかる入眠障害の人は、布団に入っても2~3時間眠れないこともあるでしょう。画面を見ない、部屋の電気を暗くするといった具合に強い光が目に入らないようにし、神経に刺激を与えないようにしましょう。

その一方で、日中の生活改善によって解消できない不眠症の要因もあります。

・心理的な要因
対人関係、仕事関係、家族・親友の死など、何らかなストレスを抱えていることで起こる不眠症。ストレスを抱えた理由、特に眠れなくなった前後の出来事を思い出してみた時、解決策が明らかになってくることがあります。

・身体的な要因
怪我や関節リウマチなどといった痛みを伴う疾患や、じんましんや湿疹などの痒み、 喘息や頻尿、花粉症などが原因の不眠症。症状を治療することにより、改善されることがあります。

・精神医学的な要因
不眠を伴う症状として、精神・神経の病が原因となることは少なくありません。憂鬱な気分が続き、楽しいことが楽しめなかったりすると、うつ病の可能性も否定できません。慢性的な不眠症では、3分の1から半数が何らかのの精神医学的な疾患を持っているとも言われています。

・薬学的な要因
持病により服用している薬が原因で不眠症になることもあります。 代表的な薬としては抗がん剤、自律・中枢神経に働く薬、ステロイドなどがあります。

・生理学的な要因
旅行や出張による時差ボケや、受験勉強、昼夜逆転を伴う職場の勤務シフトなどライフスタイルの変化により、眠ろうとする機能が低下し妨げられることもあります。睡眠薬を使うにあたり、自分自身がどのようなパターンの症状なのかを見極める必要があります。

不眠症のパターンは大きく分けて4つ。
横になっても寝付けない「入眠障害」
眠りにつくも夜中に何度も目が覚めてしまう「中途覚醒」
設定したアラームより2時間も早く目が覚める「早朝覚醒」
ぐっすり眠れた気がしない「熟睡障害」
これら症状を一つ以上身に覚えがあれば不眠症と言えるでしょう。 その中でも特に不眠症の自覚症状で多いのが入眠障害と中途覚醒です。

入眠障害とは

悩み

入眠障害になる原因は様々ありますが、その中で多くの人が共通している代表的な原因があります。

一番多いのは、心理的要因です。例えば、
・仕事量や責任が重くのしかかっている
・任されている仕事に対し、自分の力量とバランスが取れていない
・営業成績に追われ、達成率に対する不安
・自分を押し殺して仕事優先に考える
・長時間労働を強いられる環境
・リストラへの不安

など、誰にでもあり得る経験が不安感を作り、それが頭いっぱいになって眠れないという状態を作ります。

あと、運動不足が原因で眠れないということもあります。
本来の睡眠の目的は「心と体の疲労を同時に回復する」ことです。一日の活動で人の体と心(または脳)は疲れが溜まると当然、作業効率は鈍ってきます。溜まった疲れは眠ることで解消されるものですが、仕事の内容によっては頭を使うことはあっても体を使う必要がなかったりします。

「会社までの移動は電車やバス」
「階段とエスカレータが並べば楽な方を選ぶ」
「PCの前で作業する時間がほとんど」など
一日の時間の中で意外と体を動かす機会がなかったりします。

このような生活を送ると人間は「脳は疲れているから早く休みたい。けれども体は疲れてないからまだ起きていたい」というように脳と体の天秤はアンバランスな状況になり、眠ろうと思っても眠れないといった入眠障害が起こりやすくなるというわけです。

中途覚醒とは

夜更かし

一方、中途覚醒は「夜中に何度も目が覚めるがその後すぐに眠れる」とか「目が覚めたとしても日中の生活には問題ない」というように通常の生活に支障がでない程度であれば特に問題に思う必要はないでしょう。 また高齢者の場合は、若い頃に比べ眠りが浅くなる傾向があります。なので夜中に目が覚めやすくなる生理的現象が起こりやすく、中途覚醒したとしても病気ではないということです。

では中途覚醒=不眠症となる場合、どのような状態を指すのでしょう。

中途覚醒によって治療すべきケースは、
1.寝てもすぐ目が覚めるような状態が一定期間続いている
2.一度起きるとなかなか寝付けない
3.これによって、一日の生活に障害がでている

これら三つがすべて当てはまる場合、不眠症の治療が必要と言えるでしょう。中途覚醒も入眠障害同様に心理的要因が大きいということです。

またその他にも
・対人関係の悪化
・家族・友人の死
・痛みや痒み、喘息、頻尿といった身体的な要因
・不安や憂鬱な気分で起こる精神的な要因
・服用している薬やカフェイン、アルコール、ニコチンなどで起こる薬理学的な要因
・時差ボケや受験勉強、仕事で昼夜逆転を伴うようなライフスタイルの変化によって起こる生理学的要因

これらを経験している人もなかなか寝付けない、夜中に目が覚めるといった症状が起こりやすくなります。つまり不眠症は日常生活を送る上で誰にでも起こり得る症状だということです。

ルネスタには即効性と適度な持続性があり、入眠障害と中途覚醒タイプの不眠症を抱えている人に最適な薬と言えます。

治療方法

病院

病院治療は難しい

国内でも不眠症は病気であるということ、そして治療ができるということがここ数年でだいぶ認知されてきました。不眠症も風邪と同じで薬で治すことができ、こじらせると完治まで長引きます。日本でも睡眠障害を専門とした医療機関が増え続けています。

「一日でも早く治してほしい!」という強い願望で病院に足を運んだ人もきっといるでしょう。

しかし、ここで多くの人が同じトラブルに遭います。それは、睡眠障害の診察の際、ほとんどの病院で予約が必要だということです。初診の時は、問診や検査などの準備に時間がかかり、風邪を引いた時のように急に来られても診察はできません。

しかも予約を取った場合でも診療は約一ヶ月先となることがほとんどで、またある病院では月の第一診療日のみしか予約受付できないところもあります。わらをも掴む思いで病院に行っても、断られて門前払い。そのような対応されると気が失せてしまいますよね。あと不眠症は薬を貰えばすぐに治るものではなく、時間をかけ治すものです。ですから通院が必要となります。

治療で通院する場合、不眠の症状により差はあるものの、初診は薬代込みで3000円~5000円。以降、再診ごとに3000円程度の治療費がかかります。また不眠症は精神疾患が原因で起きることもありますので必要な場合、カウンセリングを受けることになります。その際、別途費用がかかります。

仕事の影響で通院できる確証がない。行けたとしても毎回安くない治療費を払い続ける状況は精神的にも経済的に追い込まれる状況になり、その結果、病院へと向かう足は次第に遠のいていくでしょう。ですから、不眠症改善で病院を利用するのはあまりおすすめできません。

安心感を与えるルネスタ

錠薬ルネスタ

睡眠薬のイメージ

ルネスタについてこれまで書き綴りましたが、これをきっかけとして「睡眠薬使ってみようかな」と思ってくれると嬉しいです。でも「本当に使って大丈夫?」と疑念を維持する人もまだいるかもしれません。飲んだ瞬間にバタンと倒れ込む薬、依存にはならないのか、自殺する時に使われる薬…昔から睡眠薬にはネガティブなイメージが付いてまわります。

どうして、睡眠薬=怖いという印象があるのでしょう。それは1900年頃に販売されたバルビツール酸系睡眠薬が原因と言われています。バルビツール酸系の睡眠薬は強い睡眠効果があって、現在では手術の際の麻酔薬などで使用されるぐらいしか用途はありません。この薬は50年~60年代に睡眠薬としてよく使われていましたが、強い作用が原因で日中も眠気やふらつきが残り、車の運転や機械操作などで事故が多発する事態となってしまいました。

また依存性もあり、服用する量を誤ると呼吸困難となり命を落とすという悲惨な出来事もありました。これらのことから悪い印象が浸透し「睡眠薬は死に至らしめる薬」という考えが未だに残ってしまっているのはこの薬のせいと言っていいでしょう。ただ、バルビツール酸系の睡眠薬は60年代以降、殆ど使用されていません。

今、世に出ている睡眠薬は安全性を重視して開発されたもののみが販売されています。 正しく使えば薬の効果は十分に発揮しますし、誤った飲み方をすれば副作用が色濃くなります。 それは一般的に飲まれているどの薬も同様です。

社会人に襲い掛かる不眠症

サラリーマン

誰にでも眠れない日はあるものです。眠れない症状は一時的であっていつかは自然に眠れるだろう、そう思っている人もきっと多いでしょう。子供の頃、このような経験ありませんか。遠足が翌日に迫ってワクワク感いっぱいで眠れない、受験を控えて緊張感で眠れない、なんていうことを。けれどもそれが終わってしまえばぐっすりと眠れたりします。そういう事を子供の頃から何度も繰り返してきたからこそ、眠れない=病気という考えは結びつきにくいことでしょう。

しかし大人になると、様々なプレッシャーやストレスを募らせ、一日二日で解決できることは殆どないと思います。その積み重ねによって不安や緊張が重なり、眠れなくなる症状を示すようになるという訳です。 例えば、数十年の家のローンを払い続けるため仕事は続けなければならない、仕事の責任がのしかかり失敗すると評価が落ちる。そういう不安感がある中で戦っている人はきっと多いはずです。

また家に帰っても仕事のことで頭がいっぱいになることもありますし、職場で認められたくて真面目に頑張ってきた人、営業先の接待を断らずに居酒屋で飲みニケーションをする人もいます。このように会社のために体を張っている人も多く、それは生活をするために重要な事なでもあります。ただ、そういう生活を過ごしていると殆どの人はどこかで悲鳴をあげます。

不安、緊張、切迫感といったものを胸に抱えて眠れないとなれば、立派な不眠症です。眠れない状態というのは、体と心のどこかに異常があるときに鳴るサインです。働き盛りに多いとされる不眠症は誰もがかかりやすい国民病とも言えます。不眠の改善への第一歩は「不眠症=病気」であることを認知すること。 病気であるからこそ治す薬があるのです。眠れず辛い思いをしている人のすぐ横には、救いの手が必ず存在します。

早期治療が肝心

爽快

日本人の5人に一人が悩む不眠症。誰にでもなり得るこの症状は働き盛りの人に特に多く見られます。プレッシャーやストレスで悩みを抱え、その結果眠れないという悩みが生まれると更に眠れません。 またその積み重ねで症状が悪くなると、うつ病に発展することも排除できません。

「不眠症かも」という自覚症状があれば早期に治すべきです。 簡単にストレスが解消できればいいのですが、それが難しいから誰もが不眠症に悩むわけです。寝られればいい、そういうきっかけでもいいんです。 不眠が解消されればきっと昔のように活力が蘇るでしょう。

一人でも同じ悩みを解消してほしい。その思いで今回ルネスタを紹介しました。ルネスタを利用して問題が解決したとき、みなさんには新たなパワーが生まれるかもしれません。

ルネスタの効果と副作用

ルネスタ

数ある睡眠薬の中で私がオススメしたいのは「ルネスタ」という薬です。ルネスタはアメリカの製薬会社「セプラコール社(現社名・サノビオン)が創製し、2005年からアメリカ国内で販売された「非ベンゾジアゼピン系」の睡眠薬です。
※サノビオン社は、大日本住友製薬のアメリカ法人の子会社です。

日本ではエーザイが国内で製造販売。そして同じ効能のジェネリックも「ルネスタ・ジェネリック(フルナイト)、「ハイプナイト」という名前で海外では販売されています。

ちなみにルネスタの名前の由来は

ルネ・・・LUNA=月
スタ・・・STAR=星
この二つが合わせて生まれた造語で、なんだか夜ぐっすり眠って欲しいという思いが感じられますよね。

ルネスタは服用することでほどよく睡眠作用が生まれ、自然な眠りへと導きます。初めて睡眠薬を使うという人でも安心して服用でき、多くの不眠症患者に愛用されています。しかしまだ飲んだことのない人にとって、効果以上に副作用を心配して人も少なくありません。

薬である以上、副作用は存在します。けれども、用法用量を正しく守れば過度に怖がることはありませんですし、睡眠薬の中ではルネスタの副作用は生活する上でさほど大きな影響を与えるものではありません。気になる副作用を知り、安心して飲めるようルネスタを解明します。

ルネスタの副作用

ソファーで頭を抱える男性

睡眠薬=怖いという印象があるのはおそらく副作用のイメージが強いことがひとつの原因ではないでしょうか。しかしどの薬にも副作用はつきもので、過度に恐れることではありません。「効き始めてるなー」という感覚でいいですし、正しく使えば大きな副作用で悩むということはないでしょう。

薬を普段から服用している人から得たデータをまとめると、ルネスタを飲んで副作用が現れる確率は7.1%程度。これは数ある睡眠薬の中では決して高い数値ではなく、そういった意味でも安全性が高い薬であると実証されています。

ただし、あくまでもデータ上の数字ですので「症状が出ていたとしてもそれが副作用であるとは思わなかった」、もしくは「副作用が出たにも関わらず特に申し出がなかった」などが理由でデータとして未反映な部分もあります。これらの点をふまえると、実際は副作用の現れる確率は約10~15%と言われています。

ルネスタの副作用の主な症状を以下にまとめました。

●物忘れ
ルネスタに限らず、睡眠薬の服用で物忘れといった症状がでることがあります。また、記憶を失ったり、せん妄などのような副作用がでるリスクもあります。

「一過性前向性健忘」
眠る前に服用した後から起きるまでの間の記憶が無くなる症状です。睡眠薬の特徴として、人間の記憶をつかさどる「海馬」という箇所を沈静化する働きがありますが、海馬を沈静させると記憶する働きもストップさせることになり、物忘れ症状が起こりやすくなります。

例えば、夜中に食べ物や飲み物を口に入れたことも覚えてないため、朝起きて冷蔵庫の中がちらかっていてびっくりしてしまうこともあるかもしれません。食べている記憶が無いため、何故だかわからず太ってしまったり、子供のせいだと勘違いするようなケースもあります。 前向性健忘が急激に起こりやすいケースとしては

・作用時間が短い睡眠薬
・睡眠薬の多量摂取
・アルコールと睡眠薬の同時併用

このような時、物忘れが起こりやすくなります。ルネスタの場合は超短時間型で速効性がありますので、飲み始めてすぐの時間帯は注意しましょう。

「夢遊病」
夢遊病も一過性前向性健忘のひとつ。脳が眠っている場合でも体は動かすことができますので、気付かないうちに家中を歩きまわったり、無意識に電話をすることもあります。しかし本人は何をしていたか記憶には残っていません。

「認知症の悪化」
日本での話しですが、ルネスタを含む睡眠薬は「認知症患者への服用を避けたい薬」のリストに含まれているようです。アメリカでも「高齢者への使用は認知症悪化の原因につながる」という報告も示されています。

「せん妄」
せん妄とは「頭の混乱が原因で幻覚や錯覚、興奮状態となって暴れたりする症状」をいい、ルネスタの副作用で、せん妄が出ることがあります。

●ふらつき
睡眠薬を飲むと、筋肉が緩む筋弛緩作用により体をリラックスさせる効果が生まれますが、体を支えきれずふらつきの原因にも繋がります。ルネスタは比較的に筋弛緩作用は弱いものとされていますが、全く無いという訳ではありません。

ふらつきにはそれぞれ個人差があり、仮眠する前に服用をしたり、夜中に起きる必要がある場合は飲むのは控えたほうが良いでしょう。薬を使用する場合は、睡眠時間の確保を十分にすることが重要です。

筋弛緩作用がでやすい人、または高齢者が使用する際は、ふらつきによる骨折などに注意しましょう。例えば、トイレで夜中に起きると足元がふらつき転ぶことも考えられます。高齢者は骨密度の低下により骨がもろく、骨折などによりケガをすれば、寝たきり状態となってしまうリスクもあります。

●眠気の持ち越し
就寝前に飲んで眠くなるのは薬の効果によってですが、持ち越し効果により日中まで眠気が続く場合、副作用と言えます。

筋弛緩作用が出やすい人の中には眠気とともに翌朝までだるさや脱力感が残ることがあります。しかしルネスタの場合、ずっと残ることは殆どありません。通常ですと朝目覚めて3時間後くらいには症状は感じられなくなるでしょう。

●早朝覚醒
薬の効果を示す半減期はルネスタの場合、約4時間程度となっており、この時間を越えると薬の効果は次第に収まっていきます。しかし、睡眠障害のタイプによってはルネスタの服用に適していない人も存在します。

例えば、「目覚ましをかけた時間よりもかなり早く目覚めてしまう」、「眠れるけれども、浅い眠りで眠れた気がしない」というような覚えがある人は適しません。ルネスタは、すぐに眠れないという入眠障害の人に対して効果を見せますが、そうではない症状には効果が現れない性質があります。

まれに見られる副作用

包帯を巻く

少ない頻度ではありますが、まれに想定外な副作用が起こる場合がありますので、参考にしてください。

●血小板の減少
血液の成分の血小板は血を止める作用があり、その血小板が減少すると止血しづらくなります。ルネスタを服用した時、副作用により血小板が減少したという報告があります。出血した時になかなか血が止まらなかったり、女性の場合は月経の量が普段より多く見られるようであればそれは副作用の可能性があります。

ルネスタを飲んで血小板が減る現象が見られる確率は約0.1%以下で、1000人中1人現れるかどうかという非常に低いものです。血小板の減少が見られるタイミングとしては、服用をしはじめて早くて1週間後で、数ヶ月後に現れることもあります。

また過去にルネスタを服用したことがあって再び服用を開始した場合、血小板の減少が現れる期間が短くなり、数日で起こることがあります。しかし、血小板が減少した場合でも服用をやめれば1週間ほどで元に戻るとされています。

●肝障害
こちらもあまり見られない副作用ですがまれに引き起こす場合があります。薬を服用したことで「体がだるい」、「黄疸で肌が黄色くなった」、「食欲が無い」と感じた時は、医者に相談しましょう。

●アナフィラキシー
体質によっては強いアレルギーの症状が出ることがあります。じんましんや、ノドが腫れた見られた際はすぐに病院で診てもらうようにしてください。放っておいて悪化させると呼吸困難を起こす危険性もあります。

●太りやすくなる
ルネスタ自体に体を太らせる作用はありません。しかし、現実に薬を使ってから太り始めたいう人も存在します。これは、ルネスタを服用することで食欲が増し、普段よりも多く食べてしまうからです。

また、ご飯を食べて薬を服用しすぐ寝たりする生活を繰り返すと、体重が増えることもあるでしょう。しかし、太るということは体調が良くなったという合図かもしれません。薬で症状が改善すれば体調が整い、自然と食欲が出てきたとも考えることができるでしょう。

不眠が原因で自律神経のバランスが崩れたことにより食欲が無いという状況であったならば、不眠が解消されたことで体重が元に戻ったり増えたりすることもあるはずです。ルネスタは効果時間が短く、睡眠に特化した薬ですので、眠気が翌朝まで持ち越したりふらつくことは他の薬と比べて少ないといえます。

注意したいのは物忘れ。速効性があるので、服用後はすぐに眠れる姿勢でいるようにしてください。なお、ルネスタは眠気がでる薬ですので、集中力をともなう作業や車の運転などの前には服用できません。事故を起こす危険性もありますので必ず守りましょう。

ルネスタの効果

飲み薬

ルネスタには即効性があり、飲み始めて30分程度で睡眠作用が生まれます。薬の効果が一番強まるのは服用して1時間後。ですから、すぐに眠りたいという入眠障害の人には最適な薬と言えるでしょう。

また薬の持続時間は5時間程度ですので、夜間に目覚めてしまう中途覚醒の人にも効果的です。睡眠効果は当然ですが、不安や筋肉の緊張を和らげて寝やすくなり、けいれんを抑えるといった効き目があります。

要点をまとめると、
(1)眠りに入るまでの時間が短く、気がついたらすでに眠っていたという感覚
(2)睡眠維持作用があり、夜中に目が覚めてしまう人にも効果あり
(3)ふらつきなどが出にくく、筋弛緩作用も比較的弱いので高齢者にも安全で使いやすい
(4)非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の緩やかな作用で依存性は軽減
これらの効果が睡眠薬を初めて使う人にも扱いやすく、安心して飲める理由のひとつです。

ルネスタの服用方法

成人の場合は就寝前に一回2mg、高齢者は一回1mgを経口投与します。効果が不十分の場合は成人が3mg、高齢者は2mgまで服用可能です。ただ、これを超えるのはダメです。強い効果が生まれ、副作用も強まります。

何故、高齢者は成人よりも用量が少ないのかというと、高齢者は薬に対する反応が敏感で、副作用のリスクが高まることが理由のひとつです。ちなみに高齢者の定義は、年齢だけで判断がつくものではありませんが、じほう(旧・薬業時報社)発行の「添付文書の用語と解説」によると、65歳以上を高齢者の対象となっています。

服用の注意点として、ルネスタは寝るとき以外は服用しないこと。そしてお酒と一緒に飲むのもダメです!ルネスタは服用後、中途半端な意識状態になり、物忘れしやすくなります。お酒と一緒に飲むと効果も副作用も増大し、最悪依存症となる場合もあります。お酒を飲んだ日はルネスタは飲まない!というように使い分けましょう。

ルネスタの注意事項

STOP

副作用が少なく安全性が認められているルネスタですが、状態によって服用が禁止される場合や同時併用に注意が必要な薬も少なくありません。知らずに服用してしまい作用が強くなると様々な症状を起こす場合があり、重症化へと繋がるケースもありますので十分に気をつける必要があります。

併用禁忌

●非ベンゾジアゼピン系睡眠薬が原因の過敏症のある方
過去に服用した際、目や唇の周囲の腫れ、じんましん、呼吸困難などのようなアナフィラキシー症状などの過敏症を発症した経験のある人は使用できません。

●重症筋無力症の患者
「腕脚の力が弱くなる」といった重症筋無力症の患者が飲むと筋弛緩作用が強くなり、症状が悪化する要因となります。

●急性狭隅角緑内障の患者
ルネスタには、眼圧上げる作用があることから、急性狭隅角緑内障の患者が飲むと眼圧が上がり症状が悪化。場合によっては失明する恐れもあるので使用できません。

●呼吸機能が低下している患者
肺気腫や肺性心、気管支喘息及び脳血管障害の急性期などにより呼吸機能が低下している場合、中枢神経障害や意識障害を生じる「炭酸ガスナルコーシス」を起こす危険があるため服用禁止です。

また、心障害、肝機能障害、腎機能障害、脳の器質的障害、高齢者,衰弱している人は服用禁忌ではないものの、細心の注意を払ってください。

併用注意

別の薬と併用する場合も注意が必要となります。

●筋弛緩薬
処方薬として利用することはないものの、手術の麻酔として筋弛緩薬を活用。利用している場合、あらかじめ医師に伝えなければなりません。

●CYP3A4阻害薬
代謝酵素のひとつ「CYP3A4」を阻害する薬で、併用するとルネスタの作用が強くなり血中濃度が高まり、薬の依存性と耐性形成のリスクが増加します。また、にきびなどの炎症治療薬といった塗り薬にも使用される「エリシロマイシン」もCYP3A4阻害薬ですので、塗り薬に入っているとは知らずに併用している可能性もあります。

●CYP3A4誘導薬
逆に誘導する薬もあります。血中濃度を素早く下げる効果のあるCYP3A4誘導薬は、近年患者数が増加している結核の治療薬の成分「リファンピシン」との併用に注意です。

禁忌・注意事項をご紹介しましたが、心当たりはありませんか。特に、エリシロマイシンが配合されている塗り薬は使用している人も少なくありませんので炎症の治療をしている人でルネスタを服用する際は、エリシロマイシンが入ってないかあらかじめ確認しておきましょう。

睡眠薬の特徴
目覚まし
睡眠薬にはそれぞれ特徴があり、不眠状態によって区別されます。
半減期が
2~4時間 ・・・「超短時間型」
6~10時間 ・・・「短時間型」 12~24時間・・・「中時間型」
24時間以上・・・「長時間型」

※半減期とは、薬の血中濃度が半分になるまでにかかる時間の事で、薬の作用時間を知る上で一つの目安となる値です。

この中でルネスタは、超短時間型の睡眠薬になります。

非ベンゾジアゼピン系

睡眠

非ベンゾジアゼピン系のルネスタ。 この系統の睡眠薬は、1960年代に開発されたベンゾジアゼピン系を改良したもので、催眠作用や筋弛緩作用、抗不安作用、健忘、頭痛、集中力の低下、翌朝の眠気、睡眠時の異常行動といった効果や副作用の強さ緩和し、安全性の高さから今では睡眠薬の主流となっています。

最大の特徴は、脳の活動を抑える神経伝達物質「GABA」の働きを強くさせ、眠りへと導かせる作用があるということです。最近このGABAという言葉をよく耳にしませんか。これは私たちの体内や植物にも存在する天然アミノ酸のひとつで、興奮作用を鎮める効果やリラックスさせる役割を果たす物質です。

チョコレートを代表としてGABAが含有された食品もよく見られるようになりました。GABAは本来ならば人間の体内で十分な量を作り出すことが出来るものです。しかし現代社会のストレスや加齢が原因でGABAの分泌が不足してしまうと、興奮系の神経伝達物質(ノルアドレナリン)の分泌が止まらず抑えられなくなってしまいます。

興奮状態が続くと体と心がリラックスできない状態になり、寝付けないとか眠った気がしないといった不眠症状が起こるという訳ですが、ルネスタはそれを防ぐ効果があります。

また非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は筋弛緩作用が弱い為、ふらつきや転倒といった症状が起こりにくいとされています。弛緩は「ゆるむ」という意味で、その名の通り筋弛緩は筋肉がゆるみ、力が無くなる状態を指します。

この筋弛緩作用が強いと朝起きて立ち上がろうとしたとき、足元がよろめき転倒。場合によっては骨折に繋がるケースもあります。しかし非ベンゾジアゼピン系は筋弛緩作用の弱いため、高齢者でも利用しやすいというメリットがあります。

ルネスタを通販で購入

通販

ルネスタは、病院で処方して手にするか通販で購入するかの二つの方法しかありません。 病院で貰う際は当然、通院する必要があります。しかし「忙しくて病院に行く時間がない」、「治療費が気になる」などなかなか足を運びづらいものです。

そこで利用して欲しいのは、通販で購入する方法です。この方法だと、処方箋無しでルネスタを手にすることが可能です。 「えっ?」と思うかもしれませんが、本来、病院で貰う薬は医師の処方箋が必要ですし、それに変わりはありません。

ただし、これは「日本国内」だけの話です。処方箋とは、厚生労働省が安全性のあるものに対して承認した医療用医薬品を貰うため病院が発行するものです。ですから医療用医薬品は本来、ドラッグストアなどで市販されていません。

ところが海外に目を向けると、日本では処方箋が必要な薬もドラッグストアで簡単に購入ができるのです。例えば、海外での生活が長かった人にとってこれまで簡単に買えた薬が日本では未認可のため購入ができず、たくさんの人が困っています。

このような事情もあり、日本国内の薬機法では「個人で海外の医薬品を購入する場合、未認可の薬でも日本で入手できる」と定められております。 このため、日本にいながら海外で薬を取り寄せて買うことができるという訳です。海外で薬を購入することになるので処方箋の必要はなく、病院と比べても費用を最大限に抑えることもできます。

今の時代、ネットを利用して様々なものが購入可能です。日用品や家電製品、衣服、家具なども通販で買える時代で、薬も例外ではありません。多忙な毎日を過ごす上で病院に行く時間が無い人も家の中や電車・バスの中でネット通販を利用すれば手に入れることができます。毎日忙しいという人には是非知って欲しい買い方です。

メリット

「海外の商品をどうやって買うの」、「英語で注文するのは自分には無理」、「そもそも安全?」など不安に思うこともきっとあるでしょう。しかし薬を購入する際、英語による問い合わせは不要です。

ネット上で海外の薬を取り扱う通販サイト「お薬なび」では薬の紹介や購入手続きまですべて日本語で表記されていて、海外の薬をこのサイトで取り寄せてもらえますので普通のネットショッピングのように使うことができます。薬は海外製なのでパッケージの表記や説明書は当然外国語となります。

ですから手元に届いた時に心配な思いになるかもしれませんが、お薬なびでは日本人でもわかるよう薬の説明や服用方法、効果・副作用、その薬の口コミといった情報が細かく明記されておりますので安心して利用できるでしょう。また、薬の質は日本製とほとんど変わりありません。むしろ欧米の薬学は日本よりも発展していて、近年ではジェネリック大国のインドの薬も質の高さが実証されています。

ネット通販の大きなメリットは値段が安く、まとめて買うことができるという点です。お薬なびでは、ルネスタと同じ効能効果のあるジェネリック薬「ルネスタ・ジェネリック(フルナイト)」と「ハイプナイト」が取り扱われていますが、一錠あたり50~60円台で、処方箋無しで購入できます。

ちなみに病院の処方で貰う場合は、薬代のほか受診費なども含まれるため金額面で見れば断然通販がお得となります。また通販の場合は、一錠単位の買い方ではなく箱買いとなります。一箱50錠入りから150錠入りまであり、まとめて買うほど一錠あたりの価格は割安になります。

配送方法

配送

ちゃんと届くの?という心配もあるかもしれませんが、注文した薬は自宅までもちろん送ってもらえますし、梱包も外からは何が入っているか隠された状態で配送されます。また発送される時は登録したメールアドレス宛に海外小包の荷物追跡番号が送られてきますので安心です。

薬を買ったことを家族にバレたくないという人もいると思いますので、その時は自宅まで送られず郵便局留めで受け取りが可能です。その際は郵便局から直接連絡は来ませんので、荷物番号の追跡サービスで商品の到着を確認してください。また国際郵便の留置期間は郵便配達で16日間、郵便局留めで30日間と決まっています。受け取りの際は注意しましょう。

その他の睡眠薬

睡眠薬

アモバン

非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬としてルネスタよりも先に販売されたもので「アモバン」があります。アモバンもルネスタと同様に病院ではよく処方される睡眠薬で、薬の効果もほとんど差はありません。

ただし、ルネスタと決定的に違うポイントがあります。それは「非常に苦い!」という点です。アモバンは、苦味が強く睡眠作用が少ない「R-ゾピクロン」と、睡眠作用が強く苦味の少ない「S-ゾピクロン」が組み合わされて出来ています。

この苦味は飲んだ直後のみならず、朝起きた時、そして日中にも感じることがあります。苦味のせいで集中力が散漫になり、悪影響に感じる人も中にはいるかもしれません。それぐらい強調されています。

しかしルネスタは「アモバンの改良品」と言われ、苦味というデメリットを排除して飲みやすく、催眠作用がメイン成分となっています。ただし、全く苦くないわけではありませんので多少苦味を感じ得るでしょう。けれどもアモバンに比べたらマシという感覚です。

ドリエル

不眠症で悩む人の中には、CMでよく流れていた「ドリエル」という薬を耳にしたことがあるでしょう。仕事や生活に影響がでて毎日苦しい思いをして、一秒でも早く眠りたいという一心で買った人も意外と多いかもしれません。効果が出た人も中にはいるでしょう。しかしほとんどの人は期待していたほどの満足感を得られかったと思います。

市販で手に入る薬は睡眠薬ではなく「睡眠改善薬」というもので、ドラッグストアでも買える一般用医薬品です。ただこの類の薬は、慢性的な不眠症の人には効果はほぼ無いと言えるでしょう。

睡眠改善薬は、例えば時差ぼけで睡眠のリズムが狂ったという人、次の日に大事な予定があるのに寝られないなど一時的な不眠状態の時に効果が現れやすいものなので、慢性的な不眠症状の人のための薬ではないということです。慢性不眠症の方も初めは服用したとき多少効果は見られるかもしれませんが、次第に効き目が感じられなくなるでしょう。

それは、ドリエルを飲み続けると体が慣れることで効き目が無くなる「耐性作用」があり、その影響を受けると薬の効果はほぼ無くなるからです。ドリエルは毎日飲むものではなく、一時的に困ったときに飲む薬であるということを押さえておきましょう。

メラトニンとは

睡眠ホルモンをご存知でしょうか?

メラトニンとは人間の体内で生成されるホルモンの一種で、睡眠ホルモンとも呼ばれています。このホルモンが分泌されると、脈拍や体温、血圧がゆっくりと低下していきます。これによって、脳は眠る準備ができたと判断し、自然な眠りに入っていくのです。このホルモンは、日中はほとんど分泌されず、夕方から夜間にかけて多く分泌される仕組みになっています。

夜眠りにつけるよう、体が自然とそうプログラムされているのです。つまりこのホルモンの分泌バランスが崩れたり、分泌量が減ったりすると、快適な睡眠をとることができなくなってしまいます。

これが不眠症などの睡眠障害へとつながる
のです。また、このホルモンはセロトニンと呼ばれる脳内神経伝達物質から作られています。

セロトニンと言えば幸せホルモンとも呼ばれる、心身の安定やリラックスに不可欠なホルモンです。これが不足すると、必然的にメラトニンが不足することになります。

セロトニンが不足すると、うつ病など心の病を引き起こすことで知られています。この関係から、うつ病の方はメラトニン不足に陥っていることが多く、不眠症を発症する確率が非常に高いのです。

メラトニンの働き

この他にも、メラトニンは私たちの心身に非常に役立つ効果を持っています。まず体内時計や生活リズムを整える働きがあります。目覚めとともに太陽の光を浴びることで分泌のサイクルをリセットし、心身に朝だと認識させます。

こうすることで新たな体内時計が動き出し、夜に向けてホルモンが正しく分泌されるようになるのです。この体内時計を整える効果が注目され、不眠症の治療や時差ボケの解消に利用されています。

また、抗酸化作用やナチュラルキラー細胞を活性化させ、細胞の免疫機能を強化させる働きもあります。抗酸化作用とは、活性酸素など体に害となる物質を除去する作用です。

こうすることで、細胞の酸化つまり老化を防ぎ、若さを保ったりアルツハイマー病や生活習慣病などの改善にも効果があると言われています。さらに、ナチュラルキラー細胞は活性化することで癌や動脈硬化を防ぐ効果があり、がん治療にも利用されています。

こういった体の健康を保つという面でも、メラトニンには非常にメリットが多いのです。メラトニンは上記の通り元々は体内にあるホルモンですが、サプリメントとして摂取すること可能です。

最近の日本では、パソコンやテレビ、携帯電話などで明るい光を浴びることが多く、分泌サイクルが狂って慢性的な睡眠不足に陥ってしまう子供が多いと言われています。睡眠不足は子供の集中力や学習能力に影響を及ぼす場合もあるので注意が必要です。メラトニンをサプリメントで上手く摂り入れ、上質な睡眠と健康を保っていきましょう。

メラトニンが不足する原因

メラトニンは様々な理由で枯渇します

睡眠にとってとても大切なメラトニンですが、この物質の不足は睡眠障害を引き起こす原因になるとされています。ではどういうことが理由でこの物質が不足するのでしょうか。メラトニンは一日の中でも分泌の量が変わっています。

朝起きて日の明かりに照らさせることで分泌量が減り、夕方になり太陽が沈み光を浴びなくなることで徐々に分泌量される量が増えます。だいたい午前2時頃に分泌量がピークになるとされています。電気を暗くすると眠気が増すのはこのことが理由にあります。

その為、朝目覚めて夜になると眠るというあたり前の生活をしている方は問題ありませんが、起きる時間や寝る時間が不規則であったり、バラバラな方はこの物質が不足しやすくなります。食生活にも原因はあります。メラトニンを作るには、セロトニンが必要となります。

セロトニンを作るためには、トリプトファンが原料として必要となり、肉や魚、卵など蛋白質を含んでいる食材から補えるので、食生活に乱れがあり、蛋白質が足りていないと結果的にメラトニン不足にも繋がります。加齢が原因によるものがあります。

若い人と比べて50才ではこの物質の量は半分ほどに、70才では夜になっても分泌量が昼間とほぼ変わらなくなってしまいます。若い時はいくらでも睡眠していられたのに、年をとる毎に長く床についていられなくなるのはこれが原因です。老人が早起きなのも納得です。

その他の理由として、ストレスがあります。メラトニンの分泌を助ける「幸せホルモン」であるセロトニンがストレスにより、抑えられてしまうためです。

誰しもが少なからずストレスを抱えていると思いますが、ストレスが睡眠障害につながり、さらに睡眠不足を引き起こすことでそれがまたストレスになるといった悪い循環が生じてしまいます。さまざまな原因がありますが、複数の原因が重複している方も多いと思います。安眠のために不足する原因を少しでも取り除くことが重要です。

メラトニンとセロトニン

睡眠障害の原因の一つに睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンが不足してしまうことがあげられます。ではどうしてこの物質の不足が睡眠障害に関係するのでしょうか。私たち人間は、一般的に日中に行動をして夜になると睡眠をとります。

これは人間を含めて一部を除く多くの動物たちも共通です。この当たり前な生活リズムに関係があるのがメラトニンです。この物質は、夕方~夜中にかけて少しずつ分泌する量が増えます。量が増えると脈拍、体温、血圧などが低下します。

これにより脳が睡眠の時間であると認識し、眠気を覚えるように私たちの体はなっています。今までの進化する過程で、太陽のリズムに合わせて体も動くように私たち人間の体はインプットされているのです。

そのため、この物質が上手に分泌できないとなかなか寝付けなかったり、眠りが浅いといった睡眠障害に陥ってしまうのです。不足する原因としては、生活リズムの乱れがあります。太陽に合わせて生活することでうまく分泌されているため、深夜まで活動をしていたり、昼夜が逆転してしまうことは問題になります。

そのほかにもストレスや運動不足などうまく分泌されない理由はさまざまです。セロトニンという物質が不足すると結果的にメラトニンも不足してしまいます。セロトニンという物質は、精神面に多大な影響があり、心を安らかに落ち着かせてくれる効果があり「幸せホルモン」とよく呼ばれます。

この物質も生活のリズムが乱れることが不足の原因となります。必須アミノ酸の1つ、トリプトファンを原料として生成されるので、蛋白質を含んでいる食材から補う必要があります。

私たちの睡眠には、これらのメラトニン・セロトニンといった物質が非常に重要です。生活習慣に乱れのある方は、きちんとこれらの物質が分泌されるように生活習慣の乱れを見直すことが良い睡眠のためには重要なのです。

不眠症とは

不眠症の女性

皆さんは自分が眠りたいと思った時に、自分が眠りたいように眠ることができていますか?

眠りたい時に眠ることができるというのは非常にありがたいもので、疲れきった身体の疲労を回復させ、身体を動かすだけの体力と活力を蘇らせることできたり、勉強や仕事等で疲れきった脳を休ませ、頭のなかをスッキリとさせることができます。

しかし、人によってはなかなか眠りたい時に眠りたいように眠れないという現象に悩まされており、身体の疲労がいつまで経っても取れない、頭がいつまでもモヤモヤした寝不足に近い状態になっている……という人もいるでしょう。

そのような人は、もしかしたら不眠症と呼ばれる病気を発症してしまっているかも知れません。この不眠症がいったいどのような病気なのか、というのを一言で説明すると、眠りたいと思っていても、自分が思うように眠ることができないという病気です。

この病気を発症してしまうと、自分が今から寝ようと思っていても、脳が眠りに入ってくれないため、眠ろうと思っても眠りにつくことができない、つまり覚醒状態で居続けてしまうのです。

その結果、自分はきちんと8時間眠りたいという風に思っているのにもかかわらず、いくら眠ろうと思ってもその時間分しっかりと睡眠をとることができなくなってしまう、時には眠ることはできているけれども全く眠った気がしない、というような症状に悩まされるようになるのです。

そして、このような不眠症の症状には様々な種類の病気が存在しているため、人によっては知らず知らずのうちに不眠症を発症してしまっている可能性もあるのです。

そのため、もし最近眠りたいと思っていても自分が思うように眠れない……という風に悩んでいるのであれば、一度不眠症を疑ってみましょう。自分が不眠症かどうかの判断基準として、以下の3つの項目全てにYesと答えるかどうかと言うものがあります。

1.自分が眠りたいと思っている時間分の睡眠が取れない
2.眠れなくて辛い思いをしている、困っている
3.眠れていないことによって、生活に何らかの影響が出ている
もしこれら3つの要素全てにYesと答えてしまうような状態になっているのであれば、何かしらの不眠症を発症している可能性があります。

なので、もし何かしらの不眠症を発症しているかも知れないと思っているのであれば、まずは先述の3つの判断基準を見ながら何かしらの不眠症を発症しているかどうかをセルフチェックしてみましょう。

不眠症がもたらすリスク

不眠症がもたらすリスクを指摘する医者

眠りたいと思っていても、自分が眠りたいように眠ることができなくなってしまう。そんな辛い不眠症の症状ですが、この症状を発症してしまうと、さまざまなリスクが現れるようになってしまいます。

まず、血圧の上昇があります。
私達の身体には交感神経というものが存在しており、この交感神経というのは手足にあるような細い血管、末梢血管と呼ばれるものを収縮させて血圧を上昇させる働きがあります。

この働きというのは、睡眠時には自然と弱まっていくようになっているので、眠っている最中には血圧が自然と低下していきます。しかし、不眠症の症状を発症している場合、交感神経の働きというのは低くならないため、いつまでも血圧が高い状態となってしまい、その結果最終的には高血圧を発症してしまうのです。

また、睡眠というのは精神の安定と非常に深いつながりがあり、眠れないと人というのは非常に強い不安や不快感、苛立ちを感じてしまうものです。

そのため、不眠症を発症してしまうと、日常生活の中で些細な事に対して苛立ちを感じてしまい、その結果、情緒不安定となってしまうこともありますし、時にはうつ病のような心の病を発症してしまうこともあるのです。

さらに、きちんと睡眠が取れていない状態というのは常に脳が活動しているということでもあるので、不眠症を発症してしまうと、本来睡眠時に行われるはずの脳の休息が行えなくなってしまいます。脳が休めないと何が大変なのか、というのを想像してみましょう。

たとえば、肉体を休ませること無く活動させた時の事を考えてみましょう。肉体が休息できない状態で延々と肉体労働などの作業を行うとどうなるかというと、上手くものを持てなくなってしまったり、歩こうと思っても足が動かなくなってしまったり、足を踏み出した瞬間に膝から崩れ落ちてしまう……という現象が発生します。

脳が休むことが出来なくなるというのは、このような現象が頭の中で起こると言う事で、いくら物事を考えようと思っても上手く考えられなくなってしまう、考えがまとまらなくなる、正常な思考ができなくなる、更には集中力も低下してしまう、一つのことに集中して取り組めなくなってしまう……などという状態に陥ってしまうのです。

このような状態になってしまった場合、デスクワークのような頭を使って物事を考えながら行う仕事が上手くできなくなるのは当然ですが、車の運転や高所での作業、危険な器具を利用した仕事というような、肉体労働に近い仕事を行う際にも事故を発生させてしまう可能性があるのです。

不眠症の4つの種類

不眠症の4つの種類を解説する医者

自分が眠りたいと思っていても眠ることができない、非常に辛い不眠症の症状…。この症状を治療したい、どうにかしたいと思っているなら、まず知るべきことがあります。それは、不眠症の症状についてです。

実は不眠症の症状というのは、4つの眠れないという症状をひとまとめにしたものなのです。そのため、一言で「不眠症」と言ったとしても、その症状の中には4種類の症状が存在しており、治療方法なども異なっているのです。

そのため、もし自分が眠りたいように眠ることができないと悩んでいるのであれば、まずはさまざまな不眠症の症状について知り、その上で自分の発症している症状が不眠症の症状の中でもどのような症状に該当するのか、というのを知りましょう。

まず不眠症という症状で多くの方が想像するのは「寝付くことができるかどうか」と言うものではないでしょうか。もし寝ようと思ってもなかなか寝付くことができない、という症状に悩まされているのであれば、その症状は「入眠障害」と呼ばれるものになります。

この症状というのは、寝ようと思っても眠ることができないという不眠症で、非常に多くの人がイメージする不眠症がこの入眠障害になります。そして次に、眠ることはできるけれども寝ている最中に何度も目が覚めるかどうかです。

もし何度も目が覚めてしまうのであれば、それは「中途覚醒」という症状になります。この中途覚醒という症状は眠ることがはできるけれども、何度も寝ている最中に目が覚めてしまうことが原因でしっかりとした睡眠が取れない……という症状が特徴的な不眠症です。

そして次に、眠っている最中に目が覚めることは無いけれども、本来起きないといけない時間の数時間前に目が覚めてしまって、その後眠れなくなってしまうという症状に悩まされているのであれば、それは「早朝覚醒」と呼ばれる不眠症になります。

この症状というのは、本来起きないといけない時間、本来であれば朝に起きる予定だったのに、日も登らないような早朝に目が覚めてしまう、という症状が特徴的な不眠症です。

そして最後に、眠ることもできるし、寝ている最中に目が覚めることもないし、きちんと眠りたい時間だけ眠れているけれども、何故か全く眠った気がしない……という現象、実はこれも不眠症の一種で、「熟眠障害」と呼ばれるものになります。

この熟眠障害というのは、眠っても眠った気がしない……という、一見すると不眠症には思えない症状が特徴的な不眠症なのです。

不眠症になりやすい人

眠れない女性

眠りたいのに自分が思ったように眠ることができなくなってしまう、非常に辛い不眠症ですが、実はこの不眠症の症状というのは、人によっては発症しやすい人と発症しにくい人の2種類の人がいるのです。

発症しやすい人と発症しにくい人、この違いは一体何なのか……。答えは体質と生活習慣です。

私たちは一人ひとり異なった体質、そして生活の習慣というものがありますが、この2つの要素によって、不眠症を発症しやすいかどうか……というのは変わってきます。

具体的にはどのような物があるかというと、まず体質面から見た場合、不眠症を発症しやすい人というのはストレスを溜め込みやすい体質の人である……と言われています。

ストレスを溜め込みやすい人というのは、日常生活の中で様々な事を考え、落ち込み、悩む……非常に感受性が豊かで、多くのことを心配し、何か行動を起こす際にはそれがうまくいくように努力する人です。

そのような人というのは、眠ろうと思って布団に入っても様々な事を考えてしまったり、不安になってしまうため、眠ろうと思っている時に意識を覚醒させてしまったり、考えている事が原因になり、一人でストレスを作り出し、一人で眠れない状況を作り出してしまうのです。

そして「生活習慣が原因で不眠になってしまう」とはどういう事かというと、身体を眠らせるために必要となるメラトニンの分泌が生活習慣の乱れによって不足してしまう状態や、、一日中座ってぼーっとしていて身体を覚醒させるための要因が何も無く、眠りたくても眠れない状態となってしまう状態。

あるいは夜勤と日勤を交互に行っているので睡眠時間が毎日バラバラになり、その結果眠りたくても眠れない状態が慢性化し、不眠症を発症してしまう……など、さまざまな生活習慣が不眠症の原因となります。

そのため、もし辛い不眠症を発症したくないと思っているのであれば、生活習慣の乱れや、眠りたい時に眠れなくしてしまうような体質を改善していく必要があるのです。

どれも簡単には改善することはできないので、不眠症の発症予防を行うのは非常に難しそうだと思ってしまうかもしれませんが、一度発症してしまうとそれ以上に辛い症状に苛まれることになります。

そのため、不眠症を発症したくないと思っているのであれば、しっかりとした生活習慣の見直しや体質改善を行なっていくようにしましょう。そうすることによって、不眠症になることもなく、健やかで健康的な生活を送れるようになります。

不眠症の改善にはサプリメントや睡眠薬

サプリメント

眠りたいと思っていても、自分が思っているような睡眠を取れなくなってしまう、非常に辛い不眠症。この症状を既に発症しており、非常に辛い思いをしているというような人は、とても多いのです。

こういった人の多くは、毎日眠れないことに悩み、集中力が続かずボーっとする頭を無理に活動させ、イライラした姿を人に見せないようにしながら日常生活を送っているので、毎日を非常に辛い気持ちで過ごしています。 ですが、いつまでもそのようなつらい気持ちのまま生活を送りたくはないですよね。

もし辛い不眠症に悩まされており、どうにかして治療を行いたいと思っているのなら、不眠症治療をはじめてみてはいかがでしょうか。 不眠症の治療に対して非常に効果の高いと言われているものとして、サプリメントと睡眠薬があります。

睡眠薬が不眠症の改善に効果的なのは分かりますが、サプリメントで不眠症を改善なんてできるの?と疑ってしまいますよね。確かに、サプリメントというのは、ハーブや食品のエキスなどを利用して作られた栄養補填を目的とした健康補助食品です。

しかしこのサプリメントの中には、不眠症治療に効果的だと言われているサプリメントもあるのです。このようなサプリというのは、服用することによってリラックス効果のある成分で体内を満たし、心身共にリラックスした状態を作り出すことによって睡眠状態に入りやすい状態を作ることができます。

そのため、なんだか最近少し眠れない気がする、眠れないのが辛くなってきた、というような比較的軽度の不眠症を発症している時に、このような不眠症治療用サプリを服用することによって、しっかりと身体を眠らせることができます。

そして、このようなサプリメントではどうしようもできないほどに重度の不眠症を発症してしまっている場合、、睡眠薬などの医薬品を利用していきます。この睡眠薬という医薬品は、覚醒状態にある脳に対して作用するので、気分をスーッと落ち着かせつつ、眠りたくても眠ることができないという状態にある身体や脳を眠りにつかせることができるのです。

これら2種類の物をうまく活用・使い分ける事によって、つらい不眠症をしっかりと治療することができるようになります。

そのため、もし眠れなくて辛い思いをしているのであれば、まずは不眠症治療用サプリのような、眠れるようになるサプリメントを利用した不眠症治療をはじめ、それでも症状が一向に改善されていかないのであれば、睡眠薬を使用した治療を始めてみましょう。

睡眠薬の4つの種類

白い錠剤

不眠症がもし進行してしまい、非常に重度のものになってしまった場合、治療用のサプリなどを使用しても症状はなかなか改善されません。通常の不眠症改善用のサプリではどうしようもないほどに不眠の症状が進行してしまったのであれば、睡眠薬を使用した治療を始めてみましょう。

睡眠薬を使用した不眠症治療を行ないたい、そう思った時には注意しないといけないことがあります。それは睡眠薬の種類です。実は不眠症治療に使用される睡眠薬というのは、大きく分けて4つに分けられています。

4種類の睡眠薬は不眠症の症状によって利用するものを使い分けることによって、不眠症の症状を治療していくことができます。

症状にあっていない睡眠薬を使用してしまった場合、治療するために服用しているのに一切治療ができず、時には不眠の症状を悪化させてしまう可能性もあるのです。そのため、もし睡眠薬を使用した不眠症の治療を行いたいという風に思っているのであれば、まずは睡眠薬の種類について知っておきましょう。

睡眠薬の区分のキーワードとなる言葉として、「最高血中濃度到達時間」と「半減期」というものがあります。最高血中濃度到達時間というのは、医薬品を服用した後に血液中の薬物濃度が最も強くなる時間の事です。

この最高血中濃度到達時間が早く訪れる医薬品というのは、使用した後に効果が最も強くなる時間が早いと言う事です。睡眠薬を選ぶ際には、この最高血中濃度到達時間が非常に重要になるのです。

そして、半減期という言葉は最高血中濃度到達時間が訪れてから薬の効果が半減する、つまりほとんど効果が切れた状態になるまでの時間の事です。この半減期までの到達時間によって、どのような特徴のある睡眠薬かを決定していくのです。

最高血中濃度到達時間という言葉を覚えるのと同時に、この半減期という言葉も知っておきましょう。

睡眠薬の種類についてですが、以下の様にわけられています。

・最高血中濃度到達時間への到達が非常に早く、半減期の到達も早い……超短時間型

・最高血中濃度到達時間への到達が早く、半減期の到達も比較的早い……短時間型

・最高血中濃度到達時間への到達が早く、半減期の到達に時間が掛かる……中間型

・最高血中濃度到達時間への到達が早く、半減期の到達に長い時間がかかる……長時間型

これら4種類の睡眠薬は、症状によって効果のある物も異なってくるので、自分の症状にあった睡眠薬を使用し、確実な治療を行っていくようにしましょう。

超短時間型

超短時間型を解説する医者

睡眠薬には様々な種類のものが存在しています。その中でも睡眠薬の作用が最も強くなる最高血中濃度到達時間が非常に早く訪れ、効果が半減する半減期の到達までにかかる時間も非常に短いという特徴のある睡眠薬、それが「超短時間型」と呼ばれる種類の睡眠薬です。

超短時間型の睡眠薬というのは、服用してから1時間以内に効果があらわれはじめ、その後2時間から4時間ほどあれば効果が切れていきます。このような特徴のある超短期間型の睡眠薬は、服用してから効果が無くなるまでの時間も非常に短いという特徴と言い換えることもできます。

つまり、翌日まで睡眠薬の効果が残りません。睡眠薬の効果によってしっかりとした睡眠を取りつつ、翌日には睡眠薬の効果が切れているので、非常にスッキリとした気分で目をさますことができるのです。

そして、このような作用のある睡眠薬を使用することによって治療ができる不眠症とは一体どのような症状なのかというと、眠りたくても眠ることができないという特徴のある「入眠障害」です。

この入眠障害というのは眠りたいと思ってもなかなか寝付けない為、しっかりと眠ることができないという症状が特徴的な不眠症です。

超短時間型の睡眠薬は服用後非常に早い時間で作用があらわれはじめるので、寝付けないという入眠障害で悩んでいる人も、薬の作用によってスムーズに睡眠に入れるようになり、眠った後もしばらくは薬効が継続するので起きることはなく、効果が切れた後は自然に目が覚めるまでゆっくりと眠ることができます。

そのため、もし眠りたくても眠れないという入眠障害の症状に悩んでいるのであれば、まずはこの超短時間型の睡眠薬を使用してみましょう。

そして、逆にこの超短時間型の睡眠薬を使用してはいけない症状というものも存在しています。眠っていてもすぐに目が覚めてしまうという症状が特徴的な中途覚醒、そして、起床時間よりも何時間も早く目覚めてしまう早朝覚醒です。

これらの症状というのは、きちんと寝付くことができるけれど、寝ても目が覚めてしまうというものです。

そのため、超短時間型のように寝付けるようになる睡眠薬を使用したとしても、半減期に到達するために必要となる時間も短いので、効果が切れると目が覚めてしまいますし、早朝まで効果が持続するわけではないので、結果的に目が覚めてしまうのです。

もし中途覚醒もしくは早朝覚醒を発症しているのであれば、超短時間型の睡眠薬を使用するのは控えるようにしましょう。

短時間型

茶色の瓶と錠剤

4種類の睡眠薬の中でも特に多くの人に処方されている物に、「短時間型」の睡眠薬というものがあります。

この短時間型の睡眠薬というのは、服用後効果が最も強くなる最高血中濃度到達時間が訪れるまでの時間は超短時間型の睡眠薬と比べて少々時間がかかる反面、効果が半減する半減期の到達までにかかる時間も長い、という特徴のある睡眠薬です。

そして、この短時間型の睡眠薬は非常にさまざまな不眠の症状に効果があるため、不眠症治療の際に非常に頻繁に利用されています。

この短時間型の睡眠薬というのは、超短時間型のものよりも最高血中濃度到達時間が長めになっていますが、効果があらわれはじめるまでの時間はさほど大差がないため、「入眠障害」の治療にも使用されます。

そして、この短時間型の睡眠薬というのは、服用後6時間から10時間ほど効果が継続するため、服用後は薬の効果が切れるまでしっかりと眠ることができるのです。

そのため、この短時間型の睡眠薬というのは、眠っても何度も目が覚めてしまう症状が特徴的な、「中途覚醒」の治療を行う際にも使用されています。

中途覚醒を発症してしまった場合、眠ってからしばらくすると意識が覚醒し、目が覚めてしまいます。

しかし、短時間型の睡眠薬のように効果があらわれてから切れるまでの時間が比較的長い睡眠薬の場合、本来であれば意識が覚醒するような時間であっても、睡眠薬の作用で意識を眠らせることができるため、薬の効果がある間はしっかりと眠りにつき、眠っている状態から目が覚めることが無く、しっかりと薬効のある間眠りにつくことができるのです。

なので、この短時間型の睡眠薬というのは、中途覚醒の治療に非常に効果的なのです。さらに短時間型の中でも半減期の到達に非常に長い時間……それこそ多くの人の平均的な睡眠時間である、8時間以上かかるようなものも存在しています。

このような半減期の到達までに時間がかかる短時間型の睡眠薬の場合、使用後薬が切れることによって目が覚めるため、中途覚醒の治療を行う際にも利用される場合があるのです。このように、短時間型の睡眠薬というのは非常にさまざまな症状の治療に使用されます。

しかし、注意点として半減期到達までに時間がかかる短時間型の睡眠薬というのは、短時間型の中でもごく一部のものになります。そのため、どの短時間型の睡眠薬でも中途覚醒を治療できるわけでは無いという事をしっかりと覚えておくようにしましょう。

中間型

黄色系の錠剤

睡眠薬の中でも特に多くの人に処方されているもの、それは短時間型の睡眠薬と呼ばれるものです。

この睡眠薬というのは、薬を服用してから効果が最も強くなる最高血中濃度到達時間に至るまでの時間が短く、効果が半減する半減期と呼ばれる期間に到達するまでにかかる時間は程々に長いという特徴のある睡眠薬で、非常にさまざまな症状の治療に使用されます。

そして、そのような短時間型の物と同じように比較的万能に使用することができると言われている睡眠薬に、「中間型」の睡眠薬があります。

この中間型の睡眠薬(中時間型の睡眠薬と呼ばれることもあります)というのは、最高血中濃度到達時間が比較的ゆっくり訪れ、服用後の効果が切れるまでの時間も短時間型の物と比べると比較的長いという特徴があります。

そのため、眠っても目が覚めてしまって熟睡できないというような中途覚醒や、寝ても早過ぎる時間に目が覚めてしまうような早朝覚醒を治療したいという場合、この中間型の睡眠薬を使用する事によってしっかりと熟睡できるように改善することができます。

もし眠っても目が覚めてしまうというような不眠症の症状に悩まされているのであれば、この中間型の睡眠薬を使用して不眠症治療を始めてみましょう。また、この中間型の睡眠薬を使用しても治療ができない不眠症と言うものがあります。

それは、寝ようと思っても眠ることができない入眠障害です。入眠障害というのは、寝付くまでに時間が掛かるだけであって、一度眠ってしまえばしっかりと眠り続けることができる、という特徴のある不眠症です。

そのため、この入眠障害の治療の際には服用後早い段階で効果があらわれ、最高血中濃度到達時間に到達する短時間型の睡眠薬や、それよりももっと効果が早い超短時間型の睡眠薬を使用する必要があります。

入眠障害であるにも関わらず、中間型の睡眠薬を使用してしまった場合、寝ようと思っても効果がなかなかあらわれないので寝付くことができず、結局寝ようと思ったらいつもとあまり変わらない時間にならないと眠ることができなかった……というような状態になってしまうことがあるのです。

つまり、睡眠薬の効果をなにも発揮することなく、ただ時間だけが過ぎていくのです。

もし、眠りたくても寝付けないという入眠障害に悩まされているのであれば、中間型の睡眠薬は使用せず、短時間型もしくは超短時間型の睡眠薬を使用した不眠症の治療を行うようにしましょう。

長時間型

白色の錠剤

睡眠薬には様々な症状が存在していますが、その中でも特に効果が長く続くという特徴のある睡眠薬、それは長時間型の睡眠薬です。

この長時間型の睡眠薬というのは、通常の短時間型や中間型の睡眠薬と比べて効果が現れるまでにかかる時間が長く、最高血中濃度到達時間に至るまでに3時間から5時間ほどの時間がかかります。

しかし、その分半減期に到達するまでの時間も非常に長く、薬の種類によっては30時間から40時間ほど効果が残るというような物も存在しています。

そのため、この長時間型の睡眠薬を服用して不眠症の治療を行った場合、薬の影響で夜に寝たのに目が覚めたら翌日の夜だったというような、非常に長時間の睡眠を取ってしまうような状況が発生する可能性もあります。

そのため、長時間型の睡眠薬を使用する際には服用する時間や、服用する環境、スケジュールなど、様々なものに注意をはらう必要があるのです。

このような理由もあり、長時間型の睡眠薬を服用するという人の数は中間型のものを服用している人と比べると少ない傾向にあるのですが、その分、服用した際には中途覚醒や早朝覚醒のような、寝ても目が覚めてしまうというような不眠の症状をしっかりと治療することができるのです。

なので、もし中途覚醒や早朝覚醒のような、寝ても目が覚めてしまうような不眠症を確実に治療したい、という風に思っており、職場の人や家族など、様々な人の協力を得られる状況にあるのなら、この長時間型の睡眠薬を使用して不眠症の治療を行ってみましょう。

また、この長時間型の睡眠薬の中には抗不安作用などがある物も存在しています。そのようなものを使用すれば、夜にはしっかりと眠ることができ、日中には仕事やプライベートで発生する不安を和らげ、非常に落ち着いた気持ちで日常生活を送ることができるようになります。

その分日常生活の中で眠気が残ったまま仕事を行うことになってしまう、眠気があるままプライベートな時間を過ごさないといけなくなってしまうという状況も発生し得るので、もし長時間型の睡眠薬を使用したいと思っているのであれば、気楽な気持ちで使用するのではなく、自分の生活リズムや生活の習慣、職場の環境や一緒に働く人、家庭の環境や家族の理解など、様々な物を得て、使用するかどうかをしっかりと考えた上で使用するようにしましょう。

そうすることによって、非常に落ち着いた気持ちで日々の生活を送り、眠りにつくことができるようになるはずです。

メラトニンが生成される仕組み

重要な栄養素トリプトファン

メラトニンは、別名で睡眠ホルモンとも呼ばれているものです。このホルモンが多く分泌されると、脈拍や血圧、体温などが下がっていったり、副交感神経が優位になって気持ちが落ち着いてきたりして、身体と心が眠りにつきやすい状態に整っていくことから、このように呼ばれています。

不眠症などの入眠障害の改善に役立つとして、医療現場でも注目されているホルモンです。このホルモンが生成される過程では、トリプトファンとセロトニンが重要な役割を担います。どういうことかと言うと、トリプトファンがセロトニンを経由して、最終的にメラトニンになるのです。

トリプトファンは、必須アミノ酸に分類されている成分です。人の体内で生成することはできないため、食品から摂取することになります。タンパク質に含まれている成分であるので、肉や乳製品などを摂取すると効率良くトリプトファンを摂取することが可能です。

1日の成分摂取量としては、500から600ミリグラム程度を目安にすると良いでしょう。こうして十分に摂取したトリプトファンは、脳に運ばれていくとセロトニンを生成するための材料になります。

セロトニンは昼間に良く分泌される

セロトニンは昼間に良く分泌される脳内物質です。なぜ昼間に良く分泌されるかと言えば、セロトニンが分泌される上で、2,500ルクス以上の強い光を浴びることが重要だからです。

蛍光灯などの人工的な光ではどんなに光が強いタイプのものでも1,000ルクス程度の光を得られるだけとなっています。その点、太陽光の場合は、くもりや雨などで日が出ていない場合でも10,000ルクス、晴れている場合なら20,000から30,000ルクス程度の光が得られるんです。

ですから、太陽が出ている昼間の時間帯に、セロトニンが活発に分泌されるというわけなんですね。そうして分泌されたセロトニンが、松果体という脳内器官にてメラトニンを生成するための材料となってくれるのです。

ちなみに、「昼間にセロトニンが活発に分泌され、それを材料にメラトニンが生成されるとすると、昼間にこのホルモンが生成されて眠気を催すことになってしまうのではないか」という疑問を持つ方もいらっしゃるでしょう。

でも、結論から言えば、そういうことは起こらず、夜9時以降の夜間に活発に生成されるようになっています。なぜなら、このホルモンを生成する器官である松果体は視神経と繋がっているため光を感知することができるので、光が弱まって暗くなったタイミングを見計らってメラトニンの生成を開始してくれるようになっているからです。

メラトニンを増やすには

危険なメラトニン不足

睡眠のことでは悩みを持つ人が多く、なかには薬が必要なほど不眠で悩まれている方もありますが、不眠をはじめとする入眠障害になってしまうにはそれなりの原因があります。

ストレスなども睡眠には影響が出やすいですが、そのほかにも原因はあり、その一つにメラトニン不足があげられます。これは睡眠にとても必要なホルモンで、夜眠る際に体内時計に働きかけ、覚醒を睡眠を切り替えることで自然な眠りをさそう働きがあるとされており、体にはとても大事なホルモンです。

そして、このホルモンも加齢とともに減少する傾向にあり、年齢とともに不眠の悩みが出やすくなるとされています。

薬を利用して眠る方法もありますが、やはり薬には副作用もありますし、人によっては朝起きたときも薬が残ってしまう場合もありますので、できることな薬に頼らず、自然な睡眠が得られるようにしたいものです。そして、そのためにはメラトニンをしっかり分泌させる必要があります。

具体的な方法

まず、朝は日光をしっかり浴びることが大事です。朝の光を浴びることで脳にある体内時計が反応し、メラトニンの分泌が止まるとされています。そして、夜にしっかり眠るためには日中しっかり体を動かして覚醒している状態にしておくことも大事です。

そして、逆に夜は刺激を遮断して、睡眠に自然と切り替わるようにしなくてはいけませんので、脳の興奮を抑えられるよう、テレビやゲーム機、パソコンやスマートフォンなどは早めに電源を落としておきましょう。

これらの画面から放出されるブルーライトがメラトニンの分泌を抑えてしまうとされていますので、早めに使用をやめたいですし、どうしても使わなくてはいけないときはブルーライトの刺激を抑える眼鏡なども活用すればかなり目に入るブルーライトは抑えられるといわれています。

それから部屋が明るいと体は起きていなくてはいけないと認識してしまいますので夜は証明を抑えるなどの工夫も必要です。部屋をあまり明るい状態にせず、就寝の少し前は間接照明などで薄暗い状態にしておくのも自然な睡眠を得るには役立ってくれます。

それからメラトニンはトリプトファンからセロトニンを経て体内で合成されるものとなっていますので、しっかり分泌させるためにはトリプトファンをしっかり補うことも大事です。

トリプトファンは牛乳などの乳製品、豆乳や豆腐などの大豆製品、さらに肉類、魚類、そしてパスタや米などの穀類、バナナなどの果物など様々な食品に含まれていますので、トリプトファンの豊富な食品は積極的に摂っていきましょう。

メロセットの効果効能

メラトニンを補うサプリメント

メロセット

メラトニンが配合されたサプリメントにメロセットという錠剤があります。人体の睡眠を助けるメラトニンを補うためのサプリメントとなります。この物質の不足が原因の睡眠障害の方には、改善の手伝いをしてくれるものになります。

このメロセットには様々な効果があります。もちろん1番期待する効果は、睡眠補助の効果になります。通常は夜になるとメラトニンと呼ぶ物質の分泌量が増えて、その結果睡眠が促されます。

なんらかの原因によってこの物質の分泌が少ないと睡眠につくことが困難になります。それを体内に錠剤として取り入れることで、睡眠の手伝いをしてくれます。気持ちがリラックスし、睡眠サイクルを整えてくれる効果が期待できます。

メロセットの副作用

その他にも、体内の症状を改善するためのさまざまな効果効能があります。時差ボケの解消や体内の免疫力UP、癌細胞の予防、性欲の増加やED改善などの効果が期待できます。

また、きちんと睡眠をとることができるようになり、脳や体を充分に休ませることができます。その結果として、日中のだるさや頭痛がなくなり効率的に行動ができるようになったり、生活習慣病の予防にも繋がります。

睡眠は人間に欠かせないことなので、健康的な体に近づけるはずです。もちろん、少なからず副作用や注意事項もあるので気をつけて服用しなくてはなりません。妊娠を希望している女性や妊婦の方、授乳中の方、小さな子供は服用しない方が良いでしょう。

使用量を無視したサプリの乱用や不規則な時間での服用など間違った使い方をすることで、自力での睡眠が余計に困難になってしまうこともあります。
使用する際は、使用量と服用する時間に注意しなくてはなりません。

あくまでも快適な睡眠のサポートのためのサプリとしてメロセットを利用するように心がけえましょう。飲まずに健康でいることに越したことはありません。依存せずに最低限の服用で済むようにし、睡眠と上手く付き合うようにしましょう。

メラトニンサプリの副作用

副作用を理解しましょう

日本人の5人に1人が何かしらの睡眠に関しての問題があるとされています。その中の多くの方が睡眠のサポートに医薬品やメラトニンのサプリメントを利用しています。医薬品である睡眠薬は少なからず抵抗がある方もいると思います。副作用であったりデメリットがあるためです。

・薬に対して依存が強くなってしまい薬がないと寝ることができなくなる・精神的に不安定になることがある・日中も頭がうまく働かないなど副作用が数多くあるとされています。

その為、睡眠薬には抵抗があるけどサプリなら問題ないと考える方が多いようです。但し、メラトニンのサプリにも副作用はあります。使用をする際は必ず副作用を知った上で、正しく使用しましょう。

ではメラトニンサプリの主な副作用をご紹介します。・悪夢を見る可能性が高まることです。もちろんストレスや精神状態が関係しますが、眠りが浅い状態であるといえます。

・生殖機能に問題がおこる場合があります。男性の場合はED(勃起不全)であったり、女性だと不妊の原因になる場合もあります。

正しく用いることが重要

また、服用が当たり前になると自身の力だけでは、寝ることが困難になるといった症状が出てしまうこともあります。これは、睡眠薬も同じです。使い続けると体に免疫ができ、効果が徐々に少なくなるとされています。

その為、飲み始めは効果のあった使用量では寝ることができなくなり、服用する量を少しずつ増やさなければならなくなります。誤った使用量を服用したり、服用する時間が不規則になるとさらに体内時計が乱れる原因となります。

その結果、ますますサプリが手放せなくなってしまいます。他にも腹痛や下痢、頭痛などさまざま症状が出てしまうこともあります。きちんと飲む方にあった使用量を守ること、依存せずに済むようにサプリに頼り過ぎないなど、飲む際は注意が必要です。

1番の解決策は、サプリや睡眠薬を必要とせずに問題なく眠りにつくことです。その為には、入眠障害の原因を理解し、原因を排除する努力が必要です。

TOPに戻る