猫のフィラリア予防薬を製造販売する製薬会社ゾエティス(ファイザー)|メリアル|バイエルについて

ゾエティス(ファイザー)について

ゾエティス(ファイザー)について

レボリューションはその名前のとおり、革命的な駆除・予防薬です。
これまではフィラリア予防とノミダニの駆除は別々の薬を使い投与しなければいけませんでしたが、この薬はたった1つで毎月1回投薬するだけでフィラリア予防とノミとダニの駆除ができるのです。

使い方はとても簡単で、犬猫が舐めない首のあたりに薬液を垂らすだけです。
ですので、これまで飲み薬が苦手だった犬猫にも薬をあたえたと気づかれることもありません。また飲み薬の場合は、薬を吐いたりしないか観察しなければいけませんでしたが、そのような心配もなく安心して使うことができるのです。

犬猫用のフィラリア予防薬である『レボリューション』は2013年4月1日に、ファイザー社のアニマルヘルス事業部門から独立したゾエティス社が販売している医薬品です。
「ゾエティス社」という会社名に聞き覚えがなく知らないという方もいると思いますが、「ファイザー製薬」というのは聞き覚えがある方が多いのではないでしょうか。

薬剤師見習いのチャールズと菓子職人だったエアハルトのふたりが1849年に設立した化学会社がファイザー社のはじまりです。
当初は、アメリカではまだ生産されていなかった特殊化学薬品に着目し優れた技術と顧客志向の精神で口当たりの良い駆虫剤『キャンデー状サントニン』を開発してヒット。
それを機にホウ砂やヨードなど10種類以上の化学薬品や医薬品の原末を製造する等し順調に業績を伸ばしていきました。
ペニシリンの発見と生産に成功したあと、アメリカだけでなく海外にも視野をひろげ世界各地に支店を持つなどし成長をとげたのです。

そんな製薬会社は1953年にアメリカから日本へ進出して、2013年8月1日に日本での創業が60周年をむかえた製薬会社です。日本国内で60年以上に渡りアニマルヘルス業界を営んでいるため、ゾエティス社から販売されている医薬品やワクチンは高品質で120ヵ国以上に製品を販売しています。
そのため、ゾエティス社から販売されている医薬品やワクチンは安心してペットに使うことができます。

前述で紹介したレボリューションも、フィラリア症とノミダニに対する有効性は高く、副作用も比較的少ないので世界中で使用されている医薬品です。
スポットオンタイプの薬なので、苦手という犬猫にも簡単に投与することができます。何より、フィラリア予防薬とノミダニ駆除薬を別々に使わなくてもいいというメリットがあります。

ブロードラインの販売会社メリアルについて

フィラリア

ブロードラインはメリアル社が販売しているフィラリア予防薬で、猫に月1回の投薬するだけで、フィラリア症以外にノミマダニの駆除予防ができる医薬品です。スポットタイプなので、飲み薬が苦手な猫にも簡単に投薬することができます。
販売会社のメリアルは数多くの動物の健康のために、ブロードライン以外にもさまざまな製品を提供している研究・開発主導型の動物用医薬品の専門分野における世界のリーダー企業です。
よくわからない方も多いかと思いますが、この会社は「コンパニオンアニマル」「産業動物」「公衆衛生」の三つの分野を柱に展開しています。ペットの健康維持はもちろん、生産性の向上等に役立つ世界最高クラスの製品の提供をとおして、動物に関わる人たちとともに社会貢献をしています。
三つの分野を柱に展開していると聞いてもよくわからないと思うので、わかりやすく説明していきたいと思います。

家族の一員として迎え入れたペットに健康で長生きして欲しいと思っているペットオーナーの人たちの思いを叶えるために、世界どこよりも早くコンパニオンアニマル分野に足を踏み入れ、重要な役割を果たしてきた会社です。
その中でもフロントラインは、その高い効果によりコンパニオンアニマル分野における評価を不動のものにしたのです。その他にもカルドメックはフィラリア症の予防薬として世界トップのシェアを保持し続けています。

産業動物分野では豚や牛、鶏などの生産性の向上のほかに安全で高品質の生産物つくるために獣医師と協力して疾病予防プログラムを作成する取組等にも積極的に行っています。牛や豚用の駆虫薬では世界トップの実績を誇っています。

その他にも公衆衛生分野では、人間の健康被害まで脅かす可能性のある家畜の疾病に対するワクチンを開発して、大規模な家畜の疾病対策においても重要な役目を担っています。
万一の時に備えているワクチンはメリアルの製品で、2010年に宮崎県で約30万頭もの牛や豚が口蹄疫に感染したときにも関係省庁との連携してすばやく対応したことでも知られています。

ブロードラインは上記で説明した会社から販売されているため、日本国内のみならず海外でも多くの飼い主がペットに使っている医薬品ですので、信頼性も高く愛猫の健康のために安全に使い続けることができます。
もちろん医薬品ですから、人間と同じように薬が合わないこともありますので薬を投与したあとに気になる症状があらわれた場合は早急に動物病院へ連れていくようにしてください。

アドボケートの販売会社バイエルについて

アドボケートの販売会社バイエル

犬猫用のフィラリア予防薬であるアドボケートは、バイエル薬品から販売されています。
ペットを飼っていて定期的に動物病院でフィラリア症の予防薬やノミダニ駆除薬を処方してもらっている、または個人輸入代行の通販サイトでペットの医薬品を購入していても、その医薬品がどこの会社から販売されているのか。またその販売会社について気にして調べたことがある方はあまり多くはないかと思います。ですがペットに使う医薬品ですから、有効性や副作用、使い方なども知ったうえで購入し使っているかと思いますが、まだ設立したばかりで歴史のない会社よりは、長い歴史を持っている会社の方が信頼性も高いので安心して医薬品を使うことができます。そのため、どのような会社から販売されているのか気になっている方も少なからずいると思いますので、ここではアドボケートを販売している会社について紹介します。

1863年8月1日に実業家のフリードリヒと染物師だったヨハンの二人でドイツバルメンに染料工場を設立したのがはじまりです。
1884年に化学者のカールがバイエルに入社し、その四年後1988年に医薬品部門が創設されました。1897年にはアスピリンの有効成分アセチルサリチル酸を化学的に安定した形で合成することにはじめて成功し二年後には、アスピリンが商標登録されたことで世界中で多くの人たちに愛用される鎮痛剤になりました。
その後も順調に事業拡大し、2001年には農薬分野で世界のトップとなったのです。

ドイツで創業して以来150年以上の歴史を持つ世界有数のイノベーション企業で、日本国内にも生産・開発拠点を持っています。そんな日本での創業もすでに100年を超える歴史があります。はじめて日本に輸入されてから、2016年で130年を迎えました。創業してこれだけの年数が経っている会社ですから、世界からの評価も高いため世界的に認められているのです。

日本でもペットの犬猫にフィラリア予防薬としてアドボケートが使われています。この医薬品は毎月1回犬猫の首の後ろに薬液を垂らすだけで、フィラリア症の予防以外にノミ・犬回虫・犬鉤虫の駆除に効き目があります。ペットの体重によって薬の種類(用量)が異なりますので、購入する際は必ず体重にあった製品を選ばなければいけませんが使い方はとても簡単です。
前述でも紹介した販売会社のバイエル薬品はドイツで創業150年以上、日本では100年を超える歴史があり世界から高評価を受けている会社なので、安心してペットに医薬品を使うことができます。

TOPに戻る